2017年01月18日

健康は 「食」にあり!

『究極の健康食。ユーザーの遺伝子を分析して食事を宅配してくれる「Habit」』

「全ての人に通用する健康食は無い」
アメリカでは食品の宅配サービスの競争が激化しています。野菜や肉といった食材を定期的に宅配してくれるサービスもあれば、レシピと一緒に食材と調味料を送ってくれるサービスもあり、それぞれ色んな特徴を謳っています。このほどThe Next Webが取り上げたのは、そんな競争の中で新しく登場した食品宅配サービス「Habit」。全ユーザーに遺伝子テストを行ない、そのデータを元にユーザーにとって最適な食事を宅配するというものです。日本でも食品の定期宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」が、肥満関連遺伝子の検査を行なって個人の肥満傾向に合わせた健康弁当を販売する、というサービスで話題になりました。基本的な考え方はそれと同じ。「全ての人に通用する健康食なんて無い」とプロモーションビデオでも力強く訴えています。そう「この野菜が心臓病に良い」「このダイエットで体重が減った」とひとつの食品やダイエットが流行となって、注目を浴びては消えるのは日本もアメリカも同じです。しかし実際は人間一人ひとり、体質が違うため食品に対する反応も異なっているんですね。

デリバリーサービス Habit
なので究極の健康食は自分の体質にとって何が大事かを知ることから始まるわけです。それを知るには遺伝子よりも最適なデータは無いと。遺伝子テストは自宅で自分でやるDIYキットが送られてくるようですが、内容はかなり本格的なようです。その内容は、遺伝子テストでおなじみの綿棒で頬の裏側をこするというものと、血液採取。血液もHabit特製のシェイクを飲む前と、飲んでから30分後と2時間後に採取します。これによってタンパク質、脂質、炭水化物といった栄養素に身体がどう反応しているかを調べるわけですね。遺伝子テストと組み合わせて60種類のバイオマーカーについて分析するそうです。これに身長・体重といったデータと身体に関する目標について知らせると、Habitがユーザーに最適な食事を提案して配達してくれると。気になる値段は一食10ドルから15ドル(約1,100円から1,700円)とやはりちょっとお高いようです。が、自分の食生活に自信が無い人にとってはすごく魅力的なサービスではないでしょうか。現時点ではサンフランシスコだけのサービスとなっていますが、遅くとも来年初めには全国展開を目指しているそうです。
http://www.gizmodo.jp/2017/01/habit-dna-custom-made-meals.html

<コメント>
まさに「食」こそが健康の基本です。美味しい物ばかり食べていても病気になるときは病気になります。人間一人ひとりの体質に合った食生活を送りたいものです。


『松方弘樹、10万人に1人の病気で「ほとんど言葉も出ない…」』

新年仕事始めの風物詩・マグロの初競りが1月5日、築地市場で行われた。今年はすしざんまいの木村清社長が212kgの青森県大間産クロマグロを、7420万円で競り落とした。マグロといえば、なんといっても松方弘樹(74才)だ。真っ白なクルーザーでマグロ相手に竿を振るうドキュメンタリーは、正月番組の定番だった。2015年5月には、石垣島沖で361kgもの超巨大マグロを釣り上げ、世間は仰天。このマグロは、すしざんまいが約185万円で落札。松方が釣ったマグロの握り約1万2000貫を求めて、都内各店には大行列ができたほどだ。その松方は今、釣り船ではなく、病床で闘っている。著書『松方弘樹の世界を釣った日々』(2016年3月、宝島社)の出版を目前にした昨年2月、頭痛や体のしびれなどを訴えて医師の診断を受けた松方は、そのまま大学病院への入院を余儀なくされた。「入院時には右手右足に軽いしびれがありました。開頭して生体検査を行った結果、脳リンパ腫であることが判明したんです」(病院関係者)
「脳リンパ腫」とは脳の深部にできる悪性のリンパ腫で、発症率は10万人に1人という非常に稀な病気だ。腫瘍の場所によって体の麻痺や失語症、視力・視野の障害や認知能力の低下といったさまざまな症状を引き起こす。また、腫瘍によって脳が圧迫され、激しい頭痛や嘔吐に襲われることもあるという。松方の知人が言う。「腫瘍が脳内にあるため手術で病巣を取り除くことは難しいらしく、松方さんは放射線治療と抗がん剤治療を中心に取り組んでいます。ところが昨年秋頃、ちょうど抗がん剤を投与しているときに脳梗塞を起こしてしまったそうです」
 脳リンパ腫によって脳にストレスがかかったり、抗がん剤を使う“副作用”で脳梗塞を併発する例は少なくないとされる。松方の場合はそれが抗がん剤をまさに投与中だったので、一時的に脳リンパ腫の治療を中止せざるをえなくなったという。
「しばらくして再開しましたが、その後もさらに小さな脳梗塞を2度起こしてしまったようで、腫瘍の治療が思うように進んでいないようです」(前出・知人)
http://www.news-postseven.com/archives/20170112_483527.html

