2017年02月24日

NASA、地球に似た7惑星発見 水存在の可能性

『NASA、地球に似た7惑星発見 水存在の可能性』

【ワシントン=川合智之】米航空宇宙局(NASA)は地球によく似た太陽系外惑星7つを39光年先の宇宙で発見した。大きさは地球とほぼ同じで、一部には海が存在する可能性がある。生命に不可欠な水が液体の状態で存在すれば、地球外生命への期待が高まりそうだ。ベルギーのリエージュ大学などとの共同研究で、論文は英科学誌ネイチャー(電子版)に23日掲載される。みずがめ座の方角に39光年離れた恒星「トラピスト1」の周りに、大きさが地球の0.76〜1.13倍の惑星7つが見つかった。1つの恒星系で7つも見つかるのは珍しい。このうち6つは地球に似た質量で、岩石でできているとみられる。赤外線をとらえるNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡などで観測した。少なくとも3つの惑星は地表に水が液体のまま存在する可能性があるという。惑星は恒星からの距離が程よく「ハビタブル(生命が住むのに適した)ゾーン」にある。水が蒸発するほど暑すぎたり、凍るほど寒すぎたりすることはない。トラピスト1は太陽より暗くて冷たい恒星だが、惑星はいずれも地球と太陽の距離より数十分の1の近さで周回する。惑星はちょうどよい温度を保てるという。ネイチャー誌は論文の内容を報じたニュース記事で、発見された惑星を「地球の7つの妹」と名付けた。トラピスト1は若い星で、太陽が数十億年後に燃え尽きても10兆年は寿命が残されているため「生命の進化に十分な時間がある」と推測する。NASAは2015年7月、地球から1400光年離れたところに液体の水が存在する可能性がある惑星「ケプラー452b」を発見し「地球のいとこ」と呼んだ。これに比べると今回の惑星は近いが、39光年は光の速さで移動しても39年かかる。将来、惑星を探査したり人間が移住したりするには技術革新が要る。太陽系外惑星 太陽系の外にある恒星の周りを回る惑星。1990年代以降、3000を超える系外惑星が特殊な観測技術によって確認されている。木星よりはるかに大きいガス惑星など様々なタイプがあるが、注目されているのは岩石や金属でできた地球型惑星だ。恒星のエネルギーの大きさと周回距離の関係から、温暖で液体の水が存在して生命を育むことができる惑星は、地球外生命が存在する有力な候補地とみられている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG22H1W_S7A220C1EA1000/



『地球に似た惑星7つ見つかる 太陽系から40光年の宇宙で』

太陽系からおよそ40光年離れた宇宙に、地球と似た大きさの惑星が7つあると、欧米の研究者などで作る国際共同研究チームが発表し、水が存在するのかなど、地球のように生命を育むことができる惑星なのか見極めるための研究が本格化すると期待されています。この研究はベルギーやアメリカ、それにアフリカなどの研究者で作る国際共同研究チームがイギリスの科学雑誌、ネイチャーの電子版に23日、発表したものです。それによりますと、研究チームは太陽系から、およそ40光年離れた宇宙にある「TRAPPIST−1」と呼ばれる星の周りを、地球と似た大きさと質量を持った惑星が、少なくとも7つ回っていることを突き止めました。7つの惑星は、その質量や、「TRAPPIST−1」との距離などから、表面にもし水があれば、凍ることなく液体のままで存在できる可能性があるほか、うち6つは地球のように岩石などでできた固い表面を持っている可能性があるということです。太陽系から近い宇宙で、大きさなど地球と似た特徴を持つ惑星はこれまでも見つかっていますが、研究チームは、およそ40光年という比較的近い距離で、1つの星の周りに7つも確認されるのは初めてだとしています。研究チームは今回、スピッツァ―宇宙望遠鏡など世界の10の望遠鏡を使って観測を行いましたが、アメリカが今後、打ち上げる最新鋭の宇宙望遠鏡なども併せて使えば、大気や水があるのかを詳しく調べられるとしていて、地球のように生命を育むことができる惑星なのか、見極めるための研究が本格化すると期待されています。

