広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年11月12日

催眠を使った恋愛誘導のコツについて

「催眠」と聞くと、日本ではずいぶんと怪しがられます?
でも実は‘サイミン’って心理学のひと分野で、何十年も前から医療や臨床心理の現場で利用されてきた技術なのです。
アメリカでは出産の痛みを取り除く方法としても使われています。
残念ながら日本では数十年の遅れがあるようです。


ではもし、その力を恋愛に利用したらどうなるでしょうか。


以下は催眠の話をする前の基礎知識として掲載しました。
心理誘導という分野になるでしょう。


1.まずは呼吸を合わせる! 「呼吸ペーシング」

「よく気が合う人のことを『息ピッタリ』と表現したりしますが、相手の呼吸と同じペースで呼吸するだけで『この子とは気が合うな』と思わせることができます」

幼馴染など、昔ながらの友人と話しているときには、双方の呼吸のペースって実は一致しているものなのです。そこから生まれる居心地の良さを意識的に作ろうというのが最初の「呼吸ペーシング」というテクニック。相手が誰かほかの人と話し始めた時、相手の肩や腕などを見て呼吸をつかみ、それに合わせてあなたも呼吸をしてみましょう。


2.感情に同調する! 「カタルシス・ストラテジー」

「相手が嬉しそうに『今日、契約が一件取れたよ!』と言ってきたら、あなたも嬉しそうに『何ていう会社?』などと聞いてあげる。相手が声を荒げて『課長のヤロー、ふざけんな!』などと言って肩で呼吸していたらあなたも同じように声を荒げて「課長に何か言われたの!?」と、肩で呼吸しながら話を聞いてあげましょう」

これは、相手の感情に同調した上で発散をさせてあげる「カタルシス・ストラテジー」というテクニック。相手との気持ちを一つにして、何でも話したくなる女性になりましょう。


3.ホッとする空間を操る! 「アンカーリング」

「ある刺激で関連性のないものが想起される『アンカーリング』という心理現象を応用して、意中の相手の心に好印象を定着させましょう。例えば、職場に好きな相手がいたら休憩に入るころを見計らって、おもむろに相手の腕などに触りながら『お茶入れましょうか?』と、アンカーを打つ。お菓子を持っていき、『ひと息入れてください』と、肩をポンポン軽く叩く。このように、あなたが体に触れた場所と、休憩時間のホッとする空間にアンカーを打つのです」

ホッとする空間・感情を結びつけるアンカーを繰り返し何度も打っていると、やがて相手はなぜかあなたを見るだけで安心するようになり、大切な存在だと思うのだそう。



4.恋愛感情に火をつける! 「イメージボックスの活用」

「だれしもが『親は私のことを知的で真面目だと思っている』といった、相手が本当にそう思っているかは確かではないけれど、「あの人は私をこう思っている」と勝手に思い込んでしまう性質を持っています。人は、相手の心の中に肯定的な自分がいることがわかると、その相手に良い印象を持つようになり、さらに、その自分を育てたくなります」

これを利用して「私の中には肯定的なあなたがいますよ」とアピールをしてみましょう。あなたは相手に好意を持っていると告げたわけではないのに「この子自分に気があるんじゃないか?」と、相手自身の考えとして思わせることで、相手の潜在意識はあなたに集中し、他の女性から意識が薄れていきます。
この勝負、相手の頭の中をあなたが一番陣取った時点であなたの勝ちです。
おわりに

いかがでしたか? どれも相手の潜在意識・無意識に働きかけるものなので、その効果は絶大です。
ぜひ、この恋愛催眠テクニックを活用して、意中の相手をゲットしてください。

(参照:林貞年(2010)『魅惑の催眠恋愛術』現代書林206pp.)
ファン
検索
<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
NIRUTO1さんの画像
NIRUTO1
以前、大手企業のマーケティング部門に従事。 フランチャイズ店舗の出店に伴う競合調査や企画立案等を行っていました。 ​ その後、独立をこころざし個人でマーケティングの勉強をすすめていく中で、人との心の向き合い方がどれ程重要かを学びました。 ​ そんな時に心理学や催眠についても触れることとなり、特に 人の心に強烈な癒しをもたらす「ヒプノセラピー(催眠療法)」にも興味を魅かれました。 ​ はじめはマーケティング以外の勉強をすることに抵抗がありましたが、今では学んだことを本当に良かったと思っています。 ​ 様々な形で皆さんの心を軽くできればと思います。 米国催眠療法協会 ABH 認定 ヒプノセラピスト 日本催眠療法士連盟(JHU) 認定 ヒプノセラピスト ※計50時間の講習及び実技研修を受け上記認定を取得
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。