2017年01月17日

人間とセックスするロボット、年内にも市場に?

『人間とセックスするロボット、年内にも市場に?』

【AFP=時事】ロボットとセックスできる時代はすぐそこまで来ている──昨年末に英ロンドン(London)で開催された、人型ロボット(ヒューマノイド)との関係に関する倫理基準について話し合う国際会議で、ある専門家はこう語った。映画『エクス・マキナ』や米ドラマ「ウエストワールド」などを見ても分かるように、「セックスボット(sexbot)」と呼ばれるロボットのセックスパートナーは最近のSF作品では定番の題材だ。だが一部の専門家たちは、セックスボットはもはやSF世界の話ではないと考えている。今年中には、人間のセックスの相手をするようにプログラミングされた、金属とゴムと樹脂製のセックスボットが現実世界に登場するというのだ。「セックスボットの第一号の誕生に伴い、ロボットとのセックスは2017年中には現実になる」と、人工知能(AI)の専門家デービッド・レビー(David Levy)氏はロンドン大学ゴールドスミスカレッジ(Goldsmiths, University of London)で開催された「ロボットとの愛とセックスに関する国際会議」で語った。この会議では、物理的に離れた場所にいるカップルのキスの感覚を共有できる装置「キッセンジャー(Kissenger)」など、最新の大人の玩具もいくつか紹介された。米カリフォルニア(California)州を拠点とする企業アビス・クリエーションズ(Abyss Creations)は今年、人間のように話したり動いたりするリアルさを売りにしたセックスボットを売り出すという。英イングランド(England)北東部サンダーランド大学(University of Sunderland)でコンピューターサイエンスを教えるリン・ホール(Lynne Hall)氏はこの会議で、ロボットとの「性交渉は素晴らしい体験」になり得ると主張した。「ロボットとのセックスには多くのメリットがある。病気に感染する心配がないので安全でもあり、主導権を握ることもできる」同氏は一方で、ロボットとのセックスが人間とのセックスに取って代わられることはないだろうとの考えを示している。

■「あなたならロボットを恋人にする?」
 一方、レビー氏は、論理的な展開として、次はロボットとの結婚も起こり得ると語った。「ロボットとのセックスが普通になるにつれて、ロボットとの結婚は非常に現実味を帯びてくるだろう」として、早くて2050年にはロボットとの結婚を考える人々も出てくるはずだと主張する。未来のロボットは「我慢強くて優しくて愛らしいものになる」とレビー氏は言う。「嫉妬や自慢、傲慢(ごうまん)、無礼な態度とは無縁だ。わざとプログラミングするなら別だが」「こうしたすべての性質を可能にするソフトウエアは数十年以内に開発される可能性が高い」同氏はまた、近年は「ロボットとのセックスや愛を受け入れる人が増えている」と指摘した。しかし、今のところはまだ、多くの人々にとってヒューマノイドとの性的な関係は現実離れしたもののようだ。シティ大学ロンドン(City University London)とマレーシアのイマジニアリング研究所(Imagineering Institute)が共同で行った試験的な調査で、セックスボットに愛情を感じ得るかなど、セックスボットの捉え方に関するアンケートを行ったところ、多くの人が人間がロボットに引き付けられる可能性はあるとの見方を示した。だが、シティ大学ロンドンでキッセンジャーの開発に携わった博士課程の学生、エマ・ヤン・ジャン(Emma Yann Zhang)氏によれば、「あなたならロボットを恋人にしますか?」という質問には大半の人が「ノー」と答えたという。レビー氏が示唆するように人間とロボットとの愛を受け入れたとしても、いざ自分がロボットと付き合うかと言えば、そこまでの変化は当分起きそうにないとホール氏は言う。一方で、AIに大きな期待を寄せる人々は、今年のいつごろ新世代のセックスボットが市場に出るのかと熱い視線を送っている。
http://news.livedoor.com/article/detail/12552397/