第2の地球 見つかるのは時間の問題
地球と似た大きさの惑星が7つ見つかったことについて、アメリカのNASA=航空宇宙局は記者会見し、「生命を育むことができる第2の地球が見つかるのは、もはや時間の問題だ」と述べ、今回の発見の意義を強調しました。それによりますと、今回発見された7つの惑星のうち3つは「TRAPPIST−1」から受ける光の量が、地球が太陽から受けている光の量に近く、水が存在した場合、干上がらず凍ったままになることもない温度と見られるということです。観測を行ったベルギーのリエージュ大学の研究者は「とりわけ3つの惑星は、気温が適度で水が液体で存在できるなどの条件が整った“ハビタブル・ゾーン”と呼ばれる位置にあり、水が存在し、生命が存在する可能性もある」と述べました。一方、NASAの責任者は「生命を育むことができる第2の地球が見つかるかどうかは、もはや問題ではなく、見つかるのは時間の問題だ」と述べ、今回の発見の意義を強調しました。NASAは、来年にも打ち上げる予定の宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」などを使って、惑星の大気の状態などを確かめたいとしています。

専門家「相当大きな発見」
今回の研究成果について、惑星の研究や地球外生命の探査に詳しい国立天文台の渡部潤一副台長は「太陽のような1つの星の周りで、7つも地球のような惑星が見つかったというのは、われわれも想定していなかった、相当大きな発見だ。1つの惑星系の中に太陽系よりも多くの地球に似た惑星があるという、とても興味深いケースを明らかにした。今回の発見によって、実は宇宙空間には、地球のような惑星が非常に数多く存在しているのではないかという期待感が高まった」と話しています。そのうえで、「今回の発見は地球のような惑星を探査する上で、ターニングポイントとも言え、今後、こうした惑星に生命が存在するのかどうか、研究を深めていく中で、世界最大級のすばる望遠鏡を持つ日本も、大きな貢献ができると思う」と話しています。

惑星に大気があるかなど焦点
今回見つかった地球に似た惑星が、本当に生命が暮らすことが可能な条件が整っているかどうかを詳しく調べるためには、その惑星に大気があるのかどうか、その大気の中に酸素などが含まれているかどうか、観測することが次の焦点になります。この惑星の大気に関する観測で、大きな力を発揮すると期待されているのが、早ければ来年にもNASAが打ち上げる予定の新たな宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」です。ジェームズ・ウェッブは惑星から届く光を極めて細かく分析する能力があり、大気が存在しているかどうか調べられるほか、大気に水蒸気やメタンといった、生命の存在につながる可能性がある成分が含まれているかどうか調べられると期待されています。また、惑星の大気に関して、今後、より詳しい観測が可能になるとされているのが、日本とアメリカなどが建設構想を掲げている直径30メートルの巨大望遠鏡「TMT」です。この巨大望遠鏡で惑星を観測すれば、惑星に大気がある場合、その中に酸素が含まれているかどうかまで解明できると考えられています。一方、太陽系以外で見つかる惑星の数も今後、飛躍的に増加すると期待されています。早ければ、来年3月にNASAや、アメリカのマサチューセッツ工科大学などが打ち上げる新たな宇宙望遠鏡「TESS」は、これまでの宇宙望遠鏡「ケプラー」と比べて調べられる宇宙空間の範囲が200倍に広がり、2年間で、宇宙空間のすべての方向を調べられるとされています。TESSによる観測で今後、太陽系以外で見つかる惑星の数は飛躍的に増えるほか、地球からの距離が近く、詳しい観測が可能な惑星が、いくつも発見できると期待されています。

