2015年05月27日

忽然と客の消えるブティック

とあるブティックの試着室に入った女性が、いつまで待っても出てこない。一緒に来た夫や彼氏、友人が店員に尋ねても、「そんな客は来なかった」と返されてしまい、結局行方不明になってしまう、というもの。

行方不明者のその後には、様々なバリエーションがある。

・売春宿、闇奴隷市場:「だるま女」・「中国奥地の達者」につながる場合も。
・臓器売買:闇組織の関与が示唆される。

いずれも「海外旅行中の事件」とされることが多い。

フランスで1969年に発生した「オルレアンの噂」と呼ばれる事件が元になったものか。
漫画『シティーハンター』の第1巻に同様の話がある。


◆オルレアンの噂

1969年、フランスのオルレアン地方で「ブティックに入った女性が次々と行方不明になる」という噂が流れる。疑惑の店舗は6軒で、その全てがユダヤ人が経営している、と続いた。

実際にはそんな事件は発生していなかったのだが、民衆はユダヤ人に敵意を示し、暴動寸前の事態となるが、「この噂は反ユダヤ主義者の陰謀だ」と新聞が報じると事態は鎮静化に向かった。しかし、この報道も事態を鎮める為に作られた対抗神話である可能性が指摘されている。

「人が忽然と消える話」は、日本の神隠しをはじめ、世界中に古来から存在するが、その舞台が「ブティック」に限定されたのは、この事件の影響であると考えられる。
検索
最新記事
(10/10)井戸
(09/30)うちの猫
(09/20)
(09/10)石山トンネル
(08/30)余るプリント
カテゴリアーカイブ