ファン
プロフィール
さんの画像

青木多香子 国家資格キャリアコンサルタント、(社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方コンサルタント、贈る手紙の会 代表、Words and Hearts(株) 代表取締役、NHK Eテレ「オトナヘノベル」・NHKラジオ第一「ごごラジ!」・TOKYO FM「Sunday's Post」「ももいろクローバーZのSUZUKI ハッピー・クローバー」などテレビ・ラジオ出演、朝日新聞・日本経済新聞・日経BP社「カンパネラ」・「ゼクシィアプリ」などメディア掲載多数。☆愛に満ちたことばと笑顔が世界中にあふれることを願い、「人を癒し、励まし、幸せにする」手紙を広める活動をしています。
プロフィール
nhk.jpg
NHK Eテレ オトナヘノベル「すごいぞ!手紙のチカラ」に出演しました。2016年6月16日放送。
03esse128x128.jpg
暮らしに役立つ情報満載「ESSEオンライン」で、手紙に関するコラムを担当しました。

おとなの手紙時間

(社)手紙文化振興協会代表理事の著書。私を含め、協会認定講師のカラー実例も多数紹介されています。

「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400

(社)手紙文化振興協会代表理事の新刊。「愛に満ちた言葉」でも紹介している”1行で気がきく人になる365文例メルマガ”がベースになって、さらにバージョンアップ。

In Red(インレッド) 2015年 08 月号 [雑誌]

「気持ちが伝わる手紙の書き方/お悩み解消!心をつかむ言葉術」を共同監修しました。
カテゴリアーカイブ
リンク集

2019年09月21日

【追加日程のご案内】築100年の古⺠家で綴る「⼼を伝える⼿紙の書き⽅講座」

こんにちは。
虫聞きの季節ですね。

さて、今週末、福岡県築上町で開催予定の
「心を伝える手紙の書き方講座」
kouza0928.png

おかげさまで満席となりましたが、
リクエストをいただき、
翌日の朝も同内容で急遽開催することとなりました。
心を伝える手紙の書き方講座

・⼿紙の基本5ステップ
・五感を研ぎ澄ますことばのワーク
・実践⼿紙を書こう

ワーク形式で、実際に手紙を書き、
参加者同士フィードバックし合うことによって、
ことばも心も磨きます。

追加日程 2019年9月29日(日)10:00~12:00

場所 福岡県築上郡築上町1702(嶋田宅)
上城井小学校隣

参加費 3000円
(教材費・茶菓代込み)

前日28日(土)夜の
・夕食懇親会(2000円)
からのご参加も歓迎です。

お申し込みはこちら

再会も、新たな出会いもこの場所から。

自分と向き合い、
誰かを想うあたたかい手紙時間を一緒にすごしませんか。

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

手紙実例公開中 Instagram@a.takako23
手紙・旅・季節の移ろいなど Instagram@a.takakon

2019年08月10日

【福岡・開催案内】築100年の古⺠家で綴る「⼼を伝える⼿紙の書き⽅講座」

kouza0928.png

こんにちは。
青い空と白い雲、
セミの声響く夏の日々、
お変わりなくおすごしですか。

さて、今年も福岡県築上町にある
築100年の古民家にお招きいただき、
「心を伝える手紙の書き方講座」
を開催することとなりました。

今年3回目の開催となります。

会場は、築上町の画家故・嶋田隆さんの
画廊でもある古民家。

秋の気配を感じつつ、
どこか懐かしい古民家で、
自分と向き合い、
誰かを想う時間を一緒にすごしませんか。

心を伝える手紙の書き方講座

・⼿紙の基本5ステップ
・五感を研ぎ澄ますことばのワーク
・実践⼿紙を書こう

ワーク形式で、実際に手紙を書き、
参加者同士フィードバックし合うことによって、
ことばも心も磨きます。

日時 2019年9月28日(土)14:30-16:30
満員御礼 9月29日(日)10:00-12:00の追加開催をご用意しました!