<コメント>
かつてビデオデッキの普及がAV(アダルトビデオ)を起爆剤としたように、セックスボットが家庭用ロボットの普及の起爆剤になる可能性は高いでしょう。ロボットとのセックスが普通になる時代が迫っています。




































世界人口の半分36億人分の総資産と同額の富、8人の富豪に集中




『世界人口の半分36億人分の総資産と同額の富、8人の富豪に集中 』

【AFP=時事】貧困撲滅に取り組む国際NGO「オックスファム(Oxfam)」は16日、世界人口のうち所得の低い半分に相当する36億人の資産額と、世界で最も裕福な富豪8人の資産額が同じだとする報告書を発表し、格差が「社会を分断する脅威」となるレベルにまで拡大していると警鐘を鳴らした。この報告書は、スイス・ダボス(Davos)で17日から世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)が開催されるのを前に発表されたもの。それによると、世界人口のうち所得の低い半数の人々の資産額の合計と同額の富が、米誌フォーブス(Forbes)の世界長者番付上位の米国人6人、スペイン人1人、メキシコ人1人の計8人に集中しているという。この8人の中には、米マイクロソフト(Microsoft)の共同創業者ビル・ゲイツ(Bill Gates)氏、交流サイト(SNS)最大手フェイスブック(Facebook)の共同創業者マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏、インターネット通販最大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)創業者のジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏が含まれている。米経済誌フォーブスの2016年版世界長者番付で上位6人にランキングされた(左から)米マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏、スペインのアパレル大手インディテックス創業者アマンシオ・オルテガ氏、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏、メキシコの通信王カルロス・スリム氏、米アマゾン・ドットコム創業者ジェフ・ベゾス氏、フェイスブック共同創業者マーク・ザッカーバーグ氏(撮影日不明)。(c)AFP=時事/AFPBB News コピーライトマーク AFPBB News 提供 米経済誌フォーブスの2016年版世界長者番付で上位6人にランキングされた(左か…
 オックスファムが1年前に発表した報告書では、世界人口の半分と同額の資産が集中していると指摘された富豪の人数は62人だった。オックスファムによると今回は、インドや中国などにおける富の再分配のデータを刷新し、算出し直したという。オックスファムは、世界で所得格差が拡大していることと、既存政治への幻滅が広がっていることには関連性があると指摘している。報告書では、「ブレグジット(Brexit、英国のEU離脱)から米大統領選でのドナルド・トランプ(Donald Trump)氏の当選まで、人種差別の増加と既存政治への幻滅の拡大が憂慮すべき事態となっている。裕福な国々で現状を容認しない人々が増えつつあることを示す兆候がある」と説明。「裕福な個人と企業」に対する課税額を引き上げ、国家間の法人税引き下げ競争を終わらせる国際合意を形成するよう呼び掛けるとともに、企業のロビー活動やビジネス・政治における「縁故主義」を非難している。
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e4%b8%96%e7%95%8c%e4%ba%ba%e5%8f%a3%e3%81%ae%e5%8d%8a%e5%88%8636%e5%84%84%e4%ba%ba%e5%88%86%e3%81%ae%e7%b7%8f%e8%b3%87%e7%94%a3%e3%81%a8%e5%90%8c%e9%a1%8d%e3%81%ae%e5%af%8c%e3%80%818%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%af%8c%e8%b1%aa%e3%81%ab%e9%9b%86%e4%b8%ad/ar-AAlU3Fx#page=2