惑星の観測 ここ20年で急速に
私たちが暮らす太陽系では、太陽の周りを回る惑星として、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の併せて8つが確認されています。しかし、太陽系以外では、みずから光を発しない惑星の観測は難しく、1990年代までは、太陽系以外で確認された惑星は全くありませんでした。太陽系以外にも惑星があることが初めて明らかになったのは1995年で、フランスの天文台の望遠鏡によって発見されました。その後、今世紀に入って探査が急速に加速します。きっかけとなったのは、2009年にNASAが打ち上げた宇宙望遠鏡、ケプラーで、宇宙空間の広い範囲を高い感度で観測できるようになったことで、太陽系以外での惑星の発見が大量に相次ぐようになります。国立天文台によりますと、こうした観測によって、最初の発見からこれまで20年余りの間に、太陽系以外で見つかった惑星の数は、3400余りに上っています。太陽系以外の惑星探査で、大きなポイントとなっているのが生命が住むことが可能な条件がそろった惑星が存在するかどうかです。世界の天文学者の間では、太陽のような、みずから光と熱を発する星との距離が適度で、水が存在したときに干上がらず、凍ったままになることもないという環境が整った場所のことを、「生命居住可能領域=ハビタブル・ゾーン」と呼んで、そうしたハビタブル・ゾーンの中にある惑星がないか、探査を進めています。こうした「第2の地球探し」で、ハビタブル・ゾーンの中にある、地球に似ているとされる惑星が、これまでにいくつか見つかっています。2014年には宇宙望遠鏡、ケプラーによって、地球からおよそ500光年の場所で、直径が地球の1.1倍と、ほぼ地球と同じ大きさの惑星「ケプラー186f」が発見されました。また、2015年には宇宙望遠鏡ケプラーによって、地球から、およそ1400光年の場所で、太陽のような中心の星との距離が地球とよく似た惑星、「ケプラー452b」が発見されました。さらに去年、イギリスなどの研究グループが南米・チリにある望遠鏡によって、地球から4光年の太陽系に最も近い恒星の周りで、質量が地球の1.3倍と地球に近く、水が存在するならば、液体のまま存在できる温度だと見られる惑星、「プロキシマ・ケンタウリb」を発見したと発表しました。こうした中、今回、太陽のような1つの星の周りで、ハビタブル・ゾーンに含まれる惑星が、一気に7つも見つかったことで、専門家は地球に似た惑星が実は数多く存在している可能性をうかがわせるものだとして、非常に大きな成果だと評価しています。

日本の望遠鏡にも期待
今後、焦点となる、惑星のより詳しい観測では、日本の望遠鏡も重要な役割を果たすことが期待されています。ハワイにある日本のすばる望遠鏡や、岡山県にある国立天文台の望遠鏡では、今後、宇宙望遠鏡「TESS」によって発見される大量の惑星を観測し、例えば大気に水蒸気が含まれている可能性があるなど、地球に似た特徴がある惑星を効率よく選び出すことが計画されています。第2の地球探しに挑んでいる東京大学の成田憲保助教は「地球に似た惑星の候補が次々に大量に見つかる時代を、これから迎えることになる。日本としても世界各地や宇宙にある望遠鏡と連携して観測を進めることで、生命を育めるような第2の地球の発見につなげたい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170223/k10010886861000.html

<コメント>
地球外生命体が発見される可能性。

今後15年以内に、バイオテロにより3,000万人が犠牲になる。ビル・ゲイツが未来予測

『今後15年以内に、バイオテロにより3,000万人が犠牲になる。ビル・ゲイツが未来予測』

ドナルド・トランプ大統領は核の発射コードを知っているかもしれないが、この世にはもっと恐ろしいものがある。ビル・ゲイツ氏によると、バイオテロが起きればそれ以上の犠牲者が出るそうだ。
 ミュンヘン・セキュリティ・カンファレンスで同氏は、「保健安全保障と国際安全保障」に世界はもっと注意を払うべきだと警告した。ゲイツ氏が懸念するのは、テロリストの手で感染力や毒性が上げられたウイルスが世界で大流行してしまう可能性だ。

 ゲイツ氏はこう語る。
自然のきまぐれであろうと、テロリストによる人為的なものであろうと、もし発生すれば、すばやく空気中を拡散する病原菌なら1年足らずで3,000万人の命を奪うと専門家は話しています。また彼らは、今後10〜15年でそうしたアウトブレイクが起きる確率は相当高いとも話しています。21世紀において、感染症の大流行は稀ではあったが、決してないわけではなかった。2009年にはH1N1亜型インフルエンザが世界的に大流行し、2010年になってようやくWTOが終結を宣言した。しかしゲイツ氏は安心している場合ではないと主張する。自然、人為的の別を問わず、診断の計画制度や迅速なワクチン開発が感染の拡大を防ぐ鍵になる。
 「そうした規模の大災害を想像することは難しいですが、そう遠くない昔に起きています。1918年、非常に伝染力と毒性が強いインフルエンザが流行し、5,000万〜1億人が犠牲になりました」
 「エボラのような病原菌が都市部に入り込んでしまった場合に発生する社会的・経済的混乱について、きちんと考慮しておくべきでしょう」
 バイオテロリズムと世界的大流行の問題は、このところゲイツ氏の懸念事項となっている。彼は1月にダボスで開かれた世界経済フォーラムでも、防止対策に取り組むよう政府を促している。2015年、西アフリカで発生したエボラの大流行の最中、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、世界が感染力の強い病気と闘う準備ができていないと訴えかけた。
「実のところ、1,000万人以上の犠牲者が出るような事態の中でも、群を抜いて現実になる可能性が高いのが、自然あるいは人為的な感染症の大流行です」
無論、ゲイツ氏は、彼の心配を杞憂で終わらせるためにその富を投じている。ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、マラリアなどの感染症研究に資金を提供し、感染症流行対策イノベーション連合(Coalition for Epidemic Preparedness Innovations/CEPI)にも投資した。CEPIは、エボラやSARSといった感染症に対して、素早くかつ安価にワクチンを開発することを目的に掲げる組織である。
http://karapaia.com/archives/52234515.html

<コメント>
実は、その「ワクチン」が。

2017年02月23日

皮肉屋はボケやすい 脳の活性化促す「笑い」でリスク回避

『皮肉屋はボケやすい 脳の活性化促す「笑い」でリスク回避』

タレントの有吉弘行しかり、マツコ・デラックス、坂上忍と、テレビは相変わらず毒舌キャラが席巻している。シニカルなトークが人気になっているが、実は、その行為が脳にダメージを与えているという。要するに、同僚や部下を皮肉ってばかりいるアナタは、認知症のリスクが高まるらしい。医師で医療ジャーナリストの森田豊氏がこう言う。「“皮肉思考”は、認知症の発症に関わることが明らかになっています。毒舌やブラックジョークのように、誰かを陥れようとする笑い(悪口)は脳の活性化にはつながらず、脳の一部だけを酷使した状態になる。結果、脳の働きを低下させて認知症につながる、と考えられます」その根拠になっているのが、2014年のイースト・フィンランド大の研究で、同大の研究チームは「皮肉屋は認知症になりやすい」ことを発見している。平均71歳の高齢者男女1449人を対象に、考え方が皮肉っぽい人と認知症の発症率を調べた。8・4年間の追跡調査の結果、考え方が皮肉っぽい人は、そうでない人に比べて認知症が3倍も発症しやすいことが分かったという。「逆に笑うことは認知症を含め、健康な体づくりに有効です。ナチュラルキラー細胞という免疫細胞を活性化させ、心身を健康に導くことが分かっています」(森田豊氏)
 笑いが認知症予防につながることは、各方面で指摘されている。米国の医学界では「笑い療法学会」を発足。笑いには右脳を活性化し、左脳のストレスを緩和する働きがあるとしている。福島県立医科大の大平哲也主任教授による認知症予防を目的とした笑いの効果に関する論文によると、「ほとんど笑う機会がない人は、ほぼ毎日笑う人に比べて、認知機能低下症状を持つリスクが2倍以上高い」という。とはいえ、理不尽な上司や生意気な部下の相手をしていれば、皮肉だって言いたくなる。そのせいでボケたら、サラリーマンも救われない。「同じ不満を吐き出すにしても、みんなが不快な思いをせず、笑える例え話に変換しようとする行為は、脳全体を活性化します。毒舌ではなく、笑えるツッコミに置き換えるようにする。それを習慣づけることで、リスクを回避できますよ」(森田豊氏)
同僚と会社の愚痴大会を開くときは、有吉というより、明石家さんまになったつもりで。きょうから試してみるか。
http://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/life/nikkangendai-375970.html

<コメント>
笑う門には福来る。
ストレス解消にお笑いを。

2017年02月22日

ついに甦るか!?2年以内にマンモスをよみがえらせるプロジェクトが発表(ハーバード大)

『ついに甦るか!?2年以内にマンモスをよみがえらせるプロジェクトが発表(ハーバード大)』

さて前回、アメリカ、ハーバード大学の研究チームが、北極に保存されていたマンモスのDNA構造を調査し、14個の遺伝子を完全コピーすることに成功したというニュースをお伝えしたかと思うが、ついにいよいよマンモスを復元させる段階にまで来たようだ。つい先日、数千年前に絶滅したケナガマンモスを2年以内に蘇らせるというプロジェクトが発表された。

