広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

予防接種

日本ってこんなに暑かったっけ?と思うくらい暑い。
これだったらカンボジアの方が木が多くて風が吹く分、涼しい気がする。
あー、暑い。。。

帰国して、近所の小児科で気になっていた予防接種について相談にのってもらった。
まずは日本だと6ヶ月以内に接種することが望ましいとされているBCG。
カンボジアでは1歳になってから接種というスケジュールだったため、接種できずに帰国していた。
なので7ヶ月ではあったけど、無事BCGを終えました。
そして、肺炎球菌1回目も無事に終了。
案の定、高熱が3日続いたけど、ベイビー本人はいつもと変わらず元気な様子。
ハイハイしたり、つかまり立ちをしたりして遊んでる。

予防接種は日本とカンボジアで時期が異なるので不安はあったけど、
産まれてすぐカンボジアで5種混合を3回終わらせているので、かえって楽だったりする。
あんまり不安になることもなかったんだなと・・・。ホッとしている。
ただいまー!
4月3日、無事に日本に帰ってきました。
帰国前にクアラルンプールに寄ったり、日本に帰って来てからは
家探し、家具調達、実家からの荷物のピックアップ、
主人の外国人登録、保険証の手続き等・・・。
毎日盛りだくさんのスケジュールで、1カ月たった今やっと、
久々にブログを書く余裕ができてきました。

ベイビーにとっては、寒さを経験するのは初めてで、
最初数日間は、毎日顔が真っ赤で大丈夫かなぁと心配になったこともあったけど、
だんだん暖かくなってきたのと、慣れてきたのとでだいぶ落ち着きました。
今で7ヶ月。
お座りも一人でしっかりできるようになり、
歩行器で動き回るようにもなった。
カンボジア出発の時はまだお座りも危ない感じだったのに、
ここ一ヶ月で急にお姉さんになった気がする。

カンボジアを出発した日の事や、今日までの約一ヶ月の出来事は
徐々にブログに書いていきたいと思います。
一先ず、日本での生活がスタートしました。

停電に備える

NHKで地震のニュースを見てビックリしてます。
知人から停電に備える情報がありましたので以下に記載させていただきます。

●携帯の電池式の充電機を買っておく
●充電を減らさない様に家にいる時は常に充電を接続して満タンにしておく
●連絡は携帯メールでする!(電話は繋がらないけど、メールは比較的つながる)
●停電なったら必要以上に携帯触らず充電減らさない様にする
●お風呂とかお湯とか出せなくなるから魔法瓶とかポットにためておく!
●ガスは使えると思いますが、オール電家のお家は考えないとかもしれない!
●事前に時間わかるならごはんは炊いておく
●保存食買っておく
●懐中電灯買っておく(キャンドルもいいけど、消し忘れが危ない、携帯をライト変わりに使うと充電の減りが早い)
●ベット、布団の脇にスリッパを置いておく、靴下はいて寝る(もし地震が起きたら
床に何が転がってるかわからないから)
●ガソリン満タンにしておく(車のカーナビ、ラジオで情報掴めます)
●車で充電できるコネクタ買っておく
●現金用意しておく(レジが使えなくなるから、お店は現金でしか買えない)
●オートロックのお家は出入りをチェックしておいて!
●移動時間に停電が当たる時は、交通手段を確認しておく

一日も早く落ち着くよう祈るばかりです。
ベイビーは早くも5ヶ月に。
おそらく体重10Kgは超えてると思われる。
たまにベイビーの腿があまりにも立派すぎて、チキンに見えることがある(笑)

歯も下の前歯が2本しっかり生えてて、最近は噛まれることが多い。
それを見た主人はベイビーの事を、スモールアニマルと呼ぶ。
今もベッドの上でゴロゴロしながら、自分の足を不思議そうに掴んで
食べようとしてる。なんでも口にするから危なくてしょうがない。

つい1週間前からはじめた離乳食はこれ。
主人の兄のお勧めで、私も食べたけど美味しい。
↓↓↓NestleのRice&Soya


ただでさえおデブなベイビー、これでまたさらにおデブに・・・。

Baby Shower Party

2月25日、無事にベイビーの誕生日会が終わりましたー。
会場のセッティング、料理、司会進行全てが手作りのパーティ。
もちろんケーキも準備しましたよ。
↓↓↓ 3段ケーキ。


18時頃から人が集まり始め、1テーブル8人揃ったところから料理が運ばれてきて乾杯。
フルーツを含め6種類のコース料理。
2日がかりで主人の祖母が作った手作りの料理。
私たちはエントランスで招待客のお出迎えがあるため、料理は食べれない。
そういうものらしい。

そして20テーブルほぼ満席になった20時頃、バースディソングで祝福された後ケーキカット。
真ん中のケーキの後ろで何が何だかよくわからなくなってるのが、主人とベイビーと私。


カットしたケーキを配ったり、各テーブルへの挨拶まわりで、
結局一口もケーキを食べれなかった(涙)

