広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

必要な生命保険・医療保険・がん保険・学資保険(こども保険)

どのような保険が人生で必要でしょうか。
不必要な保険に入っていませんか?
医療保険・生命保険・がん保険の内、どの保険が必要なのでしょうか。

人生のライフステージによって必要な保険は変わってくると思います。
必要となる情報を入手するため、保険会社に資料を請求をし、その中から選択する。でも、これからいつ発生するかもしれない事故・病気に対して、必要な保障に入れているのか不安ですよね。必要でない保険には入りたくないのは、誰でも同じと思います。
 これらの悩みに対して、私自身が実施したアプローチ、保険の選び方を紹介させていただいて、皆様のお役に立てていただければ、幸いに思います。


保険を決めるために

来店型保険ショップへ行く
保険情報を収集する

保険の種類

一口に保険といっても用途によって種類は様々あります。
生命保険
医療保険
学資保険(こども保険)
損害補償保険

用語解説

保険についての専門用語を解説しています。
保険会社
保険料
逓減定期保険
満期保険金
先進医療特約
来店型保険店舗
要介護状態

子供の医療保険は必要(乳幼児医療費助成)?

子供のための医療保険が必要かどうか悩むところかと思います。
私にも、子供が二人いるので、悩んでいました。

 乳幼児医療制度により医療費の負担がないため、また、子供が収入を得ているわけでものないので、一般論では必要ないかと思います。私の家でも、子供の医療保険には入っていません。子供が入院したことがありますが、大きな負担もありませんでしたが、ただ、それは、妻が専業主婦であったことが大きいかと思います。妻が、仮に専業主婦でなく、働きに出ていてその収入を家計の拠り所にしていた場合には、話が変わっていたかと思います。また、夫婦のどちらかが、休んで面倒を見なくてはならないことががご想像できるかと思います。有給休暇があるので、それほど、家計として響かないかもしれませんが、子供が病気がちであった場合には、入退院を繰り返して、収入減につながることもあるかもしれません。また、おいそれと、有給休暇をとれるような仕事場はそれほど多くはないと思います。

 子供の面倒を見てくれるような親戚等がいれば、また、話は変わってくると思いますが、なかなか親戚(親)に頼ることが難しい場合には、子供のための医療保険を検討されてもよいかもしれません。

 夫婦で仕事をされている場合には、お子さんの医療を検討されるのは、よいでしょう。入院したお子さんを夫婦交代で見ることができる場合、また、親戚の方に助けてもらえるのであれば、お子さんの医療保険は必要ないかもしれません。

 ちなみに、私の子供が入院したときは、妻は妊娠中で、妻が病院に泊まることができなかったので、夜は私が病院で付き添って、昼は妻が付き添っていて、両親が手伝いに来てくれているような状態でした。子供の入院は大変なので、どのような状態になるか、ある程度想定されておいたほうがいいと思います。

 乳幼児医療費助成ですが、私の住んでいる場所では、子供が中学生になるまでは、医療費は行政が負担してくれることになっています。地域によって、若干制度が異なるので、お住まいの乳幼児医療制度がどのようなものか、一度確認されることをお勧めします。

 子供の医療保険を比較検討されるのであれば、複数の医療保険の見積もりをされることをお勧めいたします。






女性独身保険

 独身女性(独身男性)の保険の必要性について考えたいと思います。

 病気・傷病等で1年7ヶ月ほど、仕事をやすまなければ、ならなかったとします。
ほとんどの方は、有給休暇を消化できている方はいないので、約30日の有給休暇があるので、1ヶ月半、少なくても、1ヶ月は給料はもらえるかと思います。

 有給休暇を消化した後、傷病手当金により、賃金日額の6割がもらえます。
ただし、4日目からの休職が支給対象で、支給期間は最大で1年6ヶ月なので、1年7ヶ月までは会社の福利厚生、公的な制度では保障があると考えていいと思います。もちろん、1年7ヶ月の間で、1ヶ月間の医療費総額が一定額を超えた場合に、手続きをすれば超えた分について、後から戻ってくる制度があるので、ある程度担保できると思います。

 問題になってくるのは、1年7ヶ月を超えるような病気・傷病等にかった場合の保障をどのようにするかということになるかと思います。

 実は、1年7ヶ月を超えるような病気・傷病等を担保するような保険商品は、ほとんどありません
就業不能になったときに、収入保障する保険はありますが、3年間は保障という形で、期間が限られています。60歳までの期間を担保するような保険は、生命保険と損害補償保険に、就業不能保険が1つずつあるぐらいです。あとは、要介護3の状態になったときの保障する生命保険があります。傷病を特定すれば、手厚い保険があります、例えば、がん保険のように。

 ですので、医療保険の場合は、損得勘定で考えて、入られるのがよいかと思います。貯蓄で補えるのであれば、医療保険に入る必要はないかもしれません。ただ、貯蓄で補えない、保険で補えないような場合の保障等は考えられてもよいかもしません。保険対応できないような先進的な治療をしなければならない、通院で治療を長期間しなければならない(例えば、抗がん剤治療で、通院治療するなど)ようなことは、少し、考慮に入れられてもよいかもしれません。
医療保険には、色々な特約あるので、特約で保障するのか、がん保険のようなもので担保するのか、収入保障保険や就業不能保険のような形で担保していくのか、いくつか選択肢はあると思います。





 

年金  (老齢基礎年金、遺族年金、遺族基礎年金、遺族厚生年金、障害保険)

 年金には、3つの機能があります。
保険に加入する際に、重要となる知識ですので、知っておいたほうがよい情報です。1)貯蓄性の保険機能、2)生命保険の機能、3)障害保険の機能です。

1 貯蓄性の保険機能


 年金はそもそもお金を将来のために積み立てていって、引退後(65歳以降、申請によっては、60歳からでも)にお金をもらえる機能、貯蓄性の保険機能があります。これは年金が持つ「老齢基礎年金」という機能です(いわゆる年金の機能です)。
 年金を毎月約14,000円、20歳から60歳まで支払うと(約677万円です)、65歳から年額約79万円支払われるというものです。9年間ももらっていれば十分に元は取れるので、長生きした人は有利です。

 ちなみに生命保険で言うところの貯蓄性の保険(特に年金保険、養老保険)に当たる機能です。

2 生命保険の機能


 遺族基礎年金です。夫の死亡後、下の子供が18歳になるまで、遺族に対して支払われます。子供が1人のときは年額102万円、2人のときは年額約125万円支給されるというものです。
 例えば30歳でお子さんが出来て、35歳で夫が亡くなったときにはその年まで支払っていた年金保険料の5倍ものお金が支払われます。

 生命保険で言う死亡保険金です。

 厚生年金加入中(共済年金加入中)の夫がなくなったのであれば、遺族厚生年金がもらえます(遺族基礎年金よりも、子どものいる妻だけでなく、対象者が広くなります)。

3 障害保険の機能


 第3の機能、障害者基礎年金です。1〜2級の障害状態になったときには基本の年金額79万円+αが支払われます。1級の場合は1.25倍の約99万円、子供がいるときには人数に応じた加算分が支払われます。
 仮に、25歳のころに車の事故とかで下半身不随などの障害を負ったとします(25歳ですから100万円も支払っていません)。ほぼ1級に相当する障害です。平均寿命まで生きたとして、5000万円以上の額が支払われるのです。

 生命保険で言う高度障害の保険金です。


 生命保険を検討する場合には、上記のような年金制度(保険制度)があることを踏まえて、各種保険を検討されるほうがよいと思います。
 また、もし、国民年金に未加入の方がいれば、民間の保険に入る前に、国民年金に入ったほうがよいと思います。年金保険、死亡保障、高度障害保障を備えた、かなり質の高い保険なので、民間の保険に比較して非常にメリットのある保険だと思います。

 ちなみに国民健康保険は医療保険に相当します。
民間の医療保険のレベルの低さからすると、国民健康保険はさすがに内容は優れています。年金未加入者はたくさんいても、国民健康保険未加入者はさすがに少ないように思います。

医療保険に入る前に

 医療保険は必要なのでしょうか、医療保険を検討した時に、突き当たることかと思います。保険に加入するために支払った保険料と病気になったときに家計に入ってくる保険金を比較して、損得勘定で考えなければならないからです。

 支払保険料と病気になって支払われる保険金を比較するにあたって、私は以下のような公的な保障があることを前提にして、決めました。

 1)高額療養費(健康保険の制度)
  一ケ月の入院で、医療費総額が一定額を超えた場合に、手続きをすれば、超えた分について、後から戻ってくる制度。サラリーマンであれば、標準報酬月額(≒月収)が、53万未満であれば、約8万(多くても、9万台)の負担をすればよい制度。つまり、8万以上であれば、申請さえすれば、差額が戻ってくる。たとえば、窓口負担が、30万で、自己負担額が8万であれば、30万−8万=22万が戻ってくるという内容です。
 ※自己負担額は、また、別途、計算式があります。

