2018年05月22日

TPPについて

TPPの発効に向けて国会での承認手続きを進めているとのことで、
詳しくはないですがようやくTPPが動き出すのかな、
ということでしょうか。

農業界ではTPP対策ということで多くの補助事業が
動いていますが、それも収束していくのか、あるいは
さらに加速していくのか。


農業団体としてはTPP反対の姿勢を貫いていますが、
農家に会って話をしている時にTPPの話題になることは
今までありませんでした。

皆さん気にはなるでしょうが、特別に強い思いもないのだと思います。
なるようにしかならない、俺たちはいい物を作るだけ、という
考えの方も多いでしょう。


TPPが日本の農業へどれくらいの影響を与えるのか、
いろんな組織・立場があって、それぞれの試算があるので
正直なところよくわかりません。

ただ、日本の農産物の市場はほぼ国内ですから、
消費者の支持さえ得られていれば、いきなり輸入品が
大量に入ってくるという事態にはならないと思っています。

国産品を選んでもらえるように、生産者と流通団体が
力を合わせて頑張っていかないといけませんね。
posted by とば吉 at 22:21 | TrackBack(0) | 農業の話題

2018年01月22日

合理的とは思えない国の政策

最近の酪農は乳価が上がり、牛の価格も
上がっているため、順調に経営している方が
多いです。

そんな現場から聞こえてくるのは経営収支の
話ではなく人手不足の話ばかり。

コントラクターやTMRセンター、育成牧場、
酪農ヘルパーといった外部支援組織は着々と
増えつつありますが、そういった組織でも
また人手不足です。

さらには施設を建てる業者も人手不足。
どうしたらいいんでしょうか。


そもそもの原因としてよく聞かれるのは、
東日本大震災で復興に人手がいるにも関わらず
東京オリンピックでさらに人が取られていると
いうことです。

土建業はそうかもしれません。
そのため地域の土建業者の人手が足りず、
牛舎などの施設の工事ができない。

そしてコントラクターやTMRセンターでは
地元の土建業者から人を出してもらっている
ケースが多いですから、やはり人手不足に
つながっています。


酪農の人手不足対策として最近注目を
集めているのが搾乳ロボットです。

しかし搾乳ロボットを使うには新たに牛舎を
建てなくてはいけないケースが多く、
するとやはり土建業者の人手不足で…、
となります。

さらには搾乳ロボットのエンジニアも
不足しているとか。
ハードな現場で離職率も高いなんて話も
聞きますし。


とにかくどこへ行っても人手不足です。

ただ、都会の事務職は人余りのようですね。
かと言って事務職希望の人が土建業や
酪農に行くケースはほぼないでしょうし…。


今、国では畜産クラスター事業で結構な額の
補助事業をやっています。
ですが、人手不足、牛不足の状況において
施設投資への補助という事業は
余り効果的ではないように思います。

機械投資への補助なら良さそうに思いますが…。


それぞれの省庁で政策を立案してしまうからか、
それぞれの利害関係者に配慮してしまうからか、
どうも国家として統一感のある政策がなされているとは
到底思えない状況だと考えています。

とはいえどうしたらいいか、となると
なかなか難しいですね。
真っ先に取り組めて、かつ効果が出そうな
ことと言えば、施設などのハードへの投資よりも、
IoTの活用などソフトへの投資だと
思うのですが…。
posted by とば吉 at 23:14 | TrackBack(0) | 酪農
最新記事
話題いろいろ
検索
プロフィール
とば吉さんの画像
とば吉
はじめまして。とば吉と申します。 現在は北海道で農業関係の仕事をしています。 趣味は旅行、競馬、株などの投資です。 よろしくお願いします。
プロフィール

スポンサーリンク