場所 福岡県築上郡築上町1702(嶋田宅)

上城井小学校隣

参加費 3000円
(教材費・茶菓代込み)

講座修了後はオプションで、
・夕食懇親会(2000円)
もご用意しています。

遠くからお越しの方は、
ゲストルームに宿泊も可能です。
(朝食付き1000円)

お申し込みはこちら

再会も、新たな出会いもこの場所から。
涼しくなるころに、築上町でお会いしましょう。

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2019年07月15日

【開催報告・次回のご案内】贈る手紙の会勉強会

7月の贈る手紙の会勉強会を開催しました。
benkyokai3.JPG

今回のテーマは
「夏のお便り」と「ガラスペン」。

日本の風鈴職人さんが考案したガラスペン。
色や形といったら見た目の違いもさまざまですが、
書き比べると、またその書き心地も
一本一本全く違い興味深いですね。
benkyokai6.JPG

「喜んでいただけるかな」
「驚くかな」「反応が楽しみ♪」と
各々の手紙を書き上げる手紙時間はあっという間でした。
benkyokai4.JPG

勉強会で使用しました手紙アイテムの多くは、
贈る手紙の会への寄付から成り立っています。
お送りいただきました皆さまに心から感謝申し上げます。
benkyokai2.JPG

benkyokai1.JPG


次回の勉強会は、
8月22日(木)13時〜

場所は千葉市生涯学習センター、
テーマは一筆箋「児童養護施設の子どもたちへひと言添えよう」です。
終了しました

対象 贈る手紙の会会員、会の活動にご興味のある方
持ち物 手紙を書くための筆記具
(お持ちの方は万年筆をお持ちください)
参加費用 1000円(税込)(贈る手紙の会 会員500円)
※当日会場でお支払いください(現金払い)

ご興味ある方は、
・お名前(ふりがな)
・メールアドレス
を贈る手紙の会 事務局までご連絡ください。
tegamigift@gmail.com
benkyokai.JPG

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2019年07月05日

【開催案内】7/14贈る手紙の会 勉強会

study2.jpg

こんにちは。

贈る手紙の会主催の「手紙の書き方勉強会」
を下記の日程で開催いたします。

日時 7月14日(日)9:50〜11:30
終了いたしました

場所 千葉市生涯学習センター3階 ミーティングルーム
講師 青木多香子
(贈る手紙の会代表・(社)手紙文化振興協会認定講師)
対象 贈る手紙の会会員、会の活動にご興味のある方
持ち物 手紙を書くための筆記具
(お持ちの方は万年筆をお持ちください)
参加費用 1000円(税込)(贈る手紙の会 会員500円)
※当日会場でお支払いください(現金払い)

今回は「手紙の書き方 5つのステップ」で基礎を学び、
実践編として、
夏のお便りに取り組みます。

いろんなインクの色を楽しめるガラスペンもご用意しています。

お申し込みは下記へ
・お名前(ふりがな)
・メールアドレス
・当日の緊急連絡先
・ご質問(あれば)
をお知らせください。

終了いたしました。
次回は8月22日(木)13時〜です。


連絡先:
贈る手紙の会 事務局
tegamigift@gmail.com
glass pen.jpg

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆
================================
【7月末まで!クラウドファンディングキャンペーン】
「児童養護等の子どもたち・退所者の笑顔を増やしたい!」
応援・拡散お願いいたします!

