にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村
テニスランキング
初心者テニスプレーヤーランキング
リンク集
検索
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
錦織選手復調とサーブの変化 by ヤマネコ (06/07)
錦織選手復調とサーブの変化 by HALSAN (06/07)
扇のイメージ by ヤマネコ (03/12)
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
顔出し無しの匿名で
こっそりブログを書いています。
プロフィール
ファン

広告

posted by fanblog

2017年09月03日

スイングプレーン

スイングプレーンについて

「スイングプレーン」とは
ゴルフスイングの説明にでてくるイメージで
仮想平面の上をクラブヘッドが動くように
スイングすることです。
今回は、この概念を通して
フォワードスイングを説明していきます。

体軸を回転軸として肩の入れ替え
(ショルダーオーバーショルダー)
をイメージにすると、
スイングプレーンAのような
平面ができます。
平面上に両肩と利き手の肘があります。
スイングプレーンA.jpg
このスイングプレーンAの
傾斜角は球種により変化します。

スピン系サーブのときは
体軸が後傾するので、
それに合わせて傾きます。
スライス系のときよりも
スピン系は傾斜角が大きくなります。
スピン系は肩の入れ替えが
縦ぎみに行われるという事です。

そして、もうひとつスイングプレーンを
イメージしましょう。
上腕と前腕を回転軸として
ラケットヘッドが通る平面です。
プロネーションをスイングプレーンB
のようにイメージします。
スイングプレーンB.jpg
スイングプレーンBの位置は
スイングプレーンAの影響を受けて
移動します。
スイングプレーンBの傾斜角で
ボールとのコンタクトの角度が決まります。

スピン系サーブのときは
体軸の後傾の影響を受け、
スイングプレーンBの傾斜角は
横に伏せた状態になります。
ボールに縦回転がかかるようになります。

スライス系サーブのときは
体軸の後傾はあまりないので、
スイングプレーンBの傾斜角は
小さくなり縦振りになります。
ボールに横回転がかかるようになります。

注意しなくてはならないのは、
スイングプレーンBは
スイングプレーンAの上に乗っています。
両肩の延長にある肘が伸展しながら、
上腕の内旋と前腕の回内で
ラケットヘッドが移動していきます。
つまりスイングプレーンAにブレがあると
スイングプレーンBがズレます。
スイングプレーン合成.jpg
スイングの再現性を高めるために
スイングプレーンを
イメージしてみてください。  
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6659089

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。