ファン
プロフィール
さんの画像

青木多香子 (社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方マスターコンサルタント、贈る手紙の会 代表、Words and Hearts(株) 代表取締役、ESSE-online連載中、NHK Eテレ「オトナヘノベル」出演、東京FMゲスト出演ほか ☆愛に満ちたことばと笑顔が世界中にあふれることを願い、「人を癒し、励まし、幸せにする」手紙を広める活動をしています。
プロフィール
ELLY95_hanatotegami_TP_V4.jpg 希望される方にお手紙をお送りします。お手紙講座、手紙グッズのリサイクル回収も行っています。 blog wh2.jpg Words and Hearts 梶@ 気持ちを伝える「手書きの手紙」 代筆・コーディネート事業のご紹介ページ
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
検索
最新記事
nhk.jpg
NHK Eテレ オトナヘノベル「すごいぞ!手紙のチカラ」に出演しました。2016年6月16日放送。
03esse128x128.jpg
暮らしに役立つ情報満載「ESSEオンライン」で、手紙に関するコラム連載(不定期)を担当することになりました!お楽しみに♪

おとなの手紙時間

(社)手紙文化振興協会代表理事の著書。私を含め、協会認定講師のカラー実例も多数紹介されています。

「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400

(社)手紙文化振興協会代表理事の新刊。「愛に満ちた言葉」でも紹介している”1行で気がきく人になる365文例メルマガ”がベースになって、さらにバージョンアップ。

In Red(インレッド) 2015年 08 月号 [雑誌]

「気持ちが伝わる手紙の書き方/お悩み解消!心をつかむ言葉術」を共同監修しました。
カテゴリアーカイブ
リンク集

2018年02月21日

【春を待つことば】春の兆しにときめく

ume.jpg
こんにちは。

一日の仕事を終えて、
外に出るとまだ明るい。
日一日と日脚が伸びています。

枯草の中に、
黄色い菜の花が咲いている。

桜の蕾がふくらみ始めている。

こんな、
春へ向かう小さな変化に、
心が弾みます。

みなさま、いかがおすごしでしょうか。

週末は、梅見に行ってまいりました。

昨年に比べ、
開花は遅れていましたが、
今年も、冷たい空気の中、
凛と美しく咲き始めていました。
umemi.jpg
光に透く花びらとその重なり、
はじけそうな真っ赤な蕾を見つめ、
静かに香りを聞く、
梅見が好きです。
ume2.jpg
春遠からじ
「冬来たりなば春遠からじ」で知られ、
「厳しい冬はいつまでも続くわけではなく、
春はもうすぐそこ」という意味です。

春の兆しを楽しみつつ、
新しい季節を待ちましょう。

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆
posted by tegamigift at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば

2018年01月20日

【こころふせん】お土産にひとこと添えて

niigata.JPG
「こころふせん」という付箋、
ご存知ですか。

「ありがとう」
「ほんのきもち」
「おつかれさま」

などがあって、
ちょっとしたプレゼントに、
ひとこと添えたいときに、
使っています。

職場や家庭で、
日ごろの感謝の気持ちを伝える
いい機会にもなりますね


☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆
posted by tegamigift at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ふせん

2018年01月19日

【企業研修】広島・新潟で「手紙の力」をお伝えしてまいりました

niigata2.JPG
こんばんは。

先月、今月と、
企業研修にて、
手紙の力をお伝えする機会をいただいています。

先月は広島、
hiroshima3.JPG
そして、今月は新潟へ。
niigata(3).JPG
新潟市内でも、
8年ぶりという大雪が、
私を迎えてくれました。
niigata0.JPG
お客様の警戒をかいくぐり、
良好な信頼関係を築く
「手書きのひと言活用講座」