2019年05月15日

【開催案内】6/13手紙の書き方勉強会〜感謝の手紙・梅雨見舞い

こんにちは。

不定期開催しております
贈る手紙の会「手紙の書き方勉強会」

リクエストを受けて、
下記の日程で開催することとなりました。
benkyokai.JPG

日時 6月13日(木)13:00〜14:40

場所 千葉市生涯学習センター3階 ミーティングルーム
講師 青木多香子
(贈る手紙の会代表・(社)手紙文化振興協会認定講師)
対象 贈る手紙の会会員、会の活動にご興味のある方
定員 8名→好評につき増席満員御礼
持ち物 手紙を書くための筆記具
(お持ちの方は万年筆をお持ちください)
参加費用 1000円(税込)

今回は「手紙の書き方 5つのステップ」で基礎を学び、
実践編として、
感謝の手紙梅雨見舞いに取り組みます。

お問い合わせについては、
事務局までご連絡ください。

連絡先:
贈る手紙の会 事務局
tegamigift@gmail.com

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年11月18日

【福岡・天神講座 開催報告】「気持ちをこめた文言があふれだす」「素晴らしい時間を手紙は与えてくれます」

こんにちは。
IMG_E2145.JPG

明治の洋館「福岡市赤煉瓦文化館」での、
「気持ちが伝わる年賀状の書き方講座」が、
おかげさまで無事終了いたしました。

今回の講座では、
「手紙の基本 5つのステップ」をはじめ、
「年賀状の文章の書き方」
「喪中見舞い」

を学び、さらにこの洋館が建築された明治の時代にはじまった、
郵便制度のお話や郵便葉書の語源となった
「多羅葉(たらよう)」にも話が広がりました。
IMG_2156.JPG

後半は実践ワークの時間。
IMG_2124.JPG

それぞれが誰かを想う手紙時間。

カードやシール等の文具は、
「贈る手紙の会」にご寄付いただいたものも、
使わせていただきました。

参加者の声(一部ご紹介):
「書かなきゃいけないという気持ちが、
手紙を書きたいというワクワクに変わりました。お手紙を書く楽しさを教えていただきました。ありがとうございました。(50代、Y.Nさん)」

「はがきを手で書くことで、相手をイメージし気持ちをこめた文言があふれだす感覚で楽しかった。伝わる・つながるって感覚はこういうものなのでしょう。(50代、ましゃさん)」

「パソコンでの作成が多いので送る人の事だとか考えずにやっていました。文章もテキトーに書いていたので今年は年賀状の時間というのを作って送る人(相手)の事を考えながら作成したいなぁ〜と思いました。(40代、Y.Oさん)」

「郵便制度の始まりのこと、多羅葉のこと、喪中見舞いの件などたくさん教えて頂きました。ありがとうございました。(50代、N.Nさん)」

相手のことも、言葉を選ぶ自分のこともじっくりと見つめることができる、素晴らしい時間を手紙は与えてくれます。気づかせて頂いて感謝しております。(50代、K.Nさん)」

「参加の皆様と大変有意義な時間をすごせました。皆様ワクワクキラキラされてましたね。次回までに、万年筆を購入します!!」(50代、T.Nさん)」

IMG_E2152.JPG
IMG_2126.JPG
ワークやシェアの時間には、
受講者同士の学び合いも大いにあり。
「なるほど!そんなシールやマステの使い方が!?」
と皆さんの発想力に私自身も学ばせていただきました。
IMG_2128.JPG
IMG_E2153.JPG
IMG_E2130.JPG
IMG_E2132.JPG

素晴らしい手紙時間を共有してくださった皆さま、
本当にありがとうございました

多羅葉の葉の実験⁈については、
あらためて掲載します。お楽しみに!

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年10月16日

【講座案内】建築家・辰野金吾の設計したレトロモダンな洋館で「気持ちが伝わる年賀状の書き方講座」(福岡・天神)

こんにちは。

先日の福岡・築上講座に引き続き、
「福岡市内でも講座を開催してほしい」
とのご依頼をいただき、
天神講座の開催が決定しました!

ご用意いただいた会場は、
建築家・辰野金吾によって建築された明治の洋館
「福岡市赤煉瓦文化館(通称:赤煉瓦館)」
akarenga.jpg
(写真は福岡市総合図書館HPより)

辰野金吾といえば、東京駅や日本銀行本店を建築した、
日本を代表する建築家。しかも佐賀県出身!

