広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年10月19日

電子書籍2冊目出しました!

どーもカリスマンです。

今回は電子書籍2冊目出しました!



暗号通貨にブロックチェーンが欠かせないものです。
そのことについて書かせてもらいました。
絵を使って説明してます。よろしくお願いします!!

何倍も濃密な学びが得られるブロックチェーン: 全部見ればもう完璧!初心者が上達のために見ておくべき本 (ブロックチェーン文庫)




posted by カリスマン at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年10月15日

99%の会社はいらない(堀江貴文)

どーもカリスマンです。

今回は堀江貴文さんの99%の会社はいらないです。
1508060867814.jpg

この本読んで働き方をあらためて考えた本です。

まずは本の中の一文を

世の中には「忙しい、忙しい」と言っている人は意外と多い。だが僕も仕事をしている量で言えば、「忙しい」と口にしている人たちと同じか、それ以上だ。にもかかわらず、「そんなにたくさん仕事をしていない」と感じる。なぜなら僕は「自分の時間」で忙しい、だから楽しい忙しさなのだ。しかし世の中の人は「他人の時間」で忙しい。忙しくて不幸だと感じてしまう。その元凶の一つが、「会社」という仕組みだ。会社に属することは「他人の時間」に縛られることでしかない。本書は会社に代わる組織のカタチと、新しい働き方を記したものである。

さらにもう一文

総務省の統計によれば、2016年の労働人口は6396万人と発表されている。そのうちの約8割が、雇用者といわれている人の数だそうだ。つまり、日本の大多数の社会人が「会社」という枠組みに属していることになる。
 僕は常日頃から起業を勧めてきた。それは僕自身が起業することによって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を高めることができたと実感しているからだ。
 嫌々会社に通い、楽しいと思えない仕事ややりたくもない仕事をして、日々を過ごす。どんなに頑張って仕事をしても給料はほとんど上がらない。早く仕事をこなせばこなすほど、給料は変わらないのに仕事量だけが増え、「ダラダラと仕事をした方が残業代も出て得をするのではないか?」ということが、頭の中でチラつく。


僕が独立する前にいた会社はダラダラと仕事して残業稼いでる人いました。まさに会社にぶら下がってる人です。
日本人って職人的なものをよしとする感じ。これが会社の「ガマン大会」風土とごちゃ混ぜになって、副業禁止の会社が多かったり、複数の仕事をしているフリーランスやアーティストに対して過剰な反応をする人が多かったりするんでしょうね。

まあ最近は副業オッケーみたな所も増えてきましたが、まだまだ抵抗してる人はいますね。
ようは考え方が古いんですよ。僕も昔はそうでしたが。

後は読んで見てください。高くない本です。少しでも考え方が変われば幸いです^^

99%の会社はいらない (ベスト新書)

新品価格
¥540から
(2017/10/15 19:10時点)




あと電子書籍出しました。暗号通貨に興味ある方読んでみてください。

少額で稼ぐ!ビットコイン?暗号通貨?初心者はコレダケ読んどけ!: 2017年暗号通貨元年とよばれる年で少額で稼ぐ必要知識!




あとFXと先物と暗号通貨のブログやってます^^

http://teshi05.xyz/




いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




posted by カリスマン at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年10月12日

池上彰の「経済学」講義 ニュース編 覇権をめぐりお金が武器に

どーもカリスマンです。

今回は池上彰の「経済学」講義 ニュース編 覇権をめぐりお金が武器にをご紹介します。







1507804914250.jpg

僕も経済勉強してますが、あらゆることで池上さんがわかりやすく解説してます。


池上さんが愛知学院大学で「石油」「お金」「リーマンショック」「EU」「金融政策」「宗教」「企業の成長と衰退」などの7テーマの講義を書籍化した本です。講義中の解説や会話内容がそのまま文章になっているので一緒に授業を受けているかのような臨場感もありました。「宗教」のテーマでプロテスタントの考え方が資本主義経済の発展に寄与したという解説が印象的でした。それにしても池上さんが有している幅広い知識にはもう脱帽ものです。

例えば為替の歴史と金融派生商品(オプション、デリバティブ)/リーマンショックの背後にあった債権の証券化とリパッケージ/宗教と経済の強い繋がりとかですね。
僕も為替やるんで非常に勉強になりましたね。

あとは、なぜ今石油が安いのか。なぜアメリカが金融緩和縮小を発表するとブラジルの株が下がるのか。世界の繋がりがわかるとその理由が見えてくる。日本では意識しない宗教と経済の関係。イスラム金融の仕組みや勤勉さとプロテスタンティズム。今まで豚やお酒を使用していた製品をイスラムの戒律でも食べられるようにそういったものを使わない方法で製品化すればイスラム圏16億人へのマーケットが開かれる。グローバル化著しい現代では世界の仕組みや考え方を知ることが重要なのだと感じた。

続きは読んで見てください!!
これは第2弾なんで第1弾歴史編があります。

池上彰の「経済学」講義 ニュース編 覇権をめぐりお金が武器に

新品価格
¥1,620から
(2017/10/12 19:56時点)





池上彰の「経済学」講義 歴史編・ニュース編【2冊 合本版】 (角川書店単行本)











posted by カリスマン at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年10月09日

ゼロ(堀江貴文)

どーもカリスマンです。

今日はですね。堀江貴文さんのゼロです

1507516592778.jpg




堀江さんの生き方とか考え方とか好きな僕はこの本を読んでさらに好きになりました。
生い立ちからすべて書いてあります。


ホリエモンの生まれた家は福岡の田舎町。

父は日産のトラックのセールスマン。母は色んな仕事場を変えていく実業家タイプ。

母やとにかく激しく、どこまでも不器用な人らしい。



ホリエモンの第一の転機は小学3年生の担任との出会い。

当時から他の子よりもダントツで飛び抜けていたホリエモンに進学塾を薦めたのです。

この先生は他の大人と違って、「みんなに合わせなさい」という考えがなく、個性を伸ばせという教育をしていたんですね。

のちのホリエモンはこの出会いが無かったら、今の自分はどうなっていたかと語ってます。



そして、中学に進むと同時に現れたコンピューターという存在。

ホリエモンは中学生ながらに「コンピューターが作る未来」を予感したと語ります。

中学の合格岩にコンピューターを手にし、プログラミングに明け暮れる日々を送ります。

ファミコンのように誰かが作った世界で遊ばされるんじゃなく、自分が遊ぶ世界を自分で作るという創造性に惹かれたみたいです。

中学生でここまでの未来を創造できるって凄い事ですよね。



でも、その時間とは引き換えに中学時代で落ちこぼれてしまう。

高校になり遊びを覚え没落する人生。

そして、進路を選ぶ時にここから抜け出す為に選んだのが東大。

「勉強とは大人を説得するツールだ」

たしかにそういう事です。

合格するまでのプロセスはよく色んな所に書かれてますよね。

単語帳を1日2ページ丸暗記。

小学生の頃に百科事典を覚えるのが趣味だった少年にはこんなの朝飯前なんでしょうね。羨ましい才能です。



大学時代は東大に幻滅しながらもヒッチハイクや塾のバイトなどで色々と得ていたようです。

でも、人生において決定的な出会いとなったのがインターネットなんですね。

圧倒的な自由があった。無限の可能性を感じた。

こう書かれているようにホリエモンの考えは確信に変わったみたいで、誰もやらないなら自分で作ろう。

あっという間に1000人が気づき、1万人が気づく前に勝負する。

お金はないが、時間はある。

会社の設立資金を貯める時間が惜しいと600万円の借金をして立ち上げた

そこから10年は色々なところで語られている激動の時代。

いかにしてこの時代の長者は生まれたのかと言うのが本当によく分かります。



でも、これが誰にでもチャンスが無い事か?と言われればそうでも無いと思う。

結局やらない選択をするだけで、みんな平等にチャンスはあるはずです。

その選択の幅を狭めてしまう事で、どんどん成功への道が狭まっているだけ。

未来への道は誰もが持ってるんですが、最初の一歩を踏み出せるかの勇気なんですよね。

ここまで約半分。残りの半分は自己啓発的な感じで、他の著書とも内容が被るのでそちらの感想と合わせて見ていただければと思います。

とりあえず最初にゼロを読まれれば大抵の事が分かります。

ここで名言を載せていきます。
経験とは、経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされていくのである

チャンスを見極める目など必要ないのだ。少しでも面白いと思ったら躊躇せず飛び込む。そうしないと、せっかくやってきたチャンスは流れる桃のように過ぎ去ってしまう。


人は基本的に怠け者だ。長期的な目標を掲げると迷いや気のゆるみが生じて、上手く没頭できなくなる。そこで「今日という1日」にギリギリ達成可能なレベルの目標を掲げ、今日の目標に向かって猛ダッシュしていくのである。


「貯金がないと不安だ」と思う人は多い。
なぜ不安なのか?
僕の答えはひとつ。自分に自信がないからだ。


どうでしたか?まだまだありますが、続きは読んでみてください。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,100から
(2017/10/9 11:44時点)





電子書籍出しました。暗号通貨ビットコインに興味ある方はぜひ!!




少額で稼ぐ!ビットコイン?暗号通貨?初心者はコレダケ読んどけ!: 2017年暗号通貨元年とよばれる年で少額で稼ぐ必要知識!







応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




posted by カリスマン at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年10月06日

すべての教育は洗脳である(堀江貴文)

どもカリスマンです。

今回ご紹介する本はすべての教育は洗脳であるです。


1507295104203.jpg





堀江貴文さんの本で学校とは本来、国家に従順な国民の養成機関だった。しかし、インターネットの発達で国境を無視した自由な交流が可能になった現代、国家は名実ともに“虚構の共同体”に成り下がった。もはや義務教育で学ぶ「常識」は害悪でしかなく、学校の敷いたレールに乗り続けては「やりたいこと」も「幸せ」も見つからない。では、これからの教育の理想形とはいかなるものか?「学校はいらない」「学びとは没頭である」「好きなことにとことんハマれ」「遊びは未来の仕事になる」―本音で闘うホリエモンの“俺流”教育論!

よく堀江さんは常識にとらわれるなと言ってます。この本を読めばそれがよくわかります。

その中で象徴的な一文です。


 小中学校では「給食は残さず食べなければならない」「廊下を走ってはあらない」「先生とすれ違うときは挨拶をしなければならない」など、人権侵害スレスレの禁止令もたくさんある。

 僕自身が体験した、象徴的なエピソードを紹介しよう。

 中学1年生の時のことだ。その日は雨で、校庭での体育の授業が中止になった。代わりに僕たちは、教室で教育ビデオを見せられた。ビデオの内容は覚えていない。ということはやはり退屈な内容だったのだろう。

 ビデオを見終わった後も、さらに教室の退屈な話が続いた。僕は眠くなった。話を聴きながら自然とあくびをしていた……次の瞬間、目から火花が散った。教師が、僕の頭を殴りつけたのだ。しかもゲンコツは2発、3発と続いた。

「社会ってこういうものなのか!」

 殴られながら、僕は心から驚いた。眠くてあくびをしただけで、ボコボコに殴られる。それが当然とされるのが学校であり、それを内包する社会の姿なのだ。僕はその後も幾度となく、くだらない理由でタコ殴りにされた。

 教師はきっと、「目上の人が話している時に、気をそらしたり、眠気をあらわにしたりするべきではない」という「禁止」を、体罰という形で僕の身に叩き込んだつもりなのだろう。

 あれをしてはダメ、これをしてはダメ、と禁止のルールを増やしていくことは、非常にコストの安い教育手法だ。教師たちは難しいことを考えず、ただ禁止の柵からはみ出した者を叩いておけばいい。

 禁止のルールを十分に身につけた子どもたちは、晴れて常識人として、そして凡庸なジェネラリストとして社会に出ていくことになる。そして彼らは、大人になってからも自分で自分にブレーキをかけ続けてしまうのだ。



