にほんブログ村 通販ブログへ
とくとくまる別館
tokutokumaru_annex.png

オススメ iOS アプリ
最新記事
(03/24)3月31日(金) まで、超オススメなビデオ編集ソフト「VEGAS Pro 14」を含んだ「SONY全部パック」が92%割引の19,800円(税込21,384円)!
(03/23)DELL モノクロレーザープリンタ B2360DN が送料無料の4,990円!
(03/23)パイオニア【箱破損】インテグレーテッドアンプ A-70DA が送料無料の139,800円!
(03/23)31日(金)まで Dropbox Plus 3年版が 19,800円(税込21,384円)+3,000円分の割引券!
(03/22)MAXTOR 2.5インチ USB3.0ポータブルHDD 2TB が送料無料の7,980円!
(03/21)アイリスオーヤマ 段ボールカッター DBC-01 が送料無料の3,480円!
(03/21)NTT-Xストア 会員限定800円割引コード 第6弾
(03/20)楽しみながら目をリラックスできる「目がホリデー2」が77%オフの900円(税込972円)!
(03/19)クリスタルガイザー 500ml 合計96本が送料無料の2,799円!
(03/19)動画編集ソフト「PowerDirector 15+トラベル パック4」のセットが 20日まで半額の9,980円!
(03/18)ノートン セキュリティ プレミアム 3年3台版が20日(祝)まで超特価4,980円!
(03/17)48時間限定!印刷物作成の高機能レイアウトソフト「Drawgraphic 2」がワンコインの500円!
(03/16)NETGEAR AirCard LTE対応 SIMフリー モバイルルーターが送料無料の7,780円(クーポンで6,980円)!
(03/15)かんたんイラスト作成ソフト「さし絵スタジオ2」が16日(木)まで限定で89%オフの990円(税込1,069円)!
(03/14)ASUS のCore i7 搭載ノートPCが送料無料の59,800円!
検索
QRコード(当サイトのURL)
スポンサーリンク(ショッピング)


デル株式会社
DELL 法人限定クーポン
NEC Direct(NECダイレクト)

ソニーストア
VAIO

EIZOダイレクト
ひかりTVショッピング







ソフマップ・ドットコム










アスース Shop
ツクモネットショップ
Just MyShop
Caravan YU

vector



ひかりTVショッピング


楽天ブックス

Qoo10
楽天メルマガ登録
JIN's オンラインショップ
クロックス 公式オンラインショップ

スポンサーリンク(旅行)
JAL 航空券予約
JAL 国際線
JTB海外航空券・ホテル
エイチ・アイ・エス





i.JTB(旧トルノス) 
agoda
国内・海外格安航空券のena(イーナ)

スポンサーリンク(その他)

【イラストAC】
【写真AC】
【シルエットAC】
Edyアプリ
お名前.com
ADPRESSO
特価情報ブログ リンク

人気ブログランキングへ
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
toku88さんの画像
toku88
安く旅すること、デジタルモノを安く手に入れること、そして安くても使いこなすことをモットーにブログを書いています。典型的なデフレ対応型なんだなと自覚しつつ、日夜物欲と対峙し断捨離を心がけるも、うまくいかない毎日であります。
mail.png
ファン




サイバーリンク公式オンラインストア

2017年03月20日

楽しみながら目をリラックスできる「目がホリデー2」が77%オフの900円(税込972円)!


