リンク集
検索
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
錦織選手復調とサーブの変化 by ヤマネコ (06/07)
錦織選手復調とサーブの変化 by HALSAN (06/07)
扇のイメージ by ヤマネコ (03/12)
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
顔出し無しの匿名で
こっそりブログを書いています。
プロフィール
ファン

2018年08月26日

ロジャー・フェデラー選手のサーブ

ロジャー・フェデラー選手のサーブについて

今回はロジャー・フェデラー選手のサーブを
見ていきたいと思います。

Roger Federer serve
https://www.youtube.com/watch?v=QoPsZCf8RAg


レディーポジションでは
上体を前に倒して左足荷重。

そこから、左足の踵が軽く浮くくらい
左足荷重を抜いて右足荷重でトスアップ。

流れるようにトロフィーポジションに向けて
左足荷重になり、タメを作ります。

フォワードスイングに移り、
足の蹴り上げからひねり戻しが始まります。

ショルダーオーバーショルダー、
胸が上を向いて弓なりに反った形から、
しなやかに弓が返りコンタクト。


フォロースルーの打球後すぐの状態は
ひねり戻しでできた、弓が返った形で、
前方に大きく丸まった体勢になります。



着地はベースラインを
踵で踏むぐらいの位置で、
あまりネット側に踏み出しません。

打点が前目ではなく
ネット方向に突っ込まないで、
上に向かって重心移動しているためです。

スイングでは上腕と前腕の
『外旋・回外』からの『内旋・回内』。

肉眼ではラケットダウンから
ラケットヘッドが一気に加速していくため
分かりにくいですが、

ラケットヘッドは
『外旋・回外』の弧を描いて、
肘を伸展しながら切り替えして
『内旋・回内』の弧を描き
コンタクトします。


RF 外旋・回外からの内旋・回内.jpg

フェデラー選手の
フォームについて見てきましたが、
凄いところは引き出しの多さ。

コントロール、球速、回転量、回転軸を
自在に操り、配球を組み立てて
サービスゲームを制するところ。

レシーバーを高速サーブで圧倒する
『ビックサーバー』とは異なる、
レシーバーを配球で翻弄する
『技巧派サーバー』ではないでしょうか。  
 
posted by ヤマネコ at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Players
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8032556

この記事へのトラックバック