ファン
プロフィール
さんの画像

青木多香子 (社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方マスターコンサルタント、贈る手紙の会 代表、Words and Hearts(株) 代表取締役、ESSE-online連載中、NHK Eテレ「オトナヘノベル」出演、東京FMゲスト出演ほか ☆愛に満ちたことばと笑顔が世界中にあふれることを願い、「人を癒し、励まし、幸せにする」手紙を広める活動をしています。
プロフィール
ELLY95_hanatotegami_TP_V4.jpg 希望される方にお手紙をお送りします。お手紙講座、手紙グッズのリサイクル回収も行っています。
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
最新記事
nhk.jpg
NHK Eテレ オトナヘノベル「すごいぞ!手紙のチカラ」に出演しました。2016年6月16日放送。
03esse128x128.jpg
暮らしに役立つ情報満載「ESSEオンライン」で、手紙に関するコラムを担当しました。

おとなの手紙時間

(社)手紙文化振興協会代表理事の著書。私を含め、協会認定講師のカラー実例も多数紹介されています。

「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400

(社)手紙文化振興協会代表理事の新刊。「愛に満ちた言葉」でも紹介している”1行で気がきく人になる365文例メルマガ”がベースになって、さらにバージョンアップ。

In Red(インレッド) 2015年 08 月号 [雑誌]

「気持ちが伝わる手紙の書き方/お悩み解消!心をつかむ言葉術」を共同監修しました。
カテゴリアーカイブ
リンク集

2018年04月02日

【ご案内】コトダマで綴られる子どもたちの手紙から

kodomo.jpg

こんにちは。
さて、今日はコラムのご案内です。

博報堂クリエイティブプロデューサーの
ひきたよしあきさんが、
4月から
「こどものコトダマ」
というコラム連載を始められました。

朝日小学生新聞をきっかけに、
子どもたちとの文通が始まり4年。

ひきたさんのもとには、
毎週たくさんの手紙が届くそうです。
(ときには週に90通も!)

手紙に綴られる
子どもたちのことばと、
そこに込められた思い。

それを、
ひきたさんが、がしっと受けとめ、
愛用の万年筆のインクを通って、
このコラム記事になるのかなと
想像(妄想)しています。

今後も記事が楽しみ

ちなみに、このコラムは、
「博報財団」のサイト内にあります。

この財団は「ことばの力」を根幹に置き、
「子どもたちの成長に寄与し、
豊かな人間性教育を支援することを目指し」

て活動している財団です。

トップページにあるメッセージ
「ことばの力を生きる力へ」
に強く共感しています。

《ご参考》博報財団((公財)博報児童教育振興会)
メルマガはこちら↓
https://www.hakuhofoundation.or.jp/mailmag/

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年03月24日

【認定講座】手紙の書き方アドバイザー(R)1級講座を開催〜新しい世界が開かれた!

tegami1kyu.JPG

こんにちは。

花日和の土曜日、
東京・東銀座にある
手紙寺 證大寺 手紙処 GINZAにて
(社)手紙文化振興協会の
「手紙の書き方アドバイザー(R)1級認定講座」
が開催されました。

今回は、
神奈川・福岡から参加してくださいました。

それぞれの“手紙にまつわる物語”があり、
心に灯をともしてきた”手紙”

手紙の力をあらためて実感する
あたたかい時間・空間になりました。

【受講生された方の声】

・手紙の楽しみ方の様々な視点を
教えていただけました。
新しい世界が開かれたと思っています。

いつも一人で書いている手紙ですが、
誰かと手紙についての思い・知識を
共有する体験も新鮮でした。

・一つのことを表す言葉の選び方も様々。
表現を豊かにしていきたいです。

・基本となる5つのステップを常に頭において、
これからもライフワークとなる存在にしていきたいです。

tegami1kyu2.JPG


◆(社)手紙文化振興協会の認定講座については、
こちらをご覧ください。

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年03月20日

【マステ】「二十四節気・春分」という名のマスキングテープ

bgm1.JPG

春分の日の「春分」は、
二十四節気(にじゅうしせっき)の一つ。

二十四節気は、
1年を春夏秋冬の4つの季節で分け、
それを6つに分けたものです。

先日、「春分」という名の
マステを見つけました。

素材は和紙。
イラストのタッチも、
和紙のように柔らかに描かれています。

「あの伊予和紙の葉書に合わせようか・・」
「こっちの桜の花びらの便箋に合わせようか・・」

なんて考える穏やかな時間も
私の好きな手紙時間です。

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年03月17日

【麗らか】うららか

222-2.jpg
「うららかな春の日」
なんて言いたくなる日が、
増えてくるころでしょうか。

空が晴れて明るく照っている様子、
さらに、
心が晴れ晴れとして明るい状態をいうときに、
使う言葉で、
春の季語なのだそうです。

写真は、少し前にいただいた、
桜の絵柄のお便り。

桜のもとでまどろむ猫さん、
猫の切手に、
肉球の初日印も押印してあり、
猫好きの私にはたまらない可愛さです
222.jpg

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年03月06日

【春北風】はるきた・はるならい

yukiyanagi.jpg

春に吹く冷たい北風を
「春北風」
といいます。

「はるきたかぜ」
と呼ぶのではなく
「はるきた」「はるならい」
と読むそうです。

すっかり春らしくなったなと思っていたら、
寒が戻る。

そしてまた、
あたたかい日が戻り・・を繰り返しながら、
春本番を迎える準備をしているのでしょうか。

寒暖差もありますので、
みなさま、くれぐれもご自愛くださいね。

(参考:『手紙にそえる季節の言葉365日』)

