広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年10月30日

株主向けの見学会に参加してきました

とある企業の株主対象の施設見学会に初めて参加してきました。

感想を率直に書くと、こんな感じでした。
・対応はとてもよかった。
・お土産ももらえた。
・その会社の商品に関する説明会も併せて行なわれたが、
それに対する参加者の率直な質問がたくさん出て面白かった。
・参加者の年齢層はかなり高かった。また、見学会の常連が
多いようだった。

最近将棋のプロ棋士だった桐谷さんが株主優待で
有名になりまして、私もそんな桐谷さんに少し憧れてますが、
そういったリタイヤ世代の株主の方が優待に積極的なのでしょう。

資金に余裕がある、時間がある、楽しみの一つ、などの
理由もあるでしょうね。


今回は休暇が取得できたので参加してみましたが、
またこのような株主対象の企画に
参加してみたいと思えるものでした。


それにはもっと株が欲しいところですが…。
posted by とば吉 at 12:47 | TrackBack(0) | 資産運用

2016年09月10日

それでも株がいいと思う

GPIFが多額の損失を出していることが問題になっています。

その原因は、GPIFが株の運用割合を大きくしたこと。

確かに株の比率を上げたことが損失につながったのは
間違いないと思いますし、国策として比率を変えたことも
いなめませんが。
(株投資家にしてみるとありがたい話だったですが)

でも、この低金利時代に投資先として最適なのは
やはり株式なのではないかな、と思います。


今、預金はいうまでもなく国債や社債などの債券も
低金利の時代。

株だったら配当として年2〜3%はもらえるわけですから。

もちろん株価値下がりのリスクはありますが、
長い目で見れば上下するものですから、
つぶれることはなく経営が安定している会社の
株であれば、長期で見ればほぼリスクは
ないと思います。


例えばトヨタ自動車は言うまでもなく大企業で、
私が生きている間に倒産することはないと思います。

トヨタ自動車の今日の株価は6,171円でした。
そして配当は、業績次第なのですが
予定では1株で年間150円から200円の間と
されています。

とすると、最低100株は買わないといけませんので、
617,100円で購入して配当が良くて20,000円。
年利3%を超えてきますよね。


ただし、そんなトヨタ自動車にもリスクはあります。
リーマンショックの頃には3,000円を割っていました。

なので、株価値下がりのリスクはどんなにすごい
会社でも起こることです。
でも、値下がりした時に売ってしまわなければ
また戻ることも期待できます。

業績が安定している会社であり高い技術を
持っている会社であれば、リスクはさほど
ないと思います。


ただ、大規模な資金が長期の運用先として株式を選ぶなら
さほどのリスクではないでしょうが、
個人がやる場合はそうも言えないのが実情ですね。
すぐに株を売ってお金に換えなきゃいけない
場面が出てきますから。


でも個人でやる場合は配当だけでなく優待も
ありますので、やはり株の運用が一番いいように
思います。

今の株価から参入するのかどうかは悩みますが…。
安いタイミングではないけど、高すぎる
タイミングでもないかな、と思います。
posted by とば吉 at 10:19 | TrackBack(0) | 資産運用
最新記事
話題いろいろ
検索
プロフィール
とば吉さんの画像
とば吉
はじめまして。 とば吉と申します。 現在は北海道で農業関係の仕事をしています。 趣味は旅行、競馬、株などの投資です。 よろしくお願いします。
プロフィール

スポンサーリンク

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。