広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年09月17日

告白の勝敗を決める行動@

告白やデートに誘うタイミングと言うのは
ちょっとした勝負ですよね。

もちろん、それなりの覚悟と勇気をもって!ということになるのでしょうが
「勝ち」が見えない時には待つことも大事です。

「当たって砕けろ!!」は素晴らしいですが、
確率が高いに越したことはありません。

勝てるときに「勝つ」が勝負の鉄則です。



<相手があなたに興味が無い場合、脈が薄い場合に出すサイン>


話している最中で以下の点に心当たりがある場合、まだ勝負に出る時ではないでしょう。

・視線をそらす
・あなたの名前を呼ばない
・両手を組んでいる

などです。食事をする機会があるようならこんなテストができます。

飲み物を飲んだ後、ワザとグラスの位置を相手に少しだけ寄せます。
相手が飲み物を飲んだ後元の位置から手前に引いた場合は要注意!
と言われています。

これは相手パーソナル領域に入れているかどうか?というところになります。
一般的に個人のパーソナル領域は45センチ程度と言われています。

現代はデリケートな方が多いので、必ずしもこの数字は絶対ではありませんが
基準値として意識をしていた方がいいかもしれません。

この領域に入って、相手に拒絶が見られるようであれば勝負に出るのは
控えましょう。まだ相手があなたを警戒している可能性が高いです。


2017年08月14日

心理学的復縁術・大好きな人の心を取り戻す4つのステップ

心理学的復縁術・大好きな人の心を取り戻す4つのステップ


別れたけど、忘れられないあの人がいる
そんな方への商品です。


人間関係と言うのは複雑なものです。
あんなに仲が良かったにも関わらず、ささいなすれ違いから
残念な結果に終わってしまうこともしばしば・・


そして、時間が経つ程にどれだけあの人が大きな存在だった
のかに気づきます。

どうにもならない純粋な想いを、どうにかしなくては
そんな中で生まれた復縁術です。


こじれた人間関係を戻すのは容易なことではありませんが、
可能性が0なわけではありません。

ただし、今のままではその僅かな可能性、僅かなチャンスも見逃して
しまうでしょう。



人の無意識は9割!!
その無意識を制することが人間関係と人生に大きく影響します。


心理学と催眠の視点から、どのようにすれば復縁の可能性が
高まるのかをまとめました。

4つのステップに分け、以下のような内容を盛り込んでいます。

・復縁の準備に必要な事
・復縁したい人のNG行動
・恋愛に必要な自己分析法
・復縁の可能性が高まるタイミング
・友達に戻るための自然な行動
・復縁直前で注意すること


ステップに分けているので、特に難しさは感じないでしょう。
多少、相手の性格に合わせて対応を変えられるように数パターン用意しています。

モニターを募る意味での期間限定無料です。
ある程度の感想が集まりましたら有料に切り替えますので、お早めにどうぞ!!





2017年07月12日

女性版【無料】恋のマニュアルはこちら



女性の方へ向けた無料レポートをお送りしております。
完全無料ですので、お悩みの方は是非お受け取りください。



男性をメールやLINEで落とすテクニック

男性の心を虜にする3つのフレーズ

友達以上恋人未満から本命になるルール

自分に興味のない男性を振り向かせる必殺の一撃

片思い中の異性の心をダイレクトに揺さぶる方法

引き寄せの法則を使った恋愛シュミレーション法

おまけ/心理学基礎編




本当の悩み程相談できる人は意外と限られています。
最大の味方はあなた自身です。


あなたにとって理想の幸せとは何でしょうか?

