広告

posted by fanblog

2018年02月13日

2月13日のコインチェック会見を見た感想

トラです。

2月13日20時にコインチェックが緊急会見実施。
今回は和田社長不在で、大塚さんだけでしたね。

ネットでは、謎の会見、期待はずれ、
など声があがっていたようです。


今日の会見のまとめ、感想について書きます。

【 会見、質疑応答の内容まとめ 】
※順番より内容でまとめています。

1.金融庁の業務改善命令に対して報告書を提出した

2.2月13日に日本円出金再開。
出金依頼のあった日本円約401億円、出金済み。
明日以降も出金対応していく。

3.NEMの補償金の目処は立っている。
補償時期についての目処は言えない。
補償は日本円。

4.仮想通貨の出金、売買の再開時期未定。
セキュリティ企業に安全確認後になる。
時期の目処も言えない。
損切りできなかった補償など未定。

5.金融庁とのやりとりは、現時点では言えない。

6.不正アクセス内容報告について、現時点では言えない。

7.事業は継続。金融庁の登録も引き続き。
事業再開の目処は一応は立っている。
社長辞任などまだ未定。

【 トラの感想 】
期待していたNEM補償の時期、仮想通貨の出金や
売買再開の時期は未定でした。

会見の内容は、あまりない。
でも、会見したこと自体は評価したいですね。


会見中に、言えない。とばかり答えるので、

この2週間何をしていたのか??
と記者から質問がありましたが、
目処はたったけど、まだ言えないんでしょうなw

目処が立たないなら立たないと言うだろう。

最悪な【破綻】の可能性はさらに薄くなった。
と見ました。

前回よりも大塚さんが余裕あるように見えたのは、
場馴れしたのもあるけど、目処がたったから。
と信じたいです。

なんとなく、
補償金、事業再開近いのではないかな?

あと、現時点の状況報告は、コインチェックより
金融庁がしたらわかりやすいのに。。。
と思いました。
言っていいこと悪いこと判断する立場ですからね。

なんにせよ、コインチェックが解決しないと身動きとれない。

貯金を崩してまで投資は危険ですからね。

早く解決してほしいです。

解決した時に向け、ハードウォレットや他の取引所開設の準備をしましょう。

ハードウォレットはAmazonでなく、
正規代理店が安心です。


posted by トラ at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮想通貨
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7313476
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
検索
カテゴリーアーカイブ
最新記事
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。