最新記事
カテゴリアーカイブ

2020年12月06日

腸内環境を整える食品と食べ方

ヨーグルト(乳酸菌飲料を含む)
1日200gを目安に、毎日時間を決めて摂ることが大切。
同じ種類のものを2週間摂り続けると体との相性が分かります。


きのこ
食物繊維が豊富な上、低カロリーなので
たっぷり食べましょう。100℃以下で調理することで
有効成分を引き出すことができます。


納豆
1日60gを目安に摂ります。
乳酸菌が豊富なキムチ、ぬか漬けなどと併せて摂ると
効果がアップします。


キムチ
しっかりと乳酸菌が発行されたものを選ぶようにします。
乳酸菌を余すことなく摂るために、汁ごと食べるのがおすすめ。


ぬか漬け
野菜の表面に乳酸菌が多く付着しているため
ぬかは洗わずに、拭うようにしましょう。


ドライフルーツ
善玉菌のエサとなる水溶性の食物繊維が豊富。
レーズンなら砂糖不使用のものを1日1/2カップを目安に。


サプリメント
体との相性もあるので、同じ種類のものを試し
効果を感じたものを続けるようにしましょう。
1日の摂取目安はしっかり守りましょう。


最後に、納豆は必ずしも腸内環境と整える訳ではないです。
過敏性腸症候群の方が納豆を食べると
腸内環境が悪くなり、便秘になる場合があるのでご注意を!!

お水の飲み方を変えるだけで一週間3kg痩せる!?




検索