マンモスのDNAをアジアゾウへ
 マンモスの復活は、永久凍土から回収された遺体より抽出したDNAがもとになる。ここには長い体毛、分厚い脂肪層、氷点下でも流れる血液など、マンモスの特徴の情報が含まれている。ハーバード大学の研究チームは、CRISPR-Cas9というゲノム編集ツールを用いて、マンモスのDNAを現生動物の中で最も近いアジアゾウの皮膚細胞にコピー&ペーストする。こうしてプログラムが書き換えられた核を、遺伝物質を除去したゾウの卵細胞に移植。この卵細胞に人工的な刺激を与えて、胚への発達を促す。

2013年にシベリアの永久凍土で発見された39,000年前のメスのケナガマンモス

 2015年にプロジェクトが開始されて以来、チームは、マンモスのDNAをゾウのゲノムにつなぎ合わせる編集か所を15から45にまで増やした。チームリーダーのジョージ・チャーチ(George Church)教授は、「こうした編集の影響を評価する方法に取り組んでいます。基本的に実験室で胚形成を行おうとしているわけです」と説明する。すでに小さい耳、皮下脂肪、体毛、血液などに関連する編集か所については判明しているという。

アジアゾウとマンモスのハイブリッド
 チャーチ教授によると、チームの目的はゾウとマンモスのハイブリッド胚を作成することだという。とは言っても、実際にはマンモスの特徴をいくつも備えたゾウのような動物になるそうだ。ケナガマンモスは最後の氷河期の間、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、北アメリカに生息し、4,500年前に姿を消した。原因は気候変動と人間による狩猟だと考えられている。化石ではなく、凍ったまま保存された死体が発見されることから、科学的に最もよく知られている先史時代の動物の1種である。

リューバと名付けられた世界で最も保存状態が優れるマンモス
 弧を描く牙は5メートルに達し、1メートルもの体毛を垂らしていた。小さな耳と短い尻尾は体温を逃がさないためのものだ。鼻の先端には”2本の指”があり、草や小枝をつかむことができた。マンモスの名称は、ロシア語でモグラを意味するmammutにちなむ。死体が半分埋もれた状態で発見されることから、昔は地面の中で生息し、地表に出て光を浴びて死んだと考えられていたのだ。また骨が絶滅した巨人のものと考えられていたこともあった。

ケナガマンモスと現存するゾウは近縁
 ケナガマンモスと現存するゾウは近縁にあり、遺伝子の99.4パーセントが同じだ。彼らは600万年前に枝分かれした。人間とチンパンジーもちょうどこの頃分岐しており、初期人類はマンモスを食べ、骨や牙を道具として利用していた。アメリカ科学振興協会でチャーチ教授は、マンモスプロジェクトには最終的に2つの目標があると語っている。1つは、絶滅危惧種であるアジアゾウに代替的な未来を提示すること、もう1つは、地球温暖化の防止に貢献することだ。ケナガマンモスはツンドラの永久凍土が融解し、膨大な温室効果ガスが大気中に放出されることを防止する上で大きな役割を果たすかもしれないのだ。雪に穴を開け、冷たい空気を取り込ませることで、ツンドラを溶けにくくするからだ。雪と氷は断熱材として機能するため、穴を開けることで地面の下を冷やすことになる。また夏期には、木々を倒して、草の成長を助ける。一部の研究も、こうしたマンモスの行動がシベリアの気温に大きな影響を与えていた可能性を裏付けている。

 今後、人工子宮も作成される予定であり、首尾よく行けば、このプロセスは完全に生体外で行われる。絶滅が危惧される種のメスをリスクある実験に使うことは望ましくない、とチャーチ教授は話す。なお、こうした技術自体は1980年代から提唱されていた。しかし実現が夢でなくなったのは、2012年にCRISPR-Cas9というゲノム編集技術が登場してからだ。一方、遺伝子の編集とその倫理的な意味合いについては、現在学会において重要なテーマである。例えば、専門家の中には、遺伝子の編集を”神を演じる”かのようにみなす人について懸念する声がある。だがチャーチ教授は10年以内に時代を遡ることすら可能になると予想している。あるいは恐竜すらも復元できちゃうわけなのか?
http://karapaia.com/archives/52234409.html

<コメント>
ゲノム技術の発達により、人工カンブリア大爆発に発展して行くのでしょう。
検索
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
ファン
最新記事
プロフィール
Akamaruさんの画像
Akamaru
コーヒーとインターネットが好きな男です。 【知って得するポイントサイトやアンケートサイトなどのご紹介】 http://iwasaakamaru.seesaa.net/article/421318809.html?1475368882
プロフィール