僕も学校大っ嫌いで子供の時から授業も退屈でつまらんし、好きなことして〜なとか思ってました。
でもそれは親が先生が許してくれません。それは親の先生も洗脳されてるから

よくよく考えると学校の先生って社会出てないよね?大抵新卒で入って先生になると思いますけど、学校という敷かれたレールに沿ってそのまま先生になるわけですから学校の先生に例えばお金の稼ぎ方教えて〜って聞いても答えられると到底思えませんw

返ってるくる答えは学校の勉強して働きなさい。

まあ全部の先生がこういう先生ではないですが、たまにぶっ飛んだ先生もいますw
ぶっ飛んだ先生に出会いたかった!

海外の学校は普通に金融の勉強もします。日本だとほとんどないですよね?
社会に出て一番困る問題はお金の話です。

義務教育でお金の教育が足りないんでみんなお金に困るんですよ。

だって小学校とか中学、高校で習ったことほぼ使わないですよね?

日本の教育自体を変わってほしいです。

ぜひ読んでみてください。

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

新品価格
¥799から
(2017/10/6 22:46時点)





電子書籍出しました。暗号通貨に興味ある方はぜひ!!

少額で稼ぐ!ビットコイン?暗号通貨?初心者はコレダケ読んどけ!: 2017年暗号通貨元年とよばれる年で少額で稼ぐ必要知識!






応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by カリスマン at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年10月05日

革命のファンファーレ(西野亮廣)

どーもカリスマンです。

今回はキングコング西野亮廣さんの革命のファンファーレです。

出たら絶対に買おうと思った本です。

img_20171005_054450_783.jpg


この本は西野さんが出したビジネス本2冊目の本です。
今回西野さんの本を買うのは初めてで読んでみたらさらっと読めて読みやすかったです。

読んでて思ったことは前紹介した。堀江貴文さんの多動力と作り方が似てます。

てゆうか本の中でパクッてる宣言してるんで全然いいです。
てかまずパクったほうがいいですよね?

僕も電子書籍出してて次のやつ作ってるのでパクっていきます!w

とまあ読んでて面白い一文があったのでシェアします。

1507150152573.jpg

ちん凸待ちのアナルッてwwww女性の方いたらすいませんw

そんなAVでたらみたいですねw

ささ、話は戻します。

本の始まりで

「やりたいことが見つからない」と言う人がいる。

革命のファンファーレはこんな一文からはじまります。

文字通り、やりたいことが見つからない。

そんな人にとっては、言うまでもなく格別の一冊になるであろう。

だがそれだけの本ではない。


やりたいこと、夢があるんだけど、どうすればいいのかわからない。って人。
ここに当てはまる人には、自信を持ってオススメしたいです!

何故か。

西野さんはクラウドファンディングでの勝ち方を日本一分かっている人だからです!

クラファンを実体験でここまで語れるのは西野さんぐらいのもんです。

それ、何よ?、ていうか、夢とクラウドファンディングって何か関係あるの?って思った方はとりあえず本書を読もう。

知ってて損をすることは絶対にないから。



また、クラウドファンディングで使える小技なんかも書かれていてるから、今後、クラファンに挑戦するって方にもいい1冊になること間違いなしです。

やりたいことがないつまりはやってないからだと思います。


僕もやりたいことなくてもがいてた時期はありました。ただその時を振り返ると全然行動してなかったし、
愚痴ばっか言ってました。時代が悪いとか、会社が悪いとか、お金がないとか、時間がないとか言い出したらキリがないですけど、ただ今思うことは会社が悪いと思えば辞めればいいし、お金がなくても出来ることは腐るほどあるし、時代が悪いってじゃいつの時代がいいんだよってw時間がないってことはつまりいいわけで自分で現状維持がいいっていってるようなことです。

当時の僕に言ってやりたいです。

今の世の中って情報がないとだめです。この本でも言ってますが

情報とは行動する人間に集まり、更なる行動を生み、また情報が集まってくる。

もちろん嘘の情報もありますよ。

ですけどその嘘にも強くなるためにやっぱり情報を浴びて自分で考えて行動したほうがなにもしない人よりも僕は断然いいと思います。

人間関係でも嘘つくひとはゴロゴロいますしw

てことで後は読んで見てください。ほんと読みやすいので。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

新品価格
¥1,500から
(2017/10/5 06:34時点)





電子書籍出しました。暗号通貨に興味ある方はぜひ!!
現在2冊目作業中!

少額で稼ぐ!ビットコイン?暗号通貨?初心者はコレダケ読んどけ!: 2017年暗号通貨元年とよばれる年で少額で稼ぐ必要知識!







応援よろしくお願いします!!ランキング上がってきました!ありがとう!!!!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




posted by カリスマン at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年10月04日

1分間バフェット(桑原晃弥)

どーもカリスマンです。
     てるや
今回は桑原晃弥さんの1分間バフェットです。


41yojvrAWeL._SX331_BO1,204,203,200_.jpg



投資してる人なら知ってると思いますが、ウォーレン・バフェットという方をご存知ですか?



8歳からビジネスを起こし、大学入学時には確定申告を覚え、世界長者番付に25年君臨する投資の神。投資のゴッドです。



経営する投資会社バークシャーハザウェイの株価は45年で820000%上昇し、彼とのランチは3億$で落札される。全てが規格外のお方です。



人生でも投資でも成功をおさめた巨人と言えるでしょう。
すごい方です。真似はできないですけどねw


この本の一部です。

なぜこの会社を買うかという小論文を1本かけないようなら100株を買うこともやめた方がいい
1日1時間を自分に当てるべきだ
一定のリスクを負わなければならない。未来はいつでも不確実だ
少額でいいから、投資をしよう、本を読むだけではだめだ
わたしは雪の玉を若いころから固めた。10年遅く始めたら、斜面のずいぶん下にいただろう。


感想

読んでいると、確かに投資に対する原則というか、考え方がたくさん出てきます。しかし、この本は投資のノウハウ云々というより、ウォーレン・バフェットが考えていること、思考の方法が理解できることに重点を置かれているように思います。

「考え方→行動」という順番なので、本書に書いてあることをそのまま理解するより、なぜウォーレン・バフェットがそのように考え、実際に成功できたのか、想像してみることが大事なように思いました。

例えば、「周りが強欲になっているときは欲を捨てる→人と違うことをする」(P30)という考え方は、「みんなと同じやり方ではダメ、では自分はどうするか。

どうすれば自分にとって最適な行動なのか?」という考え方が根本にあります。そこら辺の発想の仕方はとても勉強になります。

このように本書を読めば、投資に興味がない方でも、この本はとても興味深い内容になるはずです。人生論、お金、投資。ウォーレン・バフェットという希代の投資成功者の考え方が深まった一冊でした。

1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則




電子書籍出しました。暗号通貨に興味ある方はぜひ!!

少額で稼ぐ!ビットコイン?暗号通貨?初心者はコレダケ読んどけ!: 2017年暗号通貨元年とよばれる年で少額で稼ぐ必要知識!












応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
posted by カリスマン at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年10月03日

好きなことだけで生きていく。(堀江貴文)

どーもカリスマンです。

今回は堀江貴文さんの好きなことだけで生きていくです。

「断言しよう。人は好きなことだけして生きていける。それは、例外なく、あなたも」
自分の人生を無駄にしている人へ伝えたい。
自分の「時間」を取り戻す生き方―
ベストセラー著者・ホリエモンの後悔しない生き方・働き方論、決定版。他人、時間、組織、お金などにふりまわされず、「好き」を生きがいにするため、どう考え、行動すればいいのかを明快に説く! はじめの一歩を踏みだすことができない不器用な人たちに勇気を与える、最強の人生指南書。SNS全盛期時代の脱・企業、脱・組織、脱・学校論についても語る!


