リンク集
検索
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
錦織選手復調とサーブの変化 by ヤマネコ (06/07)
錦織選手復調とサーブの変化 by HALSAN (06/07)
扇のイメージ by ヤマネコ (03/12)
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
顔出し無しの匿名で
こっそりブログを書いています。
プロフィール
ファン

2018年04月16日

ジャンプサーブの着地足

ジャンプサーブの着地足について

ジャンプサーブの時、
どちらの足から着地しているでしょうか?
(以下右利きの場合です)
ジャンプサーブの着地足.jpg
一般的に右利きであれば、
左足着地になります。
右足着地のジャンプサーブは
なかなか見かけません。

トロフィーポジションで
左足側に重心を移してから、
フォワードスイングでジャンプして
体が回転しても、
重心が左足側のままなら
左足着地になります。

そのとき、重心が右足側に移れば
右足着地になります。

右足着地は
スライスサーブを打つ人に見られます。
それはトスを右側に上げるためと、
振り切る方向が右前であることが
挙げられます。
そのため、
体重が右前または右に
振られる要素が強いと、
重心が移り右足着地になります。

他にはスタンスがオープンスタンスの方も
右足着地になるかもしれません。
トロフィーポジションの段階ですでに
スクエアスタンスより
重心位置が右寄りなためです。

どちらの足で着地するかは、
体のバランスを取りやすい方で
決めてください。
右足着地が悪いわけではありません。
ただ進めないだけです。

では、なぜ左足着地が多いのか?

「身体の内的運動量は一致する」という
物理学の原則から見ると
上半身が回転すると
下半身は反作用で逆回転しようとします。

例えば、走る動作の時に
足大きく振るには、
対角の腕・肩も大きく振って
内的運動量を一致させます。

腰はサーブの一連の動きの中で、
トロフィーポジションから
足の蹴り上げと腰の左回転が始まります。

順に運動連鎖して上半身の
左回転につながり肩の入替えが起こります。
腰は左回転を始めたものの、
上半身の左回転の反作用を受けて
右回転の力が働きます。

このため腰の回転は止まります。
上半身は正面に向いていても、
腰は斜め前を向くくらいになり、
左足が前のまま着地します。

フォロスルーで上体が前傾していれば
バランスをとるため
後ろの右足が後ろ側に上がります。

ということで、
ジャンプサーブで無理のない着地は
左足着地ということになります。

ですが例外はどこにでもあるもので
ボリス・ベッカー選手は右足着地です。
左手を右腰の方へ持っていくことで
右足を前に出します。
Embed from Getty Images
これにどれぐらいの
効果があるか分かりませんが
紛れも無いビックサーバーです。

参考になる動画を紹介します。
Tennis Players Serve, since 1919 - O Saque no Tênis durante o Tempo
https://www.youtube.com/watch?v=9QL1sglyouU

昔はジャンプしないで右足着地でした。
軸足を支点にして回転し
後ろ足が前に出て来ます。
ジェラルド・パターソン選手
ドナルド・バッジ選手
ロッド・リーバー選手

ジャンプサーブ左足着地
ピート・サンプラス選手

ジャンプサーブ右足着地
ボリス・ベッカー選手

ジャンプサーブを打った後には、
着地足はトロフィーポーズ時の軸足より
前になります。

もし、後ろに飛んでいたら
効率が悪いサーブになっているので
見直しましょう。

同じく、着地点が毎回違う方は
トスやフォームが安定していない現れです。

サーブの再現性のチェックとして、
着地点を確認してください。  
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7557811

この記事へのトラックバック