 2)傷病手当金(健康保険の制度)
  会社員や公務員の方が、病気や怪我で長期休職した場合に、賃金日額の6割がもらえるという制度。ただし、4日目からの休職が支給対象で、支給期間は最大で1年6ヶ月となる。

 3)怪我と病気のために預貯金額
  高額療養制度で、返金があるので、一時的に高額な医療費を負担できるかどうか。

私は、他の保険で担保するのか、医療保険で担保するのかということを考慮するため、以下の点も考慮しました。

 4)怪我でも自動車関連の傷病は、自動車保険で担保している。

 5)短期入院は担保すべきか、長期入院、長期療養を医療保険で担保すべきか。
 公的な介護保険で、補完できていない部分をどのようにするか。

 6)長期療養等で、高額になるような傷病等はどのようなものがあるか。

妻に必要な生命保険

妻の生命保険は必要でしょうか?

 収入源である世帯主(夫)について、生命保険などの保障の必要であることはわかりますが、妻の生命保険が必要かどうかについてはいかがでしょうか。
まったくなくてもよいのでしょうか?
共働きで妻の収入が家計に必要な状態であるのであれば、妻にも生命保険が必要であることは納得できますが、専業主婦であっても必要なのでしょうか?

考えなければならないのは、妻が実施していた家事や育児です。
場合によってはベビーシッターであったり、家政婦を雇わないといけないケースも出ててきます。会社に子どもを連れて行くわけには行かないですよね。家政婦、ベビーシッター、保育所に預けるための費用が必要になる可能性があるので、その点も考慮が必要になるかと思います。

我が家では、妻も生命保険に入っています。
学資保険の契約者になっているため、万が一のことが発生した場合には、保険料の免除され学資保険が必要な時期に保険額が支払われることになっています。「参考:学資保険


保険マンモス

申込実績多数。あなたの状況を分析し、必要な保障を提案してくれます。

保険スクエアbang!

私もここで資料請求をしました。必要な資料を入手するのに有効!

家族が増えたときに必要な生命保険

 子どもが生まれて家族が増えた場合、生命保険の増額を検討しなければなりません。
単純に、生命保険額を増額するために契約の見直すことができますが、一般的には、別契約の生命保険に入る方法をお勧めします。
既にに加入している保険の保険金額を見直した場合、既に払い込みが終わっている期間についても、過去に遡って保険料の支払いを実施する必要が出てくるからです。

 また、単純に生命保険に入るべきかどうかについても検討することが必要です。

子どもが生まれると将来の教育資金として、学資保険に入ることも検討されると思いますが、契約者である親が死亡した場合に、学資保険の払い込み免除されます。
払い込みが免除されて、学費が必要な時期に、保険料が支払われるので、生命保険と考えることもできます
また、逆にに貯蓄型の生命保険は、学資保険として見立ることもできるので、生命保険と学資保険は合わせて検討することが必要です。


保険マンモス

申込実績多数。あなたの状況を分析し、必要な保障を提案してくれます。

保険スクエアbang!

私もここで資料請求をしました。必要な資料を入手するのに有効!

損害補償保険

 損害補償保険を比較する際して、損害補償保険がどのような保険であるのか、必要性そのものを考える必要があるのではと思います。

自動車による人身事故もそうですが、通常の預貯金では担保できないぐらいの賠償等の支払いが発生した場合に対応するための保険が、損害補償保険であると思います。
そういう意味においては、世帯主である夫(私)が死亡、高度障害や要介護状態になった場合に発生する収入損失及び治療費等も、通常の預貯金で担保できない支払なので、損害補償保険の商品が用意されていたりします。

他の保険との違い、メリット


 通常の生命保険と異なるのは、損害補償保険は毎年見直しが必要な保険であるということが大きな違いです。つまり、毎年の保険料が異なっていくため、生命保険に類似するような保険であれば、年齢が高くなればなるほど、死亡する確率も高くなり、保険料が高くなる保険と考えてもらっていてもよいかもしれません。ただし、毎年保険金額を下げるなどの対応すれば、保険料は一定とすることができるでしょう。ある程度、契約者である被保険者が、毎年補償内容の見直しが必要又は見直しがせまれる保険であり、別の言い方をすれば、毎年見直しを行うことのできる保険であると思います。

