クリックで救える命がある。
クリックで救える命がある。
検索
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール
ヤマネコさんの画像
ヤマネコ
顔出し無しの匿名で
こっそりブログを書いています。
YouTubeでは少し顔出し(遠目)
プロフィール
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年12月26日

グリップの握り方

グリップの握り方について

皆さんはグリップを
どんなふうに握っているでしょうか?

力の入れ具合は「強すぎず緩すぎず」ですが
どうしても抽象的な表現になります。

グリップが手の中で遊んで動いてしまうと
サーブの再現性は上がってきません。
動かないように保持できる強さは必要です。

そして手のどこを意識しているか?
ここからは私の感覚を書きますので
参考程度に読んでください。

ラケットの面を手で感じるため、
グリップを親指第1関節のあたりと
人差し指と中指の付け根の間で
挟むように握ります。
コンチネンタルグリップ1.JPG
親指第1関節が打球面のグリップ上に
来るようにしています。
背面は人差し指と中指の付け根です。
コンチネンタルグリップ2.JPG
ここがラケットと手、
そして腕へとつながる
「要」となるところです。
ここが緩むことなくサーブ動作を行います。

参考になれば幸いです。  
 
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。