美しさと力強さを感じる
赤煉瓦館の写真を見せていただいただけで、
もうワクワクが止まりません。

今回の講座では、
「季節の便り」をテーマに取り上げます。
・年賀状
・クリスマスカード

の他、いたわる心を伝える
・喪中見舞い
などについて、ワークを交えながら学びます。

自分らしい一言を書き添えて、
大切な方たちとの
より深く豊かな関係づくりに。

手紙を綴ることで、
ことばを磨き、心も磨き、
自分ともまわりの人とも
いい関係づくりをすることができると信じています。

美しく優雅雰囲気のお部屋で、
誰かを想い手紙をしたためる
心豊かな時間を一緒にすごしませんか。

【講座名】気持ちが伝わる年賀状の書き方講座

【講師】手紙の書き方マスターコンサルタント 青木多香子

【日時】11月17日(土)18:45〜20:30

【場所】福岡市赤煉瓦文化館(通称:赤煉瓦館)

【受講料】3500円
(教材費込・茶菓子付)

満員御礼となりました

過去の講座の様子:
kouza.JPG

kouza3.JPG

loveletter3-thumbnail2.jpg

ご参考:
◆「maico」で紹介されました「気持ちが伝わる年賀状の書き方講座」

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年10月15日

【開催報告】福岡・築上町で「心を伝える手紙の書き方講座」

kouza3.JPG

こんにちは。
爽やかな秋晴れの朝を、
今日は鳥栖の実家で迎えました。

先週末は福岡・築上町へ出張講座。

ススキ、コスモス、ジュズダマ、アケビ、
夜は鹿の鳴き声が聞こえてくる
自然に包まれた築上町の古民家で、
「心を伝える手紙の書き方講座」
を開催しました。

今回は「お礼の一言を一筆箋に書く」
「しばらく連絡を取っていないあの人にハガキを書こう」
という二つのテーマに挑戦。

一筆箋・ハガキという限られた紙面に、
伝えたいことを短いフレーズに
ぎゅっとまとめる難しさもありますが、
だからこそ、何を一番に伝えたいか、
考えることもできます。

とはいえ、気持ちを伝える手段は文章だけにあらず
文章以外の、手紙の4つの要素についても学んでいただきました。

手紙好きさんもいらっしゃり、
手紙エピソードを共有できることも、
こうした講座の楽しみですね。
kouza2.JPG


「手紙を書く時は伝えたい事が多くてまとまりが難しく感じていました。気持ちを等身大の気楽な言葉で書いてもよいと教えていただき、手紙を書きたい!!と強く思いました」

相手を思いやる一言、文章が大切なのだとあらためて実感しました。これからもステキな手紙が書けるよう勉強します。」

「言葉のワーク、引き出しを増やすのにとても役立ちました。」

和気あいあいの雰囲気がよかったです。わかりやすく具体的な内容、実践に生きます。」

「青木先生の講座は何度受けてもいつも発見があり楽しい!」
と受講生から嬉しい言葉をいただきました。

毎回の講座での出会いや再会の喜び、
いただく言葉は、私の原動力にもなっています。

ご受講いただき、本当にありがとうございます

夜は受講生のみなさんと一緒に大楠コンサートへ。
ookusu concert.JPG
ライトに照らされ浮き上がった大楠
(国の天然記念物・本庄の大楠)に見守られながら、
重なり合う弦楽器とテノールの美しく繊細な響きに
吸い込まれました。

すでに再受講や来年こそはと、
3回目開催のリクエストをいただき、
来年は9月下旬に開催予定!
次回もお楽しみに♪

kouza.JPG
講座中も、つくばいの水の音が響いていました。

kouza4.JPG

温かみある古民家、地元食材を使った彩り豊かな夕食をご提供くださったお二人と、受講生さんと。

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年08月20日

【開催案内】今年も開催!福岡・築100年の古民家にて「心を伝える手紙の書き方講座」

こんにちは。

昨年に続き・・・

今年も、
福岡県築上町にある
築100年の古民家
にて
「手紙の書き方講座」開催が決定いたしました!

