にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村
テニスランキング
初心者テニスプレーヤーランキング
リンク集
検索
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
錦織選手復調とサーブの変化 by ヤマネコ (06/07)
錦織選手復調とサーブの変化 by HALSAN (06/07)
扇のイメージ by ヤマネコ (03/12)
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
顔出し無しの匿名で
こっそりブログを書いています。
プロフィール
ファン

2017年03月07日

トス

トスについて

サーブは唯一自分から打てるショットです。
自分で上げたトスが安定しないなら、
サーブのたびにボールを追うことになるか、
やり直すかです。
「サーブはトスが8割」
と言われるくらいです。
他は2割でいいのか?と言われると
まいってしまいますがそれくらい重要です。

まずはボールの持ち方から
おすすめは「コップ持ち」です。
コップを持つようにボールを
横から持ってください。

手のひらを上に向けて
トスアップしている方で、
手首のスナップで上げている人は
手首の動きを抑制できます。
また、指先でコントロールしようとして
指先に引っかかることもありません。
トスが安定しない方は、お試しください。
コップ持ち.JPGコップ持ち

トス上げのスタート地点は
個人差がありますが、
私の場合、
前足の股関節あたりからにしています。
リリース位置は肩より上です。

肘を伸ばし肩を支点に真っすぐ上げます。
上げる方向は球種によって変えます。
トスの高さは、
サーブの一連の動作速度により変わります。
フォームのリズムが早ければトスは低く。
ゆっくりしたフォームであれば
トスは高くなります。
トスアップ.JPG
視線は軽く顎を上げ
打点になる所に移してから
トスアップしてください。

トスアップした手は上に膝は下に落として、
脇腹を伸ばす感じで、
トロフィーポーズ、ヒップファーストの
姿勢に移ってください。

ボールとラケットがコンタクトするのを
見てからレシーバーに視線を移します。

打球後、すぐにレシバーを
確認したいところですが、
顔の位置は打点を見た状態のまま
少し残す感じにしてから、
レシーバーに視線を移します。

コンタクトする前に顔が動き、
体がそちらに流れないようにしましょう。
トスアップのNG

  • ボールを鷲掴みして上げ、
    指先に引っかかる。
  • 肘を曲げたり、手首のスナップで
    ボールを上に投げている。
  • 膝を使って伸ばしながら
    ボールを上げている。

トスアップのポイント

  • 親指、人差し指、中指で
    コップのフチを作り、
    薬指と小指をコップの底にする。
    手のコップにボールを入れ、
    握るのではなく乗せる。
  • 肘を伸ばし、肩を支点に真っすぐ上げる。
  • 肩より上でリリース。
 
 
posted by ヤマネコ at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | トス
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6025048

この記事へのトラックバック