にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村
テニスランキング
初心者テニスプレーヤーランキング
検索
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
扇のイメージ by ヤマネコ (03/12)
扇のイメージ by 月さん (03/12)
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
プロフィール
ファン

2017年10月18日

上腕・前腕の回旋系伸張反射

上腕・前腕の
回旋系伸張反射について

伸張反射とは脊髄反射のひとつで、
骨格筋が受動的に引き伸ばされると、
その筋が収縮する現象です。
…(詳しくは解剖生理学へお願いします。)

簡単に言うと筋肉が勢いよく伸ばされると、
伸びすぎて筋肉を痛めてしまわないように
自動的に筋肉を縮めようとします。

どのような動作になるかと言うと例えば、
ジャンプするときに膝を曲げて
前かがみになってから飛び上がる動作。
つまりジャンプするときに使う筋肉を
勢いよく伸ばしてから、
反動をつけて筋肉を縮める動作です。

勢いよく伸ばすことが必要で、
ゆっくりじわじわとでは伸張反射しません。

伸張反射の利点ですが
伸張反射による筋収縮速度は
通常の筋収縮速度よりも速くなります。
筋収縮力も能動的な通常の筋収縮力よりも
強くなります。

この伸張反射をフォワードスイングの
上腕と前腕で見てみます。
腕の回旋動作なので
回旋系の伸張反射と言います。

まず上腕の外旋と内旋です。
トロフィーポジションから
フォワードスイングの初期に
ラケットダウンの形があります。
この形は上腕が最大外旋した状態です。

トロフィーポジションから足の蹴り上げと
体軸の回旋が始まりますが、
前腕とラケットはその場に止まろうとする
慣性が働きます。
その時、肘を90度に保っていれば
上腕は外旋側にねじれます。
もし肘を鋭角にたたんでしまうと
外旋のねじれが弱くなります。
上腕の外旋.jpg
そして上腕が外旋すると内旋するための
筋肉が伸ばされるので、
伸張反射によって縮み
内旋動作につながります。

次に前腕の回外と回内です。
フォワードスイングで体軸の回旋をすると
遠心力でラケットヘッドが外に引かれます。
その時、ラケットと前腕に角度があると
前腕は回外側にねじれます。
前腕の回外.jpg
そして前腕が回外すると回内するための
筋肉が伸ばされるので、
伸張反射によって縮み
回内動作につながります。

上腕の外旋と前腕の回外は
受動的にするのがポイントです。
肘の角度や
前腕とラケットの角度は保ちつつ、
内旋や回内の筋肉が伸びやすいように
脱力している状態が理想です。

脱力具合の表現がなかなか難しいのですが、
内旋・回内が連動して起きるので
鞭のような腕のしなりができます。
ヘッドスピードが上がりますので
是非チャレンジしてください。  
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6870785

この記事へのトラックバック