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年03月04日

【講座案内】3行で気持ちを伝える 一筆箋の上手な使い方

harukouza.jpg

こんにちは。

今日は3月開催講座のご案内です。

「3行で気持ちを伝える 一筆箋の上手な使い方」

お礼やお祝い、
書類の送付の際などにひとこと添えたい一筆箋。

大切な方たちとのより豊かな関係づくりに役立つ、
3行で気持ちを伝えるコツ、
喜ばれる手紙のポイントについて学びます。

講座では、言葉を磨くワークや、
見るだけでワクワクする一筆箋を使った実習も
取り入れています。

ルールやマナーにとらわれず、
自分らしく、
気持ちを表現する手紙時間を一緒にすごしませんか

【日時】3/26(月)13:00〜14:30
【場所】NHK文化センター千葉教室


☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年03月03日

【弥生】桃の節句に

こんにちは。
コートがなくても、
外を歩ける日が増えてきましたね。

3月の旧暦「弥生」は、
「いや・おい」から生まれた言葉。
草木がいよいよ芽吹くという意味だそうです。
(参考「話したい、使いたい心ときめくことばの12か月」KADOKAWA)

寒さがゆるんだ今日は、
主人と長めの散歩。

紅白の梅は満開。
木蓮にはふさふさした蕾が膨らみ、
道端の小さな春の花が咲き始めていました。

散歩の後は・・・
sakuramochi.jpg

桃の節句ということで、
ちょっと欲張って
桜餅と苺大福をいただきました

地元千葉、
「栗山菓舗」の和菓子です。

大福は、
千葉県産のもち米を使っていて、
昭和9年の創業以来「手づくり」。

代々受け継がれてきた
思いを込めたお菓子づくりが、
味にカタチにあらわれて、
長くお客さまの心をとらえているのでしょうね。

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年02月21日

【春を待つことば】春の兆しにときめく

ume.jpg
こんにちは。

一日の仕事を終えて、
外に出るとまだ明るい。
日一日と日脚が伸びています。

枯草の中に、
黄色い菜の花が咲いている。

桜の蕾がふくらみ始めている。

こんな、
春へ向かう小さな変化に、
心が弾みます。

みなさま、いかがおすごしでしょうか。

週末は、梅見に行ってまいりました。

昨年に比べ、
開花は遅れていましたが、
今年も、冷たい空気の中、
凛と美しく咲き始めていました。
umemi.jpg
光に透く花びらとその重なり、
はじけそうな真っ赤な蕾を見つめ、
静かに香りを聞く、
梅見が好きです。
ume2.jpg
春遠からじ
「冬来たりなば春遠からじ」で知られ、
「厳しい冬はいつまでも続くわけではなく、
春はもうすぐそこ」という意味です。

春の兆しを楽しみつつ、
新しい季節を待ちましょう。

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年01月20日

【こころふせん】お土産にひとこと添えて

niigata.JPG
「こころふせん」という付箋、
ご存知ですか。

「ありがとう」
「ほんのきもち」
「おつかれさま」

などがあって、
ちょっとしたプレゼントに、
ひとこと添えたいときに、
使っています。

職場や家庭で、
日ごろの感謝の気持ちを伝える
いい機会にもなりますね


☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆
posted by tegamigift at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月19日

【企業研修】広島・新潟で「手紙の力」をお伝えしてまいりました

niigata2.JPG
こんばんは。

先月、今月と、
企業研修にて、
手紙の力をお伝えする機会をいただいています。

先月は広島、
hiroshima3.JPG
そして、今月は新潟へ。
niigata(3).JPG
新潟市内でも、
8年ぶりという大雪が、
私を迎えてくれました。
niigata0.JPG
お客様の警戒をかいくぐり、
良好な信頼関係を築く
「手書きのひと言活用講座」

研修では、
・なぜ今、手書きの手紙なのか?
・手紙を構成する5つの要素
・文字を立派に見せるコツ

などの基本に加え、
ご依頼いただいた会社や、
業界におけるビジネスシーンで、
すぐに活用できるよう、
実践ワークも取り入れています。
niigata1.jpg

《受講生の声(一部)》
あまり会うことのできないお客様への挨拶、伝言等に、活用していきたいと思います。

手紙は形で残る、顔と言葉、印象がセットで残ると話され、本当にその通りだと感じました。

・実際に御礼やご案内のお手紙を送ることがあるので、実践的で学ぶことが多く、有意義なセミナーだった。

・手書きのよさに気づきました。早速お客さまに出してみたい。

・お客さま宛だけではなく、場合によっては部下など社内の相手にも「手書き」を活用したい。

・細かな気配り、一筆箋やお手紙を活用しお客さまから選ばれる人になりたい。

・手紙は、自分が思っていたよりも、もっと気軽に使えるコミュニケーションツールなのだと気づいた。

・ワークがあったり、かわいいハガキが用意されていて楽しかったです。また、いつでも質問できるような雰囲気でよかった。

受講された多くの方が、
「手書きのひと言」をすぐに活用してみたい!
という意気込みを
アンケートに書かれていました。

お客様の喜ぶ顔を思い浮かべて、
楽しみながら「手書きのひと言」を続け、
ビジネスにおける、
みなさんのチカラにしてほしいなと思います!

手紙文化振興協会
【企業・団体に(超実践的研修)】
お客様の心つかむ!営業ハガキ研修


☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