1507028053170.jpg

ここで印象的な文が

遊びを仕事にする方法として、3つのステップが書かれてましたが、そこから特に納得できた2つを

1つ目は「ハマること」

自分が熱中できるもの、好きなことにハマることが第一歩。でも「ハマること」=「がんばること」ではないと書かれてた。なるほど…

2つ目は「それを発信すること」

今度は自分がハマっているものについてSNSなりなんでもいいから発信することが重要らしい。そうすれば応援してくれる人や、一緒に仕事してくれる人が集まってくるということなんだね。

あとは
ゲームに熱中している子どもは止めてはいけない

僕もゲームばっかしてましたね。

堀江さんに、息子がゲームに熱中するんだけどどうしようって内容の悩みがよく届くらしいんだけど、そんなときの答えは必ず、

「止めるべきでない」

理由は熱中ほど価値のあるものはないからってこと。これは次の「遊びを仕事にする方法」にも繋がるんだけど、時間を忘れて熱中出来るものって人には大切なんだね。

この発想はなかったですw

大変読みやすい本になってます。会社を辞めれるきっかけにもなりました。

あとは読んでみてください。

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)

新品価格
¥700から
(2017/10/3 20:04時点)




電子書籍出しました。暗号通貨に興味ある方はぜひ!!

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン








みなさんのおかげでランキング上がってきました!ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

2017年10月01日

幸せになる勇気(ダイヤモンド社)

どーもカリスマンです。

今回は嫌われる勇気の続編の幸せになる勇気です。

前回の嫌われる勇気でもそうでしたがこの本は青年と哲人が会話形式でどうやったら人は幸せになるのかについて話を進めていきます。

1506792274360.jpg

「嫌われる勇気」から3年後、教師として働いていた青年がまた哲人の家を訪ねるところから物語ははじまります。教師としてアドラー心理学を実践してみたが、まったく無意味だったと怒りに燃えながら…

アドラー心理学とか最初なんぞやと思いましたねw

嫌われる勇気はアドラー心理学全体を分かりやすくまとめた一冊でしたが、幸せになる勇気はアドラー心理学を実践するうえでの行動指針についてまとまっています。特に、前作ではさわりだけしか触れられなかった「共同体感覚」というものを中心とした他者との関わり合い方について深掘りされているのが印象的でした。


僕にとって一番印象的なこと


本書の大テーマの1つに「自立」があります。人が自立するためにこれからどうするかが、全編をとおして書かれています。
では、自立とはなんでしょうか。本書の定義では「自分の人生を自分で選ぶこと」です。

肉体的な成長や、年齢、経済状態などは自立の条件とは無縁なのです。未成年でも貧乏でも、「自分の人生を自分で選ぶこと」ができれば自立できたといえます。
そして、あらゆる教育者は自立を支援する立場であるべきとも書かれています。賞罰教育や承認欲求は、表向きは何ら問題のない立ち振舞であったとしても、この自立を阻害する要因になりかねないところに注意が必要です。


対人関係

職場でも友人でも人間関係はありますよね。正直これが人生において一番めんどくさいです。
いい意味でも悪い意味でも


すべての悩みは対人関係の悩みであるということは、裏を返せばすべての喜びもまた対人関係の喜びであることを示しています。ですから、先述した問題を乗り越えて喜びを得るために私たちは3つの人生のタスクと向きあわねばならないことになります。
1仕事のタスク
2交友のタスク
3愛のタスク



本書でも書かれているとおり、すべての喜びが対人関係であることから、これらを「仕事の関係」「交友の関係」「愛の関係」と言い換えることもできます。


それぞれの違いは人間関係の距離と深さによるものです。下に行けば行くほど人間関係の距離が近くなり、深くなります。そして、仕事の関係から交友の関係を築いていくことが喜びへの道となるでしょう。
仕事の関係はいうなれば信用の関係です。信用とは、相手を条件つきで信じることです。一方、交友の関係はいうなれば信頼の関係です。

つまり、いっさいの条件をつけずに相手を信じることです。
喜びとは、所属感を得ることです。それはつまり、仕事という信用の関係ではなく、交友という信頼の関係を築くことによって得られるということです。