意外と人は自分の幸せのイメージをじっくりと考えることが少ないものです。
この「自分にとっての幸せ」のイメージがこれから話すことにとってとても大事なポイントになります。


あなたの幸福力を伸ばし、問題解決までのお手伝い。
あなたの恋を応援いたします。





ハート.jpg

posted by tontondoorlove at 23:05| 恋愛と心理学

2017年07月11日

恋でYESを勝ち取る心理テクニック

相手のYesをとる心理テクニックと言うのはいくつかありますね。
これから話すのはごく基本的な考え方ですが、とても実践的です。

3つのステップ

@ 言いたいことを一度「ぐっ」とこらえる
A 相手の興味あること、思考パターンをイメージする
B 相手と自分と共通のメリットを考える


@で大事なのはストレートに自分の感情を言葉にしないということです。
ストレートな告白で相手をときめかせた方も多いかもしれませんが、
それは十分に信頼関係を構築できてからの話です。

相手が警戒している状態でストレートな言葉を投げかけても
意外と大事な部分が相手に伝わっていないことに気づきます。

それはなぜか、一方的な思いだからです。
相手に対する気遣いがそこにはありません。
まさに片思いの出来上がりというわけです。

Aはまさに「気遣い」へと繋がります。
相手の趣味嗜好を考え、相手の欲しているモノについて考えます。
分析と言ってもいいかもしれません。


そして、最後にBへとつながります。
これは自分のゴールへのステップと言えるかもしれません。
しかし、自分のみのゴールであってはいけません。
相手と共にゴールしてこそ人の心は動きます。


上記@〜Bまでを具体的な例に当てはめていくと・・


「相手をデートに誘いたい」と思っても、
食事に行きませんか?では相手の警戒心をやたらと強めてしまうかもしれません。
そのままの気持ちを言葉にしてはいけません。これがステップ@

それよりも、相手は何が好きなのかをイメージします。
「イタリア料理」「遊園地」「映画」「ヨガ教室」「ケーキ」
時にはリサーチが必要かもしれませんね。

同じ職場や学校であれば相手の帰り道に沿って、または家の近くで
相手が興味を持ちそうなものは何かを考えます。ステップAです。

そして、「美味しそうなケーキ屋さんを見つけたんだけど、帰りに少し寄ってみない?」
こうすると相手のケーキを食べたいという欲求を叶えることで、あなたのデートをするという
目的も結果的にOKをもらうという具合になります。

目的は別でも行動は一致しているということですね。

実践ではAがとても重要です。少なくとも相手から好きなものが何なのかを引き出さなくては
ならないのですから、それなりの信頼関係作りは必要ですし、イメージ力も必要ですね。

そこは訓練もあるでしょうし、他の心理テクニックを併用することをおススメします。
※ 他の心理テクニックは今後の記事や過去の掲載をごらんください。


↓ 催眠を応用した恋を叶えるイメージ法






2016年11月15日

心理誘導の基本。ミラーリングについて

かなり有名な手法なのでご存知の方も多いでしょう。
が、念のため。

ミラーリングとは、その名の通り鏡のように相手と同じことをして、親近感を抱かせることができる、という心理誘導のひとつです。
 
ミラーリングは、相手と動きや発言を合わせるということで、「ペーシング」、「チューニング」などとも呼ばれます。
 
厳密にはそれぞれ違いがありますが、真似ることで相手に同調していくという意味では同じでしょう。


「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、心理学的に似ている者同士は仲良くなりやすいのです。
 
 
ミラーリングは、これ見よがしにやるのではなく、さりげなくやるのがポイントです。
また、それほど仲が良くない異性に、あからさまにやってしまうと、気持ち悪がられるので注意が必要です。
 
異性に、「あれ、この人私としぐさが似てるかも?」を思われる程度に軽くやるのがポイントです。
 
ミラーリングは、相手が無意識にあなたに親近感を抱くようになるテクニックです。
 
以下にミラーリングの具体例を挙げておきます。
 
 
・相手が足を組んでいる時に自分もさりげなく足を組んでみる
 
・相手が手を組んでいる時に自分もさりげなく手を組んでみる
 
・食事の時に、相手が食べ始めるとほぼ同時に自分もたべ初める
 
・コップの持ち方を真似る(指の配置など)
 
 
他にも、ミラーリングできるものは無数にあるので、いろいろやってみてください。
 
ミラーリングは、たいていの恋愛に関する本に載っている心理学のテクニックなので、知っている人も多いと思います。
 
しかし、以上のような行動に関するミラーリングは、全く同時にやってしまうと気づかれやすいですし、不自然です。
 
 
そのため、相手の動きと時間差を置いておこなうのが良いでしょう。
また、相手の動きの癖を覚えておいて、相手がその動きをしていない時に真似する、ということでも、ミラーリングの効果が得られます。
 
このミラーリングの方法は、効果的ですので、ぜひ使ってみてください。
時間差ミラーリングは、不自然に思われにくいです。
 
 
ミラーリングと言えばその言葉から行動のみを真似するものと思ってしまいがちですが、言葉のミラーリングも有効です。
 
例えば、
 
・相手の口癖を真似る(良く使う副詞や、形容詞などを真似る、語尾に特徴があれば真似る)
 
・相手が使う特有の言い回しを真似る
 
などです。
 
どれも、頻繁にやっていては不自然に思われる可能性が高いので、さりげなくほどほどにミラーリングしてください。
 
 
仲の良いカップルや、夫婦だと、ミラーリングをしようとしなくても自然と互いの言動が似ていることがあります。
 
この状態を意図的に作り出すのに効果的なのがミラーリングなのです。
ミラーリングは適度に使うことでその効果を発揮します。
 

異性が、「あれ、この人私に何か似てるかも?」と思わせる程度のミラーリングを行いましょう。

2016年11月14日

メンタリズムであるDaigoの著書より

人は一目惚れをしたときに、無意識に相手の目を5秒から7秒間見つめるといいます。通常、人のアイコンタクトの長さは1〜1.5秒ほどだそう。そこで、一目惚れの理論を逆に利用したのが相手の目を5秒以上見つめるというテクニック。それによって、相手に特別な感情を与え、引き起こすことができるのだとか。 

もちろん不快感を与えてはいけません。
意中の人が相手ならばちょっとずつ時間を延ばしていくのがお勧めです。

 また、ここぞという際は自分が「光を背負う」場所に立っていることが重要。人は光の方向を見ていると目が疲れ、神経が疲労するそうです。そのとき「人は受動的になることが証明されている」と著者は綴っています。このテクニックは「視神経疲労法」と呼びます。これはビジネスの場でも有効な手法です。

2016年11月13日

恋愛に使える心理学まとめ〜相手をうまく誘導する方法

恋愛に使える心理学まとめ〜相手をうまく誘導する方法

心理学を恋愛に応用できたら、ちょっと有利かな、と思いませんか?

もちろん、相手の気持ちまでコントロールするなんてことは無理ですが、少しでも印象を良くしたり、相手の気持ちを察することはできるでしょう。

数ある心理誘導の中、今回お話しするのは「ダブルバインド」です。


ダブルバインドとは?


「ダブルバインド」とは、「二重拘束」という意味です。

子育てで例えるなら、

親が子供に「おいで」と(言語的に)言っておきながら、いざ子供が近寄ってくると逆にどんと突き飛ばしてしまう
(非言語的であり、最初の命令とは階層が異なるため、矛盾をそれと気がつきにくい)
呼ばれてそれを無視すると怒られ、近寄っていっても拒絶される。
子は次第にその矛盾から逃げられなくなり疑心暗鬼となり、家庭外に出てもそのような世界であると認識し別の他人に対しても同じように接してしまうようになる。

(引用元:ウィキペディア)

つまり、「矛盾したことを言われたりされたりして、逃げられなくなること」ことを言います。

男女間なら、DVがそうです。

優しくされたり、酷いことをしたりされると、された方はダブルバインドに陥って、そこから抜け出せなくなります。



これは、悪いダブルバインドの例ですが、今回使うのは、

「治療的ダブルバインド」です。



治療的ダブルバインドとは?
治療的ダブルバインドとは、人の心理を結果的にいい方向に動かす方法のことです。

例えば、

「今すぐ出かけますか?」

「自分の好きな時間に出かけますか?」

と問いかけます。

(基本的に二択で示します)

すると、どちらを選んでも、結果的に「出かける」ことになります。

ただ、出かける時間が違うだけです。

また、

「喫茶店でコーヒーを飲みますか?」

「それともクレープを食べに行きますか?」

と問いかけます。

やはりどちらも「出かける」という結果が見えています。

飲食するものを変えただけです。



こんな風にして、一応の選択肢は与えながらも、結局どちらを選んでも、相手を自分の望む方向へ動かすことを、

「治療的ダブルバインド」と言います。



これを恋愛に応用するには、どうしたらいいのでしょうか?



