ファン
プロフィール
さんの画像

青木多香子 (社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方マスターコンサルタント、贈る手紙の会 代表、Words and Hearts(株) 代表取締役、ESSE-online連載中、NHK Eテレ「オトナヘノベル」出演、東京FMゲスト出演ほか ☆愛に満ちたことばと笑顔が世界中にあふれることを願い、「人を癒し、励まし、幸せにする」手紙を広める活動をしています。
プロフィール
ELLY95_hanatotegami_TP_V4.jpg 希望される方にお手紙をお送りします。お手紙講座、手紙グッズのリサイクル回収も行っています。 blog wh2.jpg Words and Hearts 梶@ 気持ちを伝える「手書きの手紙」 代筆・コーディネート事業のご紹介ページ
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
最新記事
nhk.jpg
NHK Eテレ オトナヘノベル「すごいぞ!手紙のチカラ」に出演しました。2016年6月16日放送。
03esse128x128.jpg
暮らしに役立つ情報満載「ESSEオンライン」で、手紙に関するコラムを担当しました。

おとなの手紙時間

(社)手紙文化振興協会代表理事の著書。私を含め、協会認定講師のカラー実例も多数紹介されています。

「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400

(社)手紙文化振興協会代表理事の新刊。「愛に満ちた言葉」でも紹介している”1行で気がきく人になる365文例メルマガ”がベースになって、さらにバージョンアップ。

In Red(インレッド) 2015年 08 月号 [雑誌]

「気持ちが伝わる手紙の書き方/お悩み解消!心をつかむ言葉術」を共同監修しました。
カテゴリアーカイブ
リンク集

2018年05月12日

【新講座】「印象アップ!おもてなしビジネス文章研究会」参加者募集中!

student.jpg

メールを受け取り
「不快」と感じた経験はありませんか。

ある調査によると、
メールを受け取り「不快」と感じた経験がある人は、
全体の4割*。

その理由として、文章が
「曖昧」「失礼」「攻撃的」「冷たい」
などが上位を占めているのだそうです。
*参考:2015年「ビジネスメール実態調査」(社)日本ビジネスメール協会調べ

文章の印象は、そのままあなたの印象に。

ビジネスを円滑に進めていくためには
「不快」と捉えられる可能性がある文章を、
好感度の高い文章に
書き換えることが不可欠です。

この講座では、
実際のビジネスシーンで
よくあるシチュエーションを取り上げ、

「書く」
 ↓
「フィードバック・添削(課題発見)」
 ↓
「書く(改善)」


を繰り返すことで、
文章力を向上させます。

目指すは、相手にとって
「わかりやすく、気遣いのある」文章

文章の印象がよくなれば、
あなた自身の印象もさらにアップ

素晴らしい人間関係を築き、
より心豊かなビジネスライフ・人生をおくる
きっかけとなる講座です。
business.jpg

主な講座内容:
お礼の文章
送付の文章
依頼の文章
お詫びの文章
案内の文章

私自身のビジネス現場での経験、
これまでの講座・研修、
通信講座や日々の大学生への添削指導をもとに、
講座内容を準備しております。

しかし、
ビジネス現場は常に変化しています。

研究会に参加される皆さまには、
日頃、仕事現場で感じられている
「こんなときはどうすればいいの?」
という疑問・質問をどんどん持ち込んでいただきたい
と思っています。

課題を一つひとつ解決し、
必要とされるライティングスキルを、
共に磨いてまいりましょう。

日程 毎月第1木曜日 10:00〜11:30
場所 千葉駅周辺

受講料 
初年度特別価格 
6か月 48,000円(税込)
6か月 24,000円(税込)
(月4000円)

体験をご希望の方は、
1回2000円(税込)でご受講いただけます。
taiken.jpg
(体験講座の様子)

※どのタイミングからでもご受講可
※ご欠席の場合、振替受講制度あり

⇒お申込みはこちら

講師プロフィール 
青木多香子
(社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方マスターコンサルタント

歌人の祖父、書家の母の影響を受け、幼少より短歌や手紙に親しむ。米国の大学でコミュニケーションを学んだ後、広報・教育の仕事に従事。2014年より手紙の書き方講師として、テレビ・ラジオ・雑誌・講座等を通じて活動。講師育成にも努める。NHK Eテレ「オトナヘノベル」・FM東京「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー」ゲスト出演、朝日新聞・日経BP社「カンパネラ」・「ゼクシィアプリ」などメディア掲載多数

特典:
1.1年間の無料メール相談
2.お勧め参考書籍1冊
3.仕事で使える!厳選した一筆箋・ハガキセット

sample2.JPG

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆
================================
【現在受付中の講座

