広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

2014年11月16日

「難関大学に合格したら100万円あげます」鹿児島県立大口高校


鹿児島県立大口高校は旧帝大、早稲田、慶応等の難関大学に合格した場合は100万円を支給する制度を設ける。
狙いは優秀な頭脳の流出を防ぐためだ。
市議会は奨励金5000万円の基金を盛り込んだ補正予算を可決した。

難関大学に合格すると賞与金が与えられるとは面白い制度である。
賞金が目当てで勉学を励むことも悪くないことではない。
しかし、本当の目的を見失わないように指導しつつ、制度を実行することが必要である。
賞金を受け取った後に道を見失っては進学した意味がなくなるからである。

それ以外の知名度の高い大学に進学出来た場合は30万円の支給。
土日には予備校の講師を招いて授業をする事も計画している。

様々な制度を取り入れ、生徒の学力向上を目指すが予算がかなり掛かっているはずである。
それだけに優秀な教師を所持している有名校にどれだけ対抗出来るか注目が集まる。
この結果によって日本の学校のあり方がかなり変わってくる可能性もある。
学力向上も大事だが学生が本当の夢を目指せる教育を作って欲しいものである。




posted by ビグルド at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2014年11月15日

インドネシアでM7.1(当初M7.3)の地震発生 太平洋津波警報センター津波注意呼びかける


米地質調査所などによると、インドネシア東部テルナテ島付近で15日午前10時30分(日本時間同11時30分)頃、マグニチュード7・1の地震があった。
震源は同島の北西約156キロ沖で、震源の深さは約35キロである。
ハワイにある太平洋津波警報センターは、インドネシアやフィリピン沿岸に津波への警戒を呼びかている。

地震は地震による被害よりも二次災害による被害の方が大きい事が多い。
特に津波が起こった場合の被害は甚大である。
よく知られているのはスマトラ沖地震であろう。

インドネシアは世界の中でも地震が起きやすい国である。
日本も地震の起きやすい国であるがインドネシアは日本以上に地震の発生頻度が多い。更にM5.5以上の地震が多いために規模も日本よりも大きい。
日本よりも地震国であると言えるだろう。

地震が起こるには二つのタイプがある。
一つ目はプレートの先端が他のプレートの下に入り込み、元に戻ろうとした反動で起こるもの。
二つ目はプレートの圧力により、岩盤の弱いところにヒビが入り、ひずみが限界に達すると起こるものである。

日本やインドネシアは沿岸に接しているために一つ目の地震が多い。
津波によって死亡する者は逃げていたが引き返して巻き込まれたと言うケースが多いために絶対に引き返さずに素早く逃げる事が重要である。




posted by ビグルド at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
リンク集
最新記事
ファン
検索
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
RSS取得

*ご意見・ご感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
検索エンジン Mono Search