会場は、築上町の画家故・嶋田隆さんの画廊でもある古民家。
fukuoka.JPG

つくばいの水音が聞こえる
昔懐かしく穏やかな雰囲気の和室です。

テーマは、
日常生活ですぐに実践できる
「心を伝える手紙の書き方」


ワーク形式で、
手紙を書き、参加者同士フィードバックすることによって、
相手を想う心をカタチにする手紙力と同時に、
言葉力も磨きます。

いつもと違う特別な空間で、
相手を想う時間、
自分と向き合う時間を一緒にすごしませんか。

20171014_1.jpg
昨年参加してくださった皆さまのお声です↓

「気持ちを文字に変えて伝えることの大切さを
再確認しました。
普段の慌ただしさを少し止めて、
ペンを持ちたい
と思います。」
(OLIVIAさん)

「濃密な講座をありがとうございました。
とても億劫に感じていた”手紙を書く”ということが、
講座後、軽やかに書けそうになりました。」
(まりさん)

「今まで知らなかった事もあり、
大変勉強になりました。
何十年も間違ったままで使っていた事が
とても恥ずかしいと思いました。
今後、手紙を出す折には、
正しく書いていこうと思います。」
(C.F.さん)

「今回講座を受けたことで、
また手紙を書きたいという気持ちになりました。
もっと言葉にアンテナをはり、
自分も相手も心地よい手紙を書いていきたい
と思います。

「青木先生の講座を受けるのは2回目でしたが、
先生のあたたかい雰囲気と楽しい内容に
たくさんの気付きをいただきました。
ありがとうございました。」
(M.K.さん)

日時 2018年10月13日(土)14:30-16:30

場所 福岡県築上郡築上町

(お申込み後、詳細をご案内します)

参加費 3000円
(教材費・茶菓代込み)

講座修了後はオプションで、
・17:00~国の天然記念物「本庄の大楠」前で開催される「大楠コンサート」(入場料1000円)
・コンサート終了後、夕食懇親会(2000円)
もご用意。

遠くからお越しの方は、
ゲストルームに宿泊も可能です。
(朝食付き1000円)


終了しました

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年07月24日

【開催報告】夏のおたより講座in東京

こんにちは。
記録的な猛暑が続いていますが、
みなさま、いかがおすごしでしょうか。

さて、去る21日、KITTE内カフェにて
「夏のおたより講座」を開催しました。
cards.jpg

花火・金魚・海・カモメなど
季節にちなんだ手紙グッズに囲まれて、
講座では、
”手紙の書き方5つのステップ”を意識した
実際に手紙を書く実践ワークに取り組みました。

今回は「夏のおたより」にも使える
「清涼感を伝える表現」
「元気になる・心和む表現」
を探す自分らしい言葉を磨くワークにも
挑戦してもらいました。

みなさんに探してもらった表現を、
聞いているだけで、
涼しげな風が吹いてくるようでした

清涼感のあるハガキや便箋に、
自分らしく相手を想う言葉を添えて、
夏のおたよりをおくってはいかがでしょう。

kouza.jpg

受講生のお声:
「新しい発見がありました。
・一筆箋の縦横使いのやり方など
・涼しげなインクの色をひとつ覚えました
・まだまだ知らない言葉・表現の見つけ方がありました」

「一緒に講座を受けた方と情報交換できました。
お手紙の輪が広がるのがとても楽しいです。」

「夏のお便りに使える言葉の表現について
学べ良かったです。
マンネリになりがちなあいさつ部分などの
新鮮な表現を学べました。


さらに、参加してくださった
400字劇場作家の岳谷鈴女さんが、
ご自身のブログでレビュー記事を、
紹介してくださいました。
岳谷さんの記事はこちら

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