にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村
テニスランキング
初心者テニスプレーヤーランキング
リンク集
検索
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
錦織選手復調とサーブの変化 by ヤマネコ (06/07)
錦織選手復調とサーブの変化 by HALSAN (06/07)
扇のイメージ by ヤマネコ (03/12)
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
顔出し無しの匿名で
こっそりブログを書いています。
プロフィール
ファン

2017年11月27日

トロフィーポーズの弓なり

トロフィーポーズの弓なりについて

トロフィーポーズはフォワードスイングに
移るための準備動作として、
「タメ」を作っている姿勢です。

体の部位ごとに見ていくと、
やることの多さに当たります。
しかもトスが上がっている間に
動作しないといけません。
詳しくは
「トロフィーポジションについて」
の記事を参考にしてください。

これらの動作をまとめると、
どんなイメージになるか(私なりですが)
説明していきます。以下右利きの場合

まとめる動作は、
  • 膝の曲げ
  • 重心の移動
  • 体のひねり
  • 脇腹の伸ばし


そしてまとめたイメージは、
  • 右肩を左足の拇指球に引き付ける
  • 腰が前方に出て、左太ももの前、
    左脇腹、胸に張りができる


トロフィーポーズ後弓なり.jpg
トロフィーポーズ横弓なり.jpg
画像のような弓なりのイメージになります。
フォワードスイングに移るときは、
左足の拇指球を起点に
右肩が上に放たれます。

注意点として
トロフィーポーズでは
腰はまだ反らないことです。

お腹がつき出てしまうといけないので、
右肩を引き付けるのと同様に、
右腰(右のおしり)を
左足の拇指球に引き付けることです。
トロフィーポーズ後右腰.jpg
もちろん、腕の形は必要な角度を保って
セットしてください。
  • 両肩と肘が一直線になるようにします。
  • 肘の角度は90度にします。
  • 前腕とラケットの角度を
    130度から150度ぐらいに保ちます。
  • 手首は軽く掌屈させ
    フラフラしないように軽く保持します。

フォワードスイングでは
ラケットダウンが起こります。
右肩が上がる時に、
グリップエンドが先行して引き上げられ
ラケットヘッドがクルッと回り
後についてくるのを感じてください。
トロフィーポーズ横必要な角度.jpg
以上が私なりのイメージなのですが、
分かりにくかったでしょうか?
トロフィーポーズの「タメ」の感じが
伝わっていれば幸いです。
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7012769

この記事へのトラックバック