アロマ効果で認知症予防

 
子供さんから両親へ
お孫さんからおばあちゃん・おじいちゃんへ
 
いつまでも
元気でいてねの贈り物 
 
 
 
 

 

  私たち夫婦も

香りを楽しみながら使わせていただいています

朝は昼用を専用ネックレスに数滴入れて架けています

夜は夜用をテラコッタに数滴落として枕元に置いて寝ます

 

認知症のこと・・・




認知症は、加齢によるもの忘れとは違います。



たとえば、
 Q.「朝ごはんは何を食べましたか?」と聞かれると、


加齢によるもの忘れは
 「なに食べたっけ?」と食べた事は覚えているのですが、

 食べたものを思い出せません。

 

認知症によるもの忘れは、
 
「朝ごはん食べたっけ?」と
 食べた事自体を思い出せません。


 体験したことを丸ごと忘れてしまい、
 忘れたことの自覚もありません。

 

また、物をなくしてしまったときは、

 加齢によるもの忘れは、
 
自分で見つけようと努力しますが、

 
認知症によるもの忘れは、
 誰かが盗ったなどと他人のせいにすることがあります。






どうしてアロマが
   認知症予防になるの?






近年の研究で、
 認知症を発症すると、
 
海馬(=記憶を司る脳神経)に直結した
 
嗅神経(=嗅覚を司る神経)が
 最初にダメージを受ける、とわかってきました。

 

嗅神経のダメージが少しずつ海馬に伝わり、
 

記憶機能を破壊しながら、脳全体の機能を低下させていく、
 

それが認知症を発症するメカニズムだったのです。

 

このメカニズムの発見から、
 嗅神経のダメージを軽減・修復できれば、
 

認知症の予防や改善は不可能ではない、
 と言われています。



 認知症予防アロマの使い方や注意点

━━━━━━━━━━━━━━━

まず、エッセンシャルオイルは
 化学合成された香りではなく、
 
天然のアロマオイルを使いましょう。

 

人間は誰もが、
 昼は「交感神経=体を活発に活動させる」、
 
夜は「副交感神経=ゆったりとした気分にさせる」
 
と呼ばれる2つの自律神経を切り替えながら生きています。

 

生活リズムが整うよう、
 それぞれの神経の働きを高められるのが

 

「昼用アロマ」:ローズマリー+レモンの組み合わせ
 

「夜用アロマ」:ラベンダー+オレンジの組み合わせ

 

と言われています。

 


昼用アロマは、
 午前中に、2時間以上嗅ぐことで脳を活性化します。

 
夜用アロマは、
 就寝1時間前から、2時間以上嗅ぐことで脳をリラックスさせます。


 

このように、
 嗅覚の活性化(オン)と、沈静化(オフ)を繰り返すことで、
 

においを感じる嗅神経とともに
 記憶をつかさどる海馬も活性化すると言われています。




認  知  症  予  防  ア  ロ  マ

お申し込み等、詳しいことは こちらから ↓ (画像クリック)






    >>次へ