 生命保険などは、保険期間を前提にした保険料金の体系になっているので、契約の範囲内にておいてのみ見直しができる形になっています。そのため、保険契約そのものを変えようした場合には、今まで払い込んだ保険料に無駄が発生することを前提にしなければならなくなります。

 例えば、保険期間が終身で払い込み期間が60歳であるような保険の場合、
保険料金としては、60歳以降の金額も含まれていることになるので、保険期間が60歳の場合に比べて割高になっています。単純にはその割高になっている分が、無駄になるということになります。これは、あくまでも例としてあげただけですが、短期の保険期間と長期の保険期間では、同じ補償を受けたとしても、短期間の保険の保険料金が安くなるので、長期間の保険を解約した場合には、無駄が発生するということになるかと思います。

 損害補償保険のメリットばかりを取り上げたような形になっていますが、長期間の補償を受けるような保険は、受けたい補償の内容によっては、当然にメリットはあります。長期間の補償を受けるための保険であるので、一種の資産運用のための保険であると考えておいても差し支えないかもしれません。
 損害補償保険は、基本的には掛け捨ての保険であるので、高額の補償を受けるのに適している保険であり、長期間の補償を受けるような保険は一種の資産運用のための保険であると考えたほうがよいかと思います。


保険マンモス

申込実績多数。あなたの状況を分析し、必要な保障を提案してくれます。

保険スクエアbang!

私もここで資料請求をしました。必要な資料を入手するのに有効!

住宅購入後に必要な生命保険(団体信用生命保険)

住宅購入による保険の見直しについて考えます。
住宅購入を予定しています。
当然に自己資金ですべてをまかなえるわけでもなく借入を行う予定です。
ローン総額は3000万(35年)。毎月の返済額が重くのしかかってきそうです。

ただ、住宅ローンを契約する際に団体信用生命保険に入ることになるため、生命保険の検討を再度行うことにしました。

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、契約者が高度な障害・死亡された場合は、保険金が支払われることにより、ローンの債務を弁済することができるものです。

簡単に言えば、残っていたローンはチャラにして住宅も手元に残るということです。
私がローン契約をしてすぐに交通事故かで死んでしまった場合に、残った家族には家は残るけれども借金が残らないということです。

団体信用生命保険はローン返済するとともに保険料がなくなっていきます。
ローン返済額が2500万残っていたら、団体信用生命保険は2500万保障してくれるということです。逓減定期保険ですね。
我が家も、団体信用生命保険とは別に逓減定期保険に入っています。

団体信用生命保険に入ったので、逓減定期保険の保険料の見直しを行い、医療保険に加入する予定にしています。
検討に当たっては、保険会社の商品に左右されない保険店舗が増えているので利用するのも手だと思います。
保険会社毎にサービス内容が異なるので、保険会社の商品に左右されないファイナンシャルプランナーに無料で相談できます。


保険マンモス

申込実績多数。あなたの状況を分析し、必要な保障を提案してくれます。

保険スクエアbang!

私もここで資料請求をしました。必要な資料を入手するのに有効!

学資保険(子ども保険)は必要?

あたらしく家族が増えるタイミング(出産)は、医療保険・生命保険・がん保険を見直すタイミングですよね。
人生の分岐点ですから。
私も、子どもが生まれるタイミングで保険のことを考えました。
現在2人子どもがいますが、たまたま親戚に保険会社の人がいるので、学資保険(子ども保険)は入っておいたほうがよいといわれて、考え出したのがきっかけでした。

学資保険(子ども保険)とは?

そもそも、保険に何があるのかさえわかりませんでした。
まず色々なサイトを閲覧して、内容を把握できました。

学資保険(子ども保険)とは、貯蓄性?元本保証?医療保障?いろいろキーワードがありました。
まず理解できたのが、貯蓄性がある保険で元本保証されるような保険は、オプションの保障が少ないことでした。

そもそも、学資保険(子ども保険)を考えた目的に立ち戻りました。
元々、子どもの将来の学費のための積立をするのが目的でした。
ということで、貯蓄性の高いの保険を選択しました。

私は医療保障について、幼児医療助成があるので保障としてはそこまで必要ないと判断して貯蓄性のある保険を選択して、入院保障のない保険を選択していますが、考え方は色々あると思います。


保険マンモス

申込実績多数。あなたの状況を分析し、必要な保障を提案してくれます。

保険スクエアbang!

私もここで資料請求をしました。必要な資料を入手するのに有効!
    >>次へ