研修では、
・なぜ今、手書きの手紙なのか?
・手紙を構成する5つの要素
・文字を立派に見せるコツ

などの基本に加え、
ご依頼いただいた会社や、
業界におけるビジネスシーンで、
すぐに活用できるよう、
実践ワークも取り入れています。
niigata1.jpg

《受講生の声(一部)》
あまり会うことのできないお客様への挨拶、伝言等に、活用していきたいと思います。

手紙は形で残る、顔と言葉、印象がセットで残ると話され、本当にその通りだと感じました。

・実際に御礼やご案内のお手紙を送ることがあるので、実践的で学ぶことが多く、有意義なセミナーだった。

・手書きのよさに気づきました。早速お客さまに出してみたい。

・お客さま宛だけではなく、場合によっては部下など社内の相手にも「手書き」を活用したい。

・細かな気配り、一筆箋やお手紙を活用しお客さまから選ばれる人になりたい。

・手紙は、自分が思っていたよりも、もっと気軽に使えるコミュニケーションツールなのだと気づいた。

・ワークがあったり、かわいいハガキが用意されていて楽しかったです。また、いつでも質問できるような雰囲気でよかった。

受講された多くの方が、
「手書きのひと言」をすぐに活用してみたい!
という意気込みを
アンケートに書かれていました。

お客様の喜ぶ顔を思い浮かべて、
楽しみながら「手書きのひと言」を続け、
ビジネスにおける、
みなさんのチカラにしてほしいなと思います!

手紙文化振興協会
【企業・団体に(超実践的研修)】
お客様の心つかむ!営業ハガキ研修


☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年01月17日

【認定講座】手紙の書き方アドバイザー(R)1級講座を開催

nintei1.jpg

こんにちは。

先日、東京・東銀座にある
手紙寺 證大寺 手紙処 GINZAにて
(社)手紙文化振興協会の
「手紙の書き方アドバイザー(R)1級認定講座」
が開催されました。

新年最初の認定講座には、
東京、佐賀、愛知からの受講生さんと
ご縁をいただきました。

1級の座学講座では、
手紙を構成する5つの要素や、
郵便の歴史などを体系的に学びます。

また、言葉のセンスを磨くトレーニングも行います。
nintei3.jpg

<受講生された方の声>

「本日の講座とても楽しかったです!!
たくさんのワークが特によかったです。
実際にやってみると身につくし、
何よりも楽しい。

手紙の書き方だけでなく、歴史まで学ぶことができ、
より手紙の事が好きになりました。
本当にありがとうございました。」

ワークが楽しかった!
一枚の一筆箋でも、
受け手により感じ方が変わるのが面白かった。
手紙をかく(書く、描く)楽しさを伝えていきたい。

「通信講座は自分との戦いでしたが、
今回の座学で、
楽しく考えながら学ぶことができました。

優しく微笑みながら指導して頂きました。
否定することなく、正しい答えに導いて頂き、
ありがとうございます。」

自分の「好き」を深める楽しさ。
自分で楽しむだけでなく、
伝えていくことで、人に喜んでもらえることが、
嬉しく、ありがたいことだなと実感しています。

共通の「好き」でつながった
新たな手紙の仲間との出会いにも感謝しています。
nintei2.jpg


☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年01月15日

【メディア】日経BP「カンパネラ」インタービュー記事が紹介されました

カンパネラ記事.jpg


本日、日経BP「カンパネラ」の
「生きるチカラの強い女性へ」に
インタビュー記事が掲載されました!

ひきたよしあきさんに
インタビューをしていただき、
これまでの人生を振り返る貴重な機会になりました。

人生の歩みのなかの点と点。
それがつながって、
今の私があることを、あらためて実感しました。

感謝しかありません。

ぜひご一読ください。
カンパネラ
「生きるチカラの強い女性へ」
処方箋6

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年01月07日

【講座案内】☆新春特別☆手紙の書き方講座〜心をとらえるテクニック〜

こんにちは。

博報堂クリエイティブ・ディレクターの
ひきたよしあきさんとお届けする、
新春特別講座の開催が決定しました!

