リンク集
検索
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
錦織選手復調とサーブの変化 by ヤマネコ (06/07)
錦織選手復調とサーブの変化 by HALSAN (06/07)
扇のイメージ by ヤマネコ (03/12)
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
顔出し無しの匿名で
こっそりブログを書いています。
プロフィール
ファン

2017年10月31日

肩支点のトス上げ

肩支点のトス上げについて

トスを上げる動作を
詳しく見ていきたいと思います。
今回は「肩を支点に上げる」とは
どういうことなのか説明します。

トスを上げるときに
膝の屈伸を使って上げたり、
手首のスナップを使うのはNGです。
そしてもうひとつ、
支点である左肩(右利きの場合)の位置が
動いてしまうとNGです。

例えば
左肩を下げてから
上体を起こしながらのトスは、
上体を煽るような動きになり
体軸を無駄に動かします。

体軸は本来であれば
トロフィーポジションの目的の位置へ
収まるはずですが、
上体を煽る余計な動きをすると
遠回りをしてしまいます。
トス 肩支点 OK.jpg
トス 肩支点 NG.jpg
構えてからボールが手から離れるまで、
一連の動作中なので体のひねりや
膝の曲げが始まっています。
もちろん、体のひねりや膝の曲げで
左肩の位置が少し動きます。

注意していただきたいのは、
トスを始めて左肩を支点に左手が弧を描き
ボールが手から離れるまでの短い間は、
左肩の支点が
大きくは動かないようにしてください。

トロフィーポジションに向かって
重心が左足・左股関節の上へ移動します、
その上にあるのが左肩になります。
重心と体軸が一連の動作の間
どこに位置しているか確認してください。

トスを安定させるために支点となる左肩、
その左肩と体幹を安定させるために
重心・体軸がどうあるか意識してください。  
 
posted by ヤマネコ at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | トス
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6917479

この記事へのトラックバック