そして、お腹もいっぱいになり酔っ払ってきたころ、
誰からともなく踊りが始まる。
伝統的なカンボジアダンスから、ディスコ系のダンスまで。
私もカンボジアダンスを教えてもらい輪の中へ。
踊りは23時頃まで続いたと思う。
(主人も私もはっきり覚えていない・・・)

いろいろ準備は大変だったけど、Today so happy!!! Congratulations!!! 
というみんなからの言葉と笑顔で、疲れは吹っ飛んだ。
あっと言う間の一日だった。
ベイビーが大きくなったら、写真とビデオを見せるのが今から楽しみだな。

Baby Shower Partyの準備

カンボジアでは結婚式の披露宴同様、ベイビーのお誕生日会も盛大に行われる。
私たちも急遽、2月25日の私の誕生日に合わせてベイビーのシャワーパーティを行うことにした。

早速準備したのは招待状。
いろんなサンプルの中から選べるんだけど、私たちが選んだのはゴールドのコレ↓↓↓


130枚作成して約50ドル。
しかも一日で出来あがり、これがまたなかなかしっかりしていていい。

配るのはもちろん一件一件手渡し。なんせ郵便事情が整っていないので。。。
2日で130枚配り終わり、しかも足りなくなって電話で招待する数20〜30人。
席が足りるのか心配になってきた。

日本と違って事前に来る人の数を確定するのではなく、
招待するだけ招待して、来るか来ないかは出席者次第。
なのでパーティでは誰がどこに座るかも決まっていなく、
好きな時間帯に来て1テーブル8人揃うと料理とドリンクが運ばれてくる。
そして約6種類のコース料理を食べ終わったら好きな時間に帰ってもいいし、
カンボジアダンスを踊ってもいい。

場所は、レストランやホテルを貸し切るのではなく、
基本的には自宅前や、道路を少し使ってセッティングされる。
コックさんはレストランからの貸し切ることもできるけど、
主人の祖母と祖母の友人5人にお願いすることに。
なんせ祖母の手料理は抜群に美味しいので。

パーティまであと5日。
かなり楽しみ。

VISAの更新

カンボジアへ入国する際、期間の更新可能なビジネスビザで入国し、
ビジネスビザの更新を続けることで、カンボジアに滞在できる。
種類は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月。

更新はプノンペンにあるDEPARTMENT OF IMMIGRATIONで手続きが必要と言われたが、
調べてみるとシェムリアップの旅行会社でも手続き可能とのこと。
手数料を取られるものの、プノンペンに行くことを考えたらお金で解決したいと思う。

私がお世話になったシェムリアップの旅行会社は、6号線沿いにある
REAKSMEY STAR TRAVEL & TOURS Co.,Ltd
http://www.rsttour.com
3ヶ月のビザで80ドル、6ヶ月のビザで160ドル。
顔写真が1枚必要で、3〜4日あれば出来あがる。

私は今回の更新が最後。
4月には日本に帰る予定なので、そろそろ家の中を整理しないと。。。
今日の気温32℃。
暑いよう。。。(汗)

涼しい季節はたったの三ヶ月で終わり、また暑い季節がやってきました。
と同時にもうすぐマンゴーの美味しい季節です。
いたるところにあるマンゴーの木は、たくさんの実を付け、花を付けてます。



若いマンゴーは、フィッシュソースに唐辛子をまぜたたれに付けて食べるのが美味しい。
シーズンになれば、たったの2〜3ドルで20個近く買うことができる。
マンゴーだけでなく、ドリアンももうすぐ。わくわく。
美味しいフルーツの季節がもうすぐ来ます。

またまたタクシーでプノンペンへ行きたいという旅行客をピックアップした主人。
今回は日帰りで、キリングフィールドだけを見てシェムリアップに帰って来たいという。
アメリカからの旅行客でとてもフレンドリー。
以前から私も見に行きたかったキリングフィールド。
私とベイビーも一緒に同行させてもらうことに。

朝7時にシェムリアップを出発して、11時半にプノンペン到着。
プノンペンの市内からは約15Kmでそんなに遠くない。
キリングフィールドは、ポルポト政権時代に罪もない人々が処刑された場所で
その数約3万人。

ゲートを入ってすぐ目の前に慰霊塔が立てられてる。


塔の中は、頭蓋骨の山。


子供はこの木に打ち据えられて殺された。


人骨が発掘された穴がいたるところにある。


また、掘り起こされず当時のまま残されている場所もあり、
地面からは骨や衣類の一部が見えたりしている。

1975年から1979年にかけてカンボジアで起こっていた悲しい歴史で、
ちょうど私が生まれた頃の話である。
カンボジアでは、赤ちゃんにゴールドのアクセサリーを付ける人が多い。
ピアス、ネックレス、ブレスレット、アンクレット。。。
そういえばベイビーが生まれた時も、祖母にピアスしないの?って聞かれた。

金が値上がりしているからという訳ではないけど、
せっかくだからベイビーにブレスレットを買ってみた。
ゴールドにはあまり馴染みがなかったけど、付けてみると思ったよりかわいい。




このサイズで2、3年は大丈夫らしい。本当かしら・・・。
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。