2019年07月10日

一緒に遊ぼ!


家族全員が体験した話です。

10年ほど前に一番下の妹が、母からプレゼントを貰いました。

ノートPC型のおもちゃで、キーボードやマウスを使って、平仮名やカタカナなどのお勉強ができる代物。

電源のスイッチを押すと、子供心をくすぐるような可愛らしいメロディーが流れて、決まった台詞を言いながらハローキティが登場。

小さな液晶画面の中でハローキティがいっぱい動き回って、一緒にお勉強を教えてくれる。

当時、幼稚園児だった妹は、嬉しくて毎日そのおもちゃで遊んでいた。

しかし大好きなおもちゃだったはずなのに、小学生になるとめっきり遊ばなくなり、いつしか母がどこかに片付けてしまいました。

そんなおもちゃの存在など忘れていたある年の夏。

お風呂から上がって頭を拭いていると、あのおもちゃのメロディーが聞こえた気がした。

時間はもう夜中の12時を回っている。

妹はもう高学年になり、今さらあのおもちゃで遊ぶはずもない…。

しかし、何度も電源を入れた時のメロディーが、遠くから聞こえてくる。

子供心をくすぐるような可愛らしいメロディーと、決まった台詞を言っている。

「♪〜♪ハロー♪一緒に遊ぼ!」

posted by 都市伝説のまとめ at 18:00 | 怖い
検索
最新記事
(08/20)妹の思い
(08/10)忌み子
(07/30)遺留品
(07/20)イタズラ
(07/10)一緒に遊ぼ!
カテゴリアーカイブ