ソースネクストeSHOPにて、新発売の楽しみながら目をリラックスできる「目がホリデー2」が3月23日(木)まで77%オフの900円(税込972円)で割引販売されています。最近の高解像度高性能でディスプレイに、昔流行った3Dアート(サンプルは本文一番下の画像リンク)、紙面に印刷された模様を眼のフォーカスをずらすことによって、立体に紙面から浮かび上がって見えるという、立体視用の画像を表示してくれるソフトです。最大3台のパソコンにインストールすることが可能です。

この立体視が眼の筋肉(上のリンク画像参照)をストレッチすることが出来るということで、眼球のリラックス作用、視力回復効果などが期待できるというものです。個人的には、書籍の3D立体視アートを数冊所有していて、かなり昔に楽しんだ記憶があります。この立体視をするという作業が慣れないうちは難しく、初めての方は出来るようになるまでにしばらく時間を要すると思います。

立体視の方法は2種類で「平行法」と「交差法」がありますが、両者の違いは紙面(画面)より遠くに視点を撮るか手前に視点を取るかの違いですが、片方しかマスターしていない方はもう片方の方法もマスターするのがオススメです。眼のピント調節にかかわる筋肉(毛様体)が柔らかい人は、両方法とも案外すぐに出来るのかもしれませんが、普通の方は30分ばかりトレーニングして、出来なかったら次の日また30分という感じで、慣らしていくのがいいかと思います。いったん出来るようになると、まるで子供時代の逆上がりのように、筋肉がコツを覚えてしまいますので、次からは簡単にできるようになります。初めて3Dアートが見えたときは、自分はこんな見方が出きるのかと、爽快感に包まれると思いますよ。個人的には交差法はすぐにできるのですが、平行法はなかなか難しく感じます。平行法のコツは画面と眼の間隔を40センチ程度に保ち、頭は傾けず、画面を見ようとせずに(ピントを合わせようとせずに)、画面を突き抜けた裏に何かがある、見えるという感じで、ピントをその裏あたりに意識します。ピントを合わせようとする意識ではなくて、ぼんやりと眺めて自然にあっていく感じでできれば、3D視が出来るようになります。うまく出来ない場合は、画面の裏にあるもの(例えばモニター裏の壁)をずっと眺めつつ、ピントはそのままで視線を徐々にモニターに移すようにしてみるとうまくいくことがあります。交差法の方は比較的簡単で、画面と眼の間隔を40センチばかりとすれば、画面から15センチばかりのところをぼんやりと眺めていれば、ふと爽快な3Dアートが飛び出てくると思います。
久しぶりに、懐かしくなって、かつて購入した3D立体視アートの書籍を探し出して眺めてみましたが、紙媒体だと色が退化してしまって、飛び出る画像も色あせたものになっていました。この手の3Dアートは紙媒体で所有すると、いったん購入して立体視をマスターした後は、あるいはすべてのページの立体画像を確認した後は、そのまま本棚の飾りになりがちなので、電子媒体、出来れば本ソフトのようなアプリとして所有する方が実用的だと思います。特に、眼の筋肉のトレーニング用、リラックス効果を目的とする場合は、紙媒体より電子媒体の方がオススメです。本ソフトは50種類以上の画像が収録されていて、トレーニング用に3つの表示モードを備えています。「静止」モードは紙媒体のように、アートを普通に表示するだけで、まずはこのモードで眼の筋肉を慣らします。立体視がまだ出来ない方は、このモードで練習をすることになります。次に「拡大・縮小」モードで、画像がゆっくりと拡大縮小して、それにあわせて目の焦点を動かすトレーニング、そして「大きさを段階的に切替」モード、段階的に変化する画像の大きさにあわせて目の焦点を切り替えるトレーニングが可能です。また指定した時間に本ソフトが起動するタイマーも搭載しているので、長時間パソコンを使う人はありがたい機能だと思います。ただ、ゲーム中などでも自動起動するので、ゲームユーザーはゲームの種類にもよりますが、中断が致命的になるゲームの場合は要注意です。
個人的体感でも、普段動かし慣れていない目の筋肉を少なからず刺激するわけで、トレーニング後はある種の筋肉疲労でぐっすり眠れます。単純なソフトですが、だまされたと思ってやってみても、リラックス、肩こり解消などの効果は体感できると思いますので、オススメです。
3Dアートのサンプル


posted by toku88 at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6073596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック