にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村
テニスランキング
初心者テニスプレーヤーランキング
検索
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
扇のイメージ by ヤマネコ (03/12)
扇のイメージ by 月さん (03/12)
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
プロフィール
ファン

2017年03月07日

プロネーションとフォロースルー

プロネーションと
フォロースルーについて

プロネーションは、
前腕の回内動作のことです。
手首で人を招くような
おいでおいでの動きではないです。
手首は折らず掌屈・背屈の動きは
中立に保ってください。
背屈と掌屈.jpg背屈と掌屈
「背屈」(ハイクツ)
手首を甲側へ曲げる
「掌屈」(ショウクツ)
手首を手のひら側へ曲げる

回内動作と上腕の内旋動作を行い。
前腕とラケットの角度を
130度から150度ぐらいに保ち、
ラケットヘッドを返して
ボールを叩いてください。
ひねり戻しと回内・内旋.JPG
コンタクトに向けて、
グリップエンドから向かい
ラケットのサイドエッジから入り
面を返してコンタクトします。

慣性でラケットヘッドが
一度外側に抜けます。
その後で体の左足側にラケットが
戻ってきます。(右利きの場合)

フォワードスイングの足の蹴り上げで、
胸が上を向きに張った状態。
トロフィーポジションでの
ヒップファーストの姿勢も、
同様に弓なりに張った形です。
フォロースルーでは
この弓が返った状態になります。
フォロースルー.JPG
フォロースルー

非利き手ですが、
コンタクトのとき手のひらが腹の前あたりに
あるといいでしょう。
肘を後方に引いてしまうと、
体が開きすぎる原因になります。
プロネーションと
フォロースルーのNG

  • プロネーションを
    手首の動きだと思っている。
  • コンタクトの時、
    前腕とラケットが一直線になっている。
  • フォロースルーで
    非利き手が後方に流れる。

プロネーションと
フォロースルーのポイント

  • 回内動作と上腕の内旋動作で
    ラケットヘッドを返す。
  • コンタクトの時、
    前腕とラケットの角度を
    130度から150度ぐらいに保つ。
  • コンタクトのとき非利き手を
    腹の前に持ってくる。
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6025449

この記事へのトラックバック