にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村
テニスランキング
初心者テニスプレーヤーランキング
リンク集
検索
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
錦織選手復調とサーブの変化 by ヤマネコ (06/07)
錦織選手復調とサーブの変化 by HALSAN (06/07)
扇のイメージ by ヤマネコ (03/12)
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
顔出し無しの匿名で
こっそりブログを書いています。
プロフィール
ファン

2017年03月07日

フォワードスイングとコンタクト

フォワードスイングと
コンタクトについて

フォワードスイングの初期に
ラケットダウンの形がありますが、
これは足の蹴り上げと体軸の回旋で
ラケットが取り残された結果です。

両肩と肘が一直線、肘の角度は90度で
胸が上向きに張った状態の時、
上腕が外旋され、
ラケットヘッドが取り残され
グリップエンドが上になります。
ラケットダウン.JPG
ラケットダウン

足の蹴り上げと体のひねり戻しによる回旋、
ヒップファーストで伸ばした脇腹の収縮、
上腕の内旋と前腕の回内動作で
ラケットを振ります。
ひねり戻しと回内・内旋.JPG
コンタクトの時、手首は折らず
掌屈・背屈の動きは中立に保つ。
コンタクトの時、前腕とラケットの角度を
130度から150度ぐらいに保つ。
途中、脱力していると動いてしまいますが、
コンタクトの時には角度を戻してください。

背屈と掌屈.jpg背屈と掌屈
「背屈」(ハイクツ)
手首を甲側へ曲げる
「掌屈」(ショウクツ)
手首を手のひら側へ曲げる

前腕とラケットが一直線になっている方は、
上腕の内旋、前腕の回内をしても
ヘッドスピードが上がりません。
前腕とラケットの角度.JPG
コンタクトの時、
肩のゼロポジションから外れないように、
肘の上げ過ぎに注意してください。
肩が耳に着くようなスイングはNGです。

肩のゼロポジションは
体幹に対して上腕が約140度かつ
両肩を結んだ線に対して上腕が
前に約30度の状態。
検索すると色々な説明があり、
130度、150度、155度と
意見が分かれます。
ゼロポジションは
肩を痛めるリスクが減るそうです。

しかし実際のところ
上腕が140度上がっているかというと
そこまで上げていないと思います。
ひねり戻しの回旋の遠心力の影響で
120度程度になっていると思います。
見かけ上は両肩と肘が直線上にあり
スイングできていればOKです。

軽く顎を上げ
しっかりボールを見てください。
コンタクトするのを見て
顔を残すぐらいがいいです。
コンタクトする前に
レシバーを見てしまうと、
体がそちらに流れてしまいます。
肩のゼロポジション.JPG肩のゼロポジション

球種による違いについて

体軸の傾きは球種によって変わります。
フラットサーブとスライスサーブでは、
体軸の傾きはあまり変わりません。
トップスピンサーブは背中側に傾けます、
この傾きはボールに
縦回転を与えるためです。

また、
体のひねり戻しの
回旋範囲の始点と終点の違いがあります。
始点はどこまでひねりタメて、
トロフィーポーズをするか。
終点はどこまでひねり戻して、
コンタクトするのかということです。

フラットサーブは
どこまで戻すかというと、
体が打球方向を向くところまでひねり戻し、
コンタクトします。

スライスサーブは
体が打球方向より右斜め前を向いた
ところまでひねり戻します。

トップスピンサーブでは、
体軸が傾いているため、
体が打球方向より右斜め上を向いた
ところまでひねり戻します。
(右利きの場合)

この始点と終点を決めることで、
スイングの軌道を調整します。
球種が変わっても、
腕は肩のゼロポジションにあります。
あとは、コンタクトする時の
フェースの角度を調整します。
フォワードスイングと
コンタクトのNG

  • ラケットダウンがうまくいかず
    グリップエンドから上がらない。
  • 肘の上げ過ぎや下げ過ぎる。
    肩のゼロポジションから外れている。
  • 体軸の傾け過ぎにより、
    バランスを崩している。再現性が無い。

フォワードスイングと
コンタクトのポイント

  • 胸が上向きに張り、
    ラケットダウンしている。
  • コンタクトまで
    肩のゼロポジションを保つ。
  • 再現性を上げるため、
    スイングの軌道を覚える。
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6025383

この記事へのトラックバック