2021年09月15日

転職を行う時の志望動機で必要になるのは、その仕事

転職を行う時の志望動機で必要になるのは、その仕事に対する積極性が感じられるポジティブな内容になります。


これまで以上に成長を可能とするとか、自分の持つ専門知識、技術を活用できそうなどの意欲的な志望動機を考え出してください。


できることなら、その企業の業種や事業内容、応募職種に合うような志望動機を自分の言葉で述べることが重要です。


ですから、ホームページ等で十分な下調べを行うことが重要でしょう。


異業種に職を変えるのは困難であると考えている人が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結果から述べますと、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。


経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、業務経験のある人を選択する人事担当者が多いものです。


しかしながら確実に無理という事ではないですし、懸命に努力を重ねれば異なる職種に就けることもあると思います。


書類選考や面接において転職理由は大変重視されます。


相手が了解する事情でないと低い評価となってしまいます。


けれども、転職した事情をきかれても上手く答えることができない人も多いでしょう。


ほとんどの人が履歴書を書いたり面接を受ける時に、困るのはこの転職理由です。


転職する動機は経歴書での選考や面接での場でかなり肝心です。


相手に理解してもらえる理由でない限り点数が悪くなります。


ところが、なぜ職を変わったのか尋ねられても相手に伝わるように話せない人も沢山いるはずです。


少なくない数の人が文書で経歴を書く時や面談の場でなぜ前職を辞めたのかの説明がうまくいきません。


労働時間が長いという理由で辞職したときは「生産性重視の仕事を希望しています」、仕事にやりがいがなく辞めたときは「新しい環境でさらなる成長を目指したい」と変えておくと印象が悪いものになりません。


ネガティブな転職理由も表現を変更することで、ポジティブなものとして受け取られるのです。


履歴書に記載する場合は、150文字から200文字程度が望ましいでしょう。
ファン
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール