広告

posted by fanblog

2017年06月18日

催眠で恋は叶うのか・・・?

催眠で恋は叶うのか・・・?

カップル.jpg


これは多くの方の疑問でしょう。
月並みですがこの答えはYesでもあり、Noでもあります。


催眠は基本的には長期的に人を操る技術ではありません。
その視点から見た場合、威力はとても弱いものでしょう。


しかし、催眠に関わる著名な多くの先生方の中でYesと答える人も少なくありません。
幾つかの「催眠」と「恋愛」をテーマにした著書を読んでみると催眠というよりも
心理学に基づく考え方のものが多いように見受けられます。


例えばミラーリング、ダブルバインド、バックトラッキングと言ったような
心理学的なコミュニケーション術や交渉術における記述が主に載っています。


と、なると催眠とは少し違うのではないか?と思ってしまいます。


ある状況下で、人は恋に陥りやすくなります。
その際に専門的な知識で暗示を打ち込んでいけばあるいは効果が見込めるかもしれませんね。
これは催眠効果と言ってもいいかもしれません。

ただ、この場合でも疑問なのは


催眠療法士である私達ヒプノセラピストがこのテーマ(催眠と恋愛)を考える場合は
まず、自分自身への自己催眠を重視します。


自己催眠と聞くと、「結局自分でがんばるの?」や「努力してもダメだったから」とか
大変な努力をして薄い効果しか期待できないような気がする方もいるかもしれません。


それは早とちりでしょう。
自分のファッションや振舞いを変えるとモテることがあるように、

自己催眠は自分の魅力を大幅に上げるスキルです。
時には相手の理想像に自分を重ねていくことも理論上は可能です。


また恋愛がうまくいかないパターンでよくあるのが、
自分の「理想」と「妥協ポイント」がコントロールできてないパターンです。


自分の理想が分かっていない人は意外と多いのです。
自分の好きな人が目の前に現れているのに気付かないという悲劇です。

あなたにとって「理想の異性」「理想の結婚」「理想の幸せ」とは何でしょう。

催眠療法でイメージ力を鍛え、繰り返し自分の理想をイメージすることで
「この人だ!」と直感的に感じ、行動に移すことができます。
潜在意識を味方につけるとはそういうことなのです。


引き寄せの法則としても有名ですよね。


更に愛される自分というものも強くイメージしていきます。
これは特に素晴らしいことです。

モテる自分をイメージしていくわけですから新たに自分を鍛え直すことに繋がる
わけです。確かにこれは努力も生まれるかもしれませんが、変わっていく自分を楽しむことができます。

魅力的になったあなたは自信を持って思いを伝えられるはずです。


恋も競争です。ぼやぼやしていると取られてしまいますよ。


併せて話をすると「失恋」による深い傷やブロックがかかっている方にも自己催眠は有効です。
心に整理を付けることができます。私も失恋の経験は山ほどありますが、いずれも辛く長引くものです。


催眠療法の真髄は癒しです。
心を癒し、早く次に進まなくては時間がもったいないですよ。


そして最後に「妥協ポイント」です。
いくらあなたの理想イメージを作り上げたとしても、その理想が現実離れしていれば、
もしくは今のあなたのレベルを大きく超えるものであれば、再現化することは困難になるでしょう。

譲れないポイントとあきらめていいポイントは持っていないといけません。
妥協といっても、相手や自分をいい加減に扱うことではありません。

本当に大事なものを大事にすることで幸せを引き寄せるということに他なりません。


催眠療法による自己暗示もコツはいりますが、何年も時間とコストをかけて他人向けの催眠を習得するよりも
はるかに合理的で有効的です。



過去と他人は変えられない
未来と自分は変えられる


この考え方に即した技術が催眠療法です。




⇒もっと詳しく・・はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6383264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
NIRUTO1さんの画像
NIRUTO1
以前、大手企業のマーケティング部門に従事。 フランチャイズ店舗の出店に伴う競合調査や企画立案等を行っていました。 ​ その後、独立をこころざし個人でマーケティングの勉強をすすめていく中で、人との心の向き合い方がどれ程重要かを学びました。 ​ そんな時に心理学や催眠についても触れることとなり、特に 人の心に強烈な癒しをもたらす「ヒプノセラピー(催眠療法)」にも興味を魅かれました。 ​ はじめはマーケティング以外の勉強をすることに抵抗がありましたが、今では学んだことを本当に良かったと思っています。 ​ 様々な形で皆さんの心を軽くできればと思います。 米国催眠療法協会 ABH 認定 ヒプノセラピスト 日本催眠療法士連盟(JHU) 認定 ヒプノセラピスト ※計50時間の講習及び実技研修を受け上記認定を取得
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。