恋愛に応用するには?
治療的ダブルバインドを、恋愛に応用するにはどうすればいいのでしょうか?



片思いの時は、とにかく二人で出かけたりしたいですよね。

とすると、どうやって誘うかです。

先ほどのダブルバインドに当てはめるなら、

「デートする」という結果が欲しいことになります。

その結果を出させるためにはどうしたらいいか。



まずは日時。

相手が空いている日でないと、100%無理なので、前もってリサーチしておくなり、会社や学校が休みの日をピックアップします。

次に、行く場所。

デートに誘うくらいの段階なら日常の会話はできるはずなので、前もって、

「例えば、君が出かけるなら、遊園地と水族館、どっちがいい?」

と聞いてみます。

「例えば」とか、「仮に」とつけると、相手も答えやすくなります。



そして、相手が「どちらかと言えば、水族館に行きたいかな〜」と答えたとします。

そうしたらすかさず、

「じゃあ一緒に行かない?実はチケット持ってるんだけど、一人じゃ行く勇気なくてさ」

何てことを言いましょう。

(チケットを持ってなくても、後で買えば無問題(笑)です)

これは、「食事に誘ったとき、OKが出る確率が上がる方法」も使っています。


すでに、行くことが前提になっているというわけです!



食事でも使えますね。

「もしも食事に行くなら、焼肉とイタリアン、どっちがいい?」

と聞きます。

「もしも行くなら…イタリアンかな?」

と言われたら、

「イタリアンいいね。美味しいイタリアンのお店知ってるんだけど、女性が多くて入りにくいから、一緒に行かない?」

と言ってみるといいかもしれません。



もちろん、すでに相手の好みがわかっているなら、

「今度の日曜日か、(祝日の)月曜日、イタリアン食べに行こう」

と言ってしまうのも手です。

行くことは決定済みで、相手に曜日だけ選ばせるのです。



もちろん、断られる可能性もありますが、その時はあっさり引き下がってしまいましょう。

あんまりしつこくすると、ストーカーと言われかねませんし、相手に引かれてしまいます。



カップルでも応用できます。

例えば、

「この後、どうしよっか。君の家に行く?それとも俺の家に行く?」

と思い切って聞いてみます。

(付き合い始めたばかりのカップルは慎重に)

どちらを選んでも、どちらかの家に行くことは決定です。

すぐに帰りたくない、帰したくない時や、もっと深く相手を知りたい時などに効果的なのではないでしょうか?

相手は知らず知らずのうちに選択肢を狭められているわけです。
ファン
検索
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
NIRUTO1さんの画像
NIRUTO1
以前、大手企業のマーケティング部門に従事。 フランチャイズ店舗の出店に伴う競合調査や企画立案等を行っていました。 ​ その後、独立をこころざし個人でマーケティングの勉強をすすめていく中で、人との心の向き合い方がどれ程重要かを学びました。 ​ そんな時に心理学や催眠についても触れることとなり、特に 人の心に強烈な癒しをもたらす「ヒプノセラピー(催眠療法)」にも興味を魅かれました。 ​ はじめはマーケティング以外の勉強をすることに抵抗がありましたが、今では学んだことを本当に良かったと思っています。 ​ 様々な形で皆さんの心を軽くできればと思います。 米国催眠療法協会 ABH 認定 ヒプノセラピスト 日本催眠療法士連盟(JHU) 認定 ヒプノセラピスト ※計50時間の講習及び実技研修を受け上記認定を取得
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。