2017年01月14日

ギリアド・サイエンシズ最強?

皆様新年あけましておめでとうございます(^^)
今年もどうかよろしくお願いします☆

新年1番目のブログですが少し興味深い話を聞いたので紹介します。

先日とある人から聞いた話なのですが、
ギリアド・サイエンシズの「ソバルディ」「ハーボニー」の2剤のピーク通年売上合計は5000億円を超えたそうです。

普通、1剤で年間1000億円いけばとてつもなくすごいのに、
日本に来て上市したばかりの会社が2剤でいきなり5000億円とは凄すぎますね(笑)

ギリアドのMRの大半が年収1000万円超えているのも納得です。

逆にこの話から考えられるのはこれからはこういったスペシャリティファーマでMR数が少なく、
高収益体質の企業に勤めていることが高い給与を得られる条件だと思いました!

2016年12月31日

今年もありがとうございました!


今年も今日で最後ですね!
いつもブログを見に来ていただきありがとうございました☆

私は大みそかになるといつも思う事があります。
「来年はもっと今年よりも結果を出したい」と。

それと同時に翌年末に表彰されることを夢見て就寝するようにしています。
MRとして、営業として結果を出すという事はそれだけの桁違いの熱意が必要だと思います。

皆さんはどんな事を夢見て大みそかを過ごしているでしょうか!?

来年も皆さんにとって素晴らしい1年になることを祈っています。

2016年12月16日

自己啓発してますか?


MRは本当に自己啓発というか自分に何らかの投資をしている人が極端に少ないと思います。
飲み代にたくさん使う人は多いですが。。。


この1年自己投資にいくら使ったでしょうか?


自分への投資をする事に躊躇して目の前のお金を貯めることばかりに集中して満足していないでしょうか??

凄くもったいないと思います。
本当に成功している人たちは目先の数十万、数百万よりもその先の数千万、数億円を稼ぐために動いています。

私もまだまだ偉そうな事を言える身分ではないのですが、
少なくとも数千円、数万円する教材やセミナーの自己投資には手始めにどんどんお金を使ってみましょう!

それはMRとしての実力を上げるためのものでもいいですし、副収入を得るための勉強のためでもいいと思います。

是非このブログに訪れてくれているMRの方たちには今よりもっと成功してほしいと心から願っています☆


位置情報トップMRになるための必須15項目をまとめたノウハウ集が発売になりましたぴかぴか(新しい)
自己啓発に活用ください★
販売用URL⇒トップMRになるために

かわいい現役MRには書籍を無料で差し上げます

手始めに副収入を得たいならこのメルマガはおすすめです

2016年12月07日

これはかなりやばいA 毎年の薬価改定


前回の記事の続きで情報があったので紹介します。

薬価は全品毎年見直し、販売拡大薬は年4回に=諮問会議・民間議員


え。。。exclamation&question

もうほぼ毎年改定は決定ですね。
けどそれだけじゃないです。

販売拡大薬、つまり当初の売り上げ見込みを上回っている薬剤は最高年に4回も改定する案が出ているようです!

これは新薬には相当な痛手ですね〜


製薬会社がPMDAに提出している売り上げ予測は相当低いことご存知ですか?

恐らく最初から強気に出すと薬価交渉の際影響するのかもしれませんが、
例えば最近のブロックバスターのC型肝炎治療薬「ハーボニー」のピーク予想は、1190億円です。

それが2000億円は軽くいってますからね。

つまりピーク予想を上回って相当な利益を享受できるはずだった企業は、
年に4回も薬価改定の危機に扮しており、売れば売るほど利益が出る企業体質ではなくなってしまうという事です。

恐らくオブシーボやそれに続くPDL−1関連の抗がん剤も相当影響受けるはずです。

毎年改定は避けられないのでしょうが、何とか年に4回改定などは避けれること祈っています。。。

いずれにしても自分でどうにかできる力を身につけましょう!

2016年12月05日

これはかなりやばい 毎年の薬価改定


既にご存じの方が多いと思いますが気になったのでこのブログでも紹介したいと思います。


全て毎年改定 政府調整、市場価格下落を反映



これ、本当にやばいと思います。。。


今までもその議論はされたことはありますが、オプジーボやハーボニーをきっかけに製薬業界の高利益体質&薬価に大して急激に圧力がかかり始めています。

恐らくこの流れは止めようがなく私個人の予想では毎年改定になると思います。

そうなるとどうなるのかexclamation&question

あくまで個人的な意見ですが、
毎年の薬価改定は製薬業界に相当大きな負担を強いる事になるはずです。

まず会社の利益が減ります。
新薬創出加算で守られているはずの薬価でさえ売れすぎたら下がるような仕組みになってしまっているわけです。

それが毎年となると巨額再算定も毎年されることになります。
ブロックバスターで伸びている薬剤で利益を増やしている企業は大打撃ですし、そうではなく企業の薬剤も毎年厳しく精査され薬価が下がり続けます。

特にジェネリックが出た薬剤は悲惨で、もうプロモーションする意義すらなくなってくるのではないでしょうか!?

薬価、目標処方人数などを想定して企業は売り上げ予測を立てるわけですが、
毎年その薬価が下がり続けていくわけです。

つまり処方人数を薬価が下がる分増やし続けなくてはいけないのですが、
増えすぎると売れすぎて大きく薬価が下がるわけです。

うーん。。。(*_*)

どう考えても厳しいですね。

薬価は製薬会社にとっての命です。

命を毎年減らされ続けて、今の高収益をあげれる企業がどれくらいあるでしょうか?

となると当然考えられるのが社員への待遇低下です。

特に今後の規制強化に絡んでさらにMR数は減り、特権的な待遇は一部を除いて悪化するはずです。


こういった大きすぎるレベルの話はMR個人個人でどうこうできる話ではないと思います。

変えれるのは今の自分だけです。



自分で稼げる力を身に着けるか、どんな環境下におかれてもMRとして生きていける真の実力を磨いていきましょう。
私も益々努力していかないとと不安になったとともに奮起した記事でしたので皆さんにシェアさせていただきました!

※ちなみに今後はメガファーマではなくスペシャリティファーマで本当に良い薬で1剤の売り上げがそこそこの薬剤を複数持ち、上市し続けられる企業が高利益体質を維持できると私は思います。


私は副業はこのメルマガ購読から始めました


位置情報トップMRになるための必須15項目をまとめたノウハウ集が発売になりましたぴかぴか(新しい)
自己啓発に活用ください★
販売用URL⇒トップMRになるために

かわいい現役MRには書籍を無料で差し上げます

▽スペシャリティファーマに行くための準備運動



ファン
検索
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
トップMRさんの画像
トップMR
ブログ
プロフィール