<コメント>
市場の”見えざる手”が見えていますね。


Akamaruお薦め本
http://astore.amazon.co.jp/maamazon-22

2017年01月14日

8億年前のエイリアン女性のミイラが発見されたとか?(ロシア)




『まじかよ!8億年前のエイリアン女性のミイラが発見されたとか?(ロシア)』

 8億年前と言えば大規模な氷河時代であったとされている時代だ。更には1億年から7千万年前に、地球上に最初の霊長類が現れ多と言われている。

 これはいったいどういうことなのだろう?
 人類がいないとすればこのミイラはエイリアンとしか考えられない。地球外生命体と思われる女性のミイラは、ロシアで発見され、石棺のようなものにはられた液体の中に保存されていたという。液体は分析され、最終的に同じものを再現することができたという。この液体は女性を死からよみがえらせることはできなかったが、若さを保つことはできたようだ。液体の謎を解いた研究者は、その情報を隠匿して自分自身に使ったかもしれない。いわゆる不老長寿の液体である。彼は今もまだどこかで生きていて、折に触れてこの液体を使って若さを保っているのかもしれない。

 動画内にある字幕は以下のとおりだ。
 1969年9月、ロシア、ケメロヴォ地区のルジャフチク・チスラスキアゴの村で、とても奇妙な墓が発見された。炭鉱での石炭の露天掘りの最中に、炭鉱夫のカルナウコフが大理石様の棺を発見した。この棺は、70メートル過ぎた深さのところにあったが、驚くほど正確な機械的構造をしていた。すぐさますべての採掘作業は中止され、棺は地表に引き上げられて、作業員が化石化した目止めのパテを壊してフタを開け始めた。太陽熱の影響もあって、パテが溶けて流れ始めた。棺の中には、ピンクがかったブルーの透明な液体が淵までなみなみと入っていて、その液体の中に、たぐいまれなほど美しい細身の女性が横たわっていたため、まわりは皆驚愕した。どう見ても30代で、大きなブルーの瞳のヨーロッパ系の顔立ちをしていた。女性を覆っていた布は、ダークブラウンだった。膝下丈くらいの白いレースの透けたドレスを着ていて、袖には色鮮やかな花が刺繍されていた。下着類はつけていなかった。彼女は死んでいるのではなく、ただ眠っているように見えたという。頭のあたりには、ちょうど携帯電話のように角が丸い、およそ25センチ×10センチほどの黒く四角い金属の箱が置いてあった。およそ10〜15時間後には、棺のフタは完全に開けられ、村じゅうの人がこの遺体を見に集まってきた。24時間もたたないうちに、この謎めいた発見のニュースは地域の中心部にまで広まった。消防団、軍隊、民兵までがこれを目撃し、その日の午後2時には、赤レンガ色のヘリが到着して、付近は伝染病の恐れがあるとして、野次馬は遠ざけられた。それから、当局が現場を封鎖して、棺に触れた者だけでなく、近くで見ていた者全員を隔離した。

Woman Discovered In Liquid, In A Perfect Marble Casket In Russia Is 800 Million Years Old.
https://www.youtube.com/watch?v=WJlUpOwTiZg
http://karapaia.com/archives/52232137.

<コメント>
真実を把握出来る人達と把握できない人達との差が加速度的に広がっていきます。


Akamaruお薦め本
http://astore.amazon.co.jp/maamazon-22
検索
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ファン
最新記事
プロフィール
Akamaruさんの画像
Akamaru
コーヒーとインターネットが好きな男です。 【知って得するポイントサイトやアンケートサイトなどのご紹介】 http://iwasaakamaru.seesaa.net/article/421318809.html?1475368882
ブログ
プロフィール