◆手紙の書き方アドバイザー(R)1・2級座学講座 
今後のスケジュール

2018年05月10日

【企業研修】「目からウロコ」「手紙が変わる」手書きのひとこと活用研修

kenshu.JPG

ゴールデンウィーク前半、
「手書きのひとこと」活用研修
のため、大阪へ行ってまいりました。

普段から、
お仕事で手紙を書く習慣のある
受講生の皆さま。

業務の一環として書く手紙だからこそ、
時間・労力を最小限に、
しかし、
より効果的にお客様の心をつかむ
手紙の技術
について
お話してきました。

kenshu2.JPG


<受講生の声(一部)>

・どのように書いたら、相手に印象よく伝わるかなど勉強になりました。

「短く、文章をわかりやすく書く」ということを勉強させてもらいました。今後の仕事で活かしていきたいです。

・「短く、丁寧な文」のほうが、気持ちも伝わり、相手の立場になったとき、読みやすいと思いました。大変勉強になりました。

・できていたと思っていた事もできていなかったのが分かり目からウロコだった。

・相手のことを思い考えて書くことにより、「手紙が変わる」ということがわかりました。

手紙に対するハードルが下がりました。本日の内容を踏まえ、お客様との関係を深めていきます。

仕事ですぐ実践できるで勉強になりました。お客様に伝えたい気持ちを表現する言葉が見つかりました。

わかりやすさに大満足です。

・自分の手紙の良い点・悪い点がわかりました。

・文章を短く、簡潔に、そしてお客様の心をつかむ手紙を書きます!

・仕事だけでなく、プライベートでももっと手紙を書きたくなりました。

お客様との関係性をよりよいものにしようと、
熱心にご受講いただきました皆さまに、
心から感謝しております。
fujiidera.JPG

これからも全国へ、世界へ、
手紙の力を伝えてまいります!

◇(社)手紙文化振興協会
お客様の心をつかむ!手書きのひと言実践研修

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆
================================
【現在受付中の講座

◆手紙の書き方アドバイザー(R)1・2級座学講座 
今後のスケジュール

2018年04月22日

【企業研修】お客様との信頼関係を築く手書きのひとこと活用研修

20180414_7.JPG
100人の熱気で、
途中から扇風機まで投入された
「手書きのひとこと」活用研修

なかなか会えないお客様と、
「どうやってよい関係を築いていくか」

試行錯誤されている社員のみなさまに、
W手書きのひとこと"で、
気持ちを伝える技術

をお話してきました。
20180414_6.JPG
伝えるのは、情報でなく気持ち。
「一番伝えたい気持ちは何でしょう」

そんな問いかけをしながら、
業務内容に合わせて、
実践ワークを進めています。
20180414_2.jpg
伝えたい気持ちを、
限られた紙面のなかで、
短い言葉で、
どうやって書こうか…

真似て書いてみる。
自分で考えて書いてみる。

繰り返し実践することで、
手紙力を磨きます。
20180414_8.JPG

「手紙は信頼関係を築くだけでなく、
人生を豊かにします」


最初から最後まで、
自ら研修にも参加してくださった
社長さんの言葉に、
大きくうなずきました

上記の写真は先週の様子。
来週は大阪へ行ってまいります!

◇(社)手紙文化振興協会
お客様の心をつかむ!手書きのひと言実践研修

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆
================================
【現在受付中の講座

◆手紙の書き方アドバイザー(R)1・2級座学講座 
今後のスケジュール

2018年01月19日

【企業研修】広島・新潟で「手紙の力」をお伝えしてまいりました

niigata2.JPG
こんばんは。

先月、今月と、
企業研修にて、
手紙の力をお伝えする機会をいただいています。

先月は広島、
hiroshima3.JPG
そして、今月は新潟へ。
niigata(3).JPG
新潟市内でも、
8年ぶりという大雪が、
私を迎えてくれました。
niigata0.JPG
お客様の警戒をかいくぐり、
良好な信頼関係を築く
「手書きのひと言活用講座」

研修では、
・なぜ今、手書きの手紙なのか?
・手紙を構成する5つの要素
・文字を立派に見せるコツ

などの基本に加え、
ご依頼いただいた会社や、
業界におけるビジネスシーンで、
すぐに活用できるよう、
実践ワークも取り入れています。
niigata1.jpg

《受講生の声(一部)》
あまり会うことのできないお客様への挨拶、伝言等に、活用していきたいと思います。

手紙は形で残る、顔と言葉、印象がセットで残ると話され、本当にその通りだと感じました。

・実際に御礼やご案内のお手紙を送ることがあるので、実践的で学ぶことが多く、有意義なセミナーだった。

・手書きのよさに気づきました。早速お客さまに出してみたい。

・お客さま宛だけではなく、場合によっては部下など社内の相手にも「手書き」を活用したい。

・細かな気配り、一筆箋やお手紙を活用しお客さまから選ばれる人になりたい。

・手紙は、自分が思っていたよりも、もっと気軽に使えるコミュニケーションツールなのだと気づいた。

・ワークがあったり、かわいいハガキが用意されていて楽しかったです。また、いつでも質問できるような雰囲気でよかった。

受講された多くの方が、
「手書きのひと言」をすぐに活用してみたい!
という意気込みを
アンケートに書かれていました。

お客様の喜ぶ顔を思い浮かべて、
楽しみながら「手書きのひと言」を続け、
ビジネスにおける、
みなさんのチカラにしてほしいなと思います!

手紙文化振興協会
【企業・団体に(超実践的研修)】
お客様の心つかむ!営業ハガキ研修


☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