にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村
テニスランキング
初心者テニスプレーヤーランキング
検索
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
扇のイメージ by ヤマネコ (03/12)
扇のイメージ by 月さん (03/12)
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
プロフィール
ファン

2017年04月14日

球速と回転量

球速と回転量について

球速と回転量の関係について説明します。

ラケット面(スイートスポット)が
ボールの中心を通るフラットサーブは
無回転となり、ヘッドスピードを
回転量に転換せず球速に変えます。

スライスやトップスピンなど
回転をかけるサーブは、
ヘッドスピードを
球速と回転量に分配します。
簡単に図で表すと以下のようになります。
回転量の変化.png
回転量方向.JPG
ラケット面は打球方向を向いて
ボールとコンタクトするとします。
振り抜く方向がボールの中心を通ると
打球方向に無回転で飛びます。
振り抜く方向がボールの中心から
離れていくほど、
回転量が増え球速は下がっていきます。

振り抜く方向を変えるためには、
体の開き具合を変えることです。
コンタクトのとき、体の正面が
振り抜く方向を向くようにします。
回旋量方向01.JPG
回旋量方向02.jpg
フラットサーブの場合は
振り抜く方向と打球方向が同じです。
体の正面とラケット面は
同じ方向を向きコンタクトします。

回転をかけるときは
振り抜く方向に体の正面が向くようにして、
ラケット面を打球方向に向け
コンタクトします。

ラケット面の向きを打球方向にするために、
前腕の回内で調節したり、
グリップの握りを変えたりします。

トップスピンサーブのときは体軸が傾き、
反った状態なので、
体の正面の向きは、
胸の向きと言い換えた方が
分かりやすいかもしれません。
トップスピンサーブのときは、
胸が斜め上を向いて振り抜きます。
球速と回転量のNG

  • ヘッドスピード・球速・回転量の
    関係があいまい。
  • 回転量を増やすため、ただ擦っている。
  • 腕先だけコントロールして
    身体全体が連動していない。

球速と回転量のポイント

  • ヘッドスピードは
    球速と回転量に分かれる。
  • 回転量をコントロールするための
    ベクトルを理解する。
  • 球速の増減による
    飛距離の差に注意する。
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6164011

この記事へのトラックバック