最新記事
カテゴリアーカイブ

2019年02月08日

白湯にはダイエット効果がある!?

白湯にはダイエット効果があります。
しかし、飲むタイミングを間違えてしまうと効果を全く得ることができない。
また、白湯をたくさん飲めばいいという訳でもないのでご注意を!

白湯にはダイエット効果がある!?

白湯のメリット

ゼロカロリー
水なのでもちろんカロリーはありません!


代謝が上がる
内蔵温度が1度上昇すると基礎代謝が10〜12%上昇すると言われています。
また、内臓が温められることで免疫力向上、消化促進、肝臓腎臓向上など
様々な効果が見込めます。


むくみ解消
白湯を飲むと血液やリンパの流れが良くなるため
余分な水分や老廃物が排出されやすくなり、むくみが解消されます。
むくみは脚を太く、さらに顔を大きく見せてしまうのでダイエットの妨げに。
むくみが解消されると全体的にスッキリとした印象になります。


便秘解消
白湯を飲むと内蔵が活性化され余計なものを排出されます。
毎朝の白湯を習慣にしてから便秘が解消された!という女性は多いようです。
便秘が解消され腸内環境が整うと痩せやすい体質になってきます。


白湯の作り方

1、やかんに水を入れて「強火」で沸騰させます。
2、沸騰したら蓋を取り弱火で15分沸騰させ続けます。
3、コップ(マグカップなどでもOK)に入れて50度まで冷ましてから飲みます。

最初から50度で火を止めるのではなく、必ず一度沸騰させてから冷まして下さい。
その方が、不純物が少なくなり、健康効果が高くなるので。


白湯の飲む量

飲む量は1回100〜200mlで1日700〜800mlを目安にして下さい。
例えば、1回150mlなら1日5杯(計750ml)となります。
但し、飲み過ぎには注意!飲み過ぎるとむくみの原因になるので。

白湯を飲む時にはゴクゴクとビールを飲むように飲むのではなく
一口ずつゆっくり飲むようにして下さい。


白湯のおすすめの摂取タイミング

白湯はタイミングによって効果が変わるので適当に飲んでもダメ!
白湯の効果が薄れてしまいます。


1、起床後
睡眠中に失った水分を補うことで血液がサラサラになり体全体が活性化されます。
内臓が温まることで身体もポカポカに。便秘解消を狙いたい人にもおすすめ!


2、食事前
胃腸の消化機能を促すことにより栄養を吸収しやすくなります。
但し、食事中や食後に飲むと胃酸が薄まり消化機能低下や眠気の原因になるのでご注意を!
食事の30分前頃に1杯飲むようにするといいです。


3、就寝前
就寝前に白湯を飲むと体が温まるので睡眠中の代謝向上が期待できます。
また、良質な睡眠をとれば成長ホルモンの分泌が促されるので
何もしなくても痩せやすい体質になってきます。


白湯を飲むタイミングは起床後(=朝食前)、昼食前、夕食前、就寝前と4回あります。
また、小腹が空きやすくなる15時頃に1杯飲むことで腹が落ち着くのでおすすめです。

お水の飲み方を変えるだけで一週間3kg痩せる!?




検索


エレクトーレ


サンプル商品