最後ですが

「世界はシンプルである」

これは前作で示された概念ですが、実はこれには続きがあって

「世界はシンプルである。だが、シンプルであり続けることは簡単なことではない」

このように今作は教えてくれます。



普通であることを受け入れる勇気。

一歩一歩、いまここを勇気をもって歩む心。

ほんと、勇気を試されます。実践は怖いかもしれません、今までの自分を変える冒険の一歩を踏み出すためのコンパスを与えられるようなものですから。

後は読んでみてください^^


前作の嫌われる勇気です。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

新品価格
¥1,300から
(2017/10/1 02:40時点)





幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

新品価格
¥1,620から
(2017/10/1 02:41時点)





電子書籍出しました。暗号通貨に興味ある方ぜ読んでみてください!

少額で稼ぐ!ビットコイン?暗号通貨?初心者はコレダケ読んどけ!: 2017年暗号通貨元年とよばれる年で少額で稼ぐ必要知識!




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

応援よろしくお願いします!
posted by カリスマン at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年09月28日

ホリエモン×ひろゆきやっぱりへんだよね

どーもカリスマンです。

今日は集英社さんから出てる本で僕が大好きなお二人です。

ホリエモン×ひろゆきやっぱりへんだよね常識を疑えば未来が開ける

です。

堀江貴文さんと西村博之さんですね。

1506607794437.jpg



みなさんご存じの二人ですが、この二人の会話が面白くて大好きなんですよ。

週刊プレイボーイで連載してて書籍化されたものでこの二人の会話があらゆる分野で
会話が展開されていきます。


いままでの常識とかを二人の考えとかいやこれだとこれだよね?
もっとこうするべきだよねとかいろいろ書いてあります。

働き方、健康、スポーツ、IT、事件、政治、経済

読んでてとても勉強になった。

この本を読んで思ったことが、楽できるのにわざわざしんどいことをするのが美徳みたいな。

僕も会社で社畜の時はそうでした。やりたくもない仕事をわざわざやって評価的なやつを上げるみたいなやつ
当時は派遣社員だったのですが、会社の社員から頑張れば社員になれるよって言われてもう今振り返ると狂ってましたねw

めちゃ働いてましたねw社員以上にそして社員以上に仕事もこなしてできるようになってました。
会社からすればいい社畜ですよね?w
社員になれるというエサに釣られてw3年その状態でやってましたね。しかも3交代ですね朝、昼、夜体調はすこぶる悪かったですw

それで手取りは20万越えたらいい方でwやばくないですか?w

今になってそれは間違いだし別にやらなくてもいいことだし結局社員なんかなれませんでしたね。
その時はまだ若かったので辞めるときはいままで溜まってましたからねブチ切れて思いっきりガン飛ばして辞めましたねw

今ではいい思い出です。もしこれ読んでくれてる方で同じような方がいればその会社は辞めて好きなことしてください。やるだけ無駄ですね。辞めて面白いことやりましょ。

話はそれましたねw

ホリエモンさんが本の中で言った言葉ですが、
自分でどんどん仕事を作っていくべきだし、何より自分の好きなことや興味があることを仕事にしていったほうがいいと思う。


それに対してひろゆきさんは

少なくとも打席に立たないことには、ヒットもホームランも打てない。

究極これですよね?チャレンジすると失敗する確率も増えるけど成功もありえませんね。

チャレンジしてみましょ!

ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~

新品価格
¥1,296から
(2017/9/28 22:42時点)





電子書籍出しました。読んで見てください。よろしくおねがいします。
暗号通貨に興味ある方は!

少額で稼ぐ!ビットコイン?暗号通貨?初心者はコレダケ読んどけ!: 2017年暗号通貨元年とよばれる年で少額で稼ぐ必要知識!







応援お願いします^^
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


posted by カリスマン at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) |
ファン

何倍も濃密な学びが得られるブロックチェーン: 全部見ればもう完璧!初心者が上達のために見ておくべき本 (ブロックチェーン文庫)

検索
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
(16)
月別アーカイブ
プロフィール
カリスマンさんの画像
カリスマン
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。