2017年02月12日

農業の補助事業

農業の世界では、もう本当にたくさんの
補助事業があります。
補助事業というのは、すごく簡単に言うと
国がお金を出しておこなう事業です。

たくさんあるので、生産者に好評の事業も
あれば、使い勝手が悪くてあまり活用されない
事業もあります。

近年話題のクラスター事業は、施設整備や
機械の導入に補助金が出るのですごく好評で、
予算が足りない状況です。

一方で予算があるのに全然使われない事業も
あったりします。
そういった事業は当然ながら世に知られて
いませんので、生産者の大半がその存在を
知らないでしょう。


補助事業をおこなうにはまず予算が必要です。
その予算を国から取ってくるのは農林水産省です。

次に事業を実施する組織が必要です。
国から生産者へお金を届けるのは
簡単なことではありません。

なので、国のお金が生産者に届くまでには
いくつかの段階を踏みます。

ということで、農業の世界では補助事業を
扱う団体もとてもたくさんあるんです。

かなりざっくりと流れを書くと、こんな感じです。



中央段階の組織(たいてい所在地は東京)

都道府県段階の組織

地元組織(農協であるケースが多い)

生産者


この構造、非常にいびつというか、無駄な感じが
というか、そんな思いを以前は持っていました。

ところが実際のところ、それぞれの団体で
得意な分野がありまして、例えば酪農でも
飼料分野が得意、出荷関係が得意、衛生関係が得意、
機械関係が得意、などなど。

飼料分野が得意な団体は飼料メーカーとのつながりが
深く、出荷関係が得意な団体は生乳集荷団体や
乳業メーカーとのつながりが強い。
機械関係が得意な団体は農機具メーカーとのつながりが
ある、などなど。

なので、機械関係で補助金を出そう、と
思ったときに飼料分野が得意な団体に
頼んでも効果的な活用は見込めないので、
機械関係が得意な団体に事業を委託することに
なります。


ということで、補助事業の種類が豊富になれば
なるほど公益社団法人などのいわゆる「団体」が
増えることになります。

それにしても多すぎだとは思いますが…。
とはいえこれでも近年合併などにより
整理してきた経過はあります。


ところで、どうして人気がありすぎる補助事業と
ほとんど使われない補助事業が存在するんだろう
と言う事で、その理由を勝手に想像してみました。

・よく利用される補助事業は、生産者や生産者団体
 からの要望を受けて作ったから実情に合っている。
・あまり使われない補助事業は事業立案者が
 現場の実情をよく知らないで作ったから。
 あるいは事業が採用されるために内容を
 変えたところ実情に合わなくなったから。
・一部の声を反映させて事業を作ったため、
 実はあまり需要がなかった。
・モノを買うときに補助をする、モノを売ったときに
 補助金を上乗せするタイプの補助はわかりやすくて
 よく使われるが、そのような補助ばかりだと
 良くないので違った側面で補助金を出そうと
 したらわかりにくくなってしまった。


最後に。省庁の官僚は当然エリート揃いですが、
現場のことを現場に近い人間より知っている
わけではありません。

よって現場の声を集めて形にしようとしますので、
そうなると声の大きい人の意見ほど採用に近づける
と思います。

特に地元の有力者からの発言であれば、
まったくテーブルに乗せないという
わけにもいかないでしょうから。


そんなわけで、就業者は少なくGDF寄与度も
低い農業において補助事業が多いのは、
生産者の結束が強く代表者の発言力が
大きくなっているから、と言えるかと思います。


それでいいのか、と言われるとなんとも
言えません。
ただ、先進国ではどこも国の保護政策で
農業が守られているのが実態です。

農業にかける国家予算が多くなってしまうのは
ある程度はやむを得ないのかな、というのが
私の考えです。


ただ、事業や団体があまりにも多岐にわたり
存在しすぎる現状は良くないんじゃないかな、
と思ってはいます。
posted by とば吉 at 13:25 | TrackBack(0) | 農業の話題

2017年02月02日

乳牛の輸入

最近、Jミルクが乳牛の輸入に対し補助を出すと
いう報道が出てました。

その記事によると、ニュージーランドでは
乳牛が1頭15万円くらいで買えるので、輸入の
経費を考えても日本で買うより安いのだとか。

確かに日本で高い牛を買うよりは、輸入した
方がいいという考え方もありますね。

今までに牛を輸入したという酪農家さんに
お会いしたことはないんですが、今後増えて
くるんでしょうか。


この記事を読んで、昔お世話になった
酪農家さんの話を思い出しました。

その方は集約放牧を取り入れて、抜群の
経営実績をあげている方でした。
ニュージーランドの飼養方式についても
とても勉強されていました。

その方との会話の中で、
「日本の牛は泌乳量が多くなるように改良されて
いるので、乳が出るようにたくさん食べさせないと
いけない。また体型が放牧に合わない。」
というような話があったように記憶しています。


この話を思い出して、輸入した牛を
日本風に飼うともたないかもしれないな、と
心配になりました。


放牧をやっている人が輸入牛を買えば
合うのかもしれませんが、そういう方は
たいてい自家産の牛で間に合うでしょうから、
よそから買ってくる必要はないでしょうし。

たくさん搾る方針の人の方が牛を買うことが
多いと思いますが、その方針にニュージーランドの牛は
合わないように思います。



ということで、牛の輸入を促進しようという
試みはいいと思うのですが、果たして牛が
日本に馴染むかどうか。
ちょっと気になりました。
posted by とば吉 at 23:39 | TrackBack(0) | 酪農
リンク集
最新記事
話題いろいろ
検索
プロフィール
とば吉さんの画像
とば吉
はじめまして。とば吉と申します。 現在は北海道で農業関係の仕事をしています。 趣味は旅行、競馬、株などの投資です。 よろしくお願いします。
ブログ
プロフィール

スポンサーリンク