にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村
テニスランキング
初心者テニスプレーヤーランキング
リンク集
検索
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
錦織選手復調とサーブの変化 by ヤマネコ (06/07)
錦織選手復調とサーブの変化 by HALSAN (06/07)
扇のイメージ by ヤマネコ (03/12)
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
顔出し無しの匿名で
こっそりブログを書いています。
プロフィール
ファン

2017年03月16日

スライスサーブ

スライスサーブについて

スライスサーブは
ボールにサイドスピン(横回転)を加えます
ボールの軌道は左に曲がりながら飛び、
低いバウンドで左に切れていくサーブです。
(右利きの場合)

スタンスはスクエアスタンスか
後足をステップインして
オープンスタンスなどもいいです。
体軸を傾ける角度が浅いので、
姿勢の維持が楽です。
グリップはコンチネンタルグリップか、
回転量を増やしたいときは
バックハンドイースタン寄りにします。
スライスサーブのトスはコンタクトのときに
利き手の肩の上あたりです。

初心者の方は、まず肘を90度にして
ラケットを担いでから振り下ろし、ボールに
バックスピンをかけてみてください。
その後、徐々に斜め上に振り上げていき、
ボールの回転をバックスピンから
サイドスピンにしていきます。
このとき、体軸の旋回を意識して
ラケットを振ることが出来るように。
バックスピン01.JPG
バックスピン02.JPG
バックスピン03.JPG
バックスピン04.JPG
スライス01.JPG
スライス02.JPG
コンタクトに向けて回内・内旋しますので、
初めラケットのグリップエンドから
ボールに向かいはじめ、
次にラケットのサイドエッジ側が
ボールに向かいます。
コンタクトのとき、ラケットの面は
打球方向に向いた状態です。
ボールが飛んでいく方向を確認しながら、
ラケットを振り切る方向を調節します。
スライスサーブ方向.jpg
ラケットを振り切る方向は
打球方向ではなく、斜め前になります。
斜め前にスイングするということは、
その軸である体軸の旋回を、
体が斜め前を向くまで旋回すること
になります。
打球方向正面まで旋回すると、
斜め前に振りぬきずらくなります。
コンタクト差スライス.JPG
スライス03.JPG
スライスサーブの確立を上げたい方は
スライス回転だけではなく
縦回転を若干加えます。
トップスライスサーブ寄りにする
ということです。
ボールの回転軸を少し傾けるために、
トスが今までより頭側に寄せます。
振り切る方向も斜め前より、
斜め上に振り切ります。
スライスサーブのNG

  • 回転のかけすぎで球速が遅い。
  • ボールを巻き込むように回転を
    かけようとする。
  • バックスピン寄りの回転で
    オーバーフォルトする。

スライスサーブのポイント

  • 斜め前に振り切るために、
    体が斜め前を向くまで旋回する。
  • 確率を上げるために縦回転を若干加える。
  • 若干縦回転寄りにして確率をあげる。
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6059810

この記事へのトラックバック