手紙の書き方特別講座
〜心をとらえるテクニック〜


【心をわしずかみのテクニック】

自分の気持ちを伝えるだけで終わらない。
2時間で、
相手の心をガシッとつかむテクニックを学びます。

講師は、博報堂クリエイティブ・ディレクターの
ひきたよしあきさんと、
手紙の書き方マスターコンサルタントの青木多香子。
hikitay-san.jpg
aokitaka.jpg

講座では、参加者のみなさんに、
ひきたさんへ(男性は青木へ)の
手紙を書いてもらいます。

〜すでに友達ではあるけれど、
誕生日をきかっけに、
関係を一歩進めたいラブレター〜

という設定(!)です。

【考えて学ぶワークショップ形式】

文章はもちろん、
どんなカードや便箋を準備するのか、
筆記具は?インクの色は?など、
それぞれ、こだわりのポイント、
表現方法があるでしょう。

それをみんなで共有し、
お互いにフィードバック。

「手紙って他人に見せるものじゃない」
「見せたくない!」
という気持ち、よくわかります。

しかし、普段見せないものだからこそ、
独りよがりになりがち。
いろいろな視点で見ることで、
得るものも大きいと期待しています!

【使える!心をとらえるテクニック】

この講座で学ぶ
「心をつかむテクニック」は、
手紙にとどまりません。
メールやSNSの投稿、企画書をつくるときにも、
活かせるヒントが、きっと見つかるはずです。

ご参加お待ちしております。
IMG_8784.JPG

■日時 2018年1月28日(日)14:30〜16:30 

■場所 パルスギャラリー(東京・神楽坂)

■料金 5,000円
※ひきたさん&青木の手紙実例、厳選したレターセット・カード等のプレゼント付

■定員 8名 満員御礼・キャンセル待ちの方は、その旨メッセージをつけて、お申込みください

お申込みはこちら

※17:00から、近くで懇親会も兼ねた新年会を予定しています。(料金別)
もちろん講師も参加します!

お申込みはこちら

【講師プロフィール】

◆ひきたよしあき
1960年生まれ
株式会社博報堂でクリエイティブ・プロデューサーとして働く傍らで、明治大学で講師を勤める。現在、朝日小学生新聞にコラム「机の前に貼る一行」、日経BP「カンパネラ」に「生きる力の強い女性へ」を執筆中。著書に「あなたは言葉でできている」(実業之日本社)「ゆっくり前へ ことばの玩具箱」(京都書房)」「大勢の中のあなたへ」(朝日新聞出版)がある。

◆青木多香子
1976年生まれ
(社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方マスターコンサルタント。歌人の祖父、書家の母の影響を受け、幼少より短歌や手紙に親しむ。米国の大学でコミュニケーションを学んだ後、広報・教育の仕事に従事。2014年より手紙の書き方講師として、テレビ・ラジオ・雑誌・講座等を通じて活動。講師育成にも努める。ミッションは「愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に」。

【当日の流れとタイムスケジュール】
・はじめに
・手紙を書こう!
・発表&フィードバックタイム
・心をとらえるテクニックとは(まとめ)

前回のコラボ講座の様子

お申込みはこちら

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2018年01月06日

あけましておめでとうございます

sun-2297961_640.jpg
本年もよろしくお願いいたします

昨年はたくさんの新たなご縁をいただき、
また、これまでのご縁を
さらに深めることができました。

元日から届いた年賀状には、

「手紙の力が心に響きました」

「手紙の力 実感しています」

「子供たちにも伝えられる手紙の文化を大切にしたい」

「日本人の心、おもてなし、
大切なものを学ぶことができました」

「今年の年賀状は万年筆にトライしています!
下手ですが書いていて気持ちがいいですね」

「手紙で、感謝の心を届けるという
豊かな世界を開いていただきました」

「手紙でご縁がつながっていることが、
とてもうれしいです」


などなど、ここには紹介しきれませんが、
昨年を振り返り、
今年の原動力にもなる
あたたかい言葉をいただきました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

皆様のもとに
たくさんの愛と幸福が満ち溢れますように
お祈りしています

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2017年12月12日

【メディア】やまとなでしこの”キレイ”を応援する「maico」取材協力

こんにちは。

師走に入り、
全力ダッシュし続けている感覚の
今日この頃です(笑)

さて、先日やまとなでしこの"キレイ”を応援する「maico」に
記事「美文字に見える!気持ちが伝わる年賀状の書き方講座」が、
掲載されました。
maico.png


米肌アンバサダー奥島美帆さんが体験した
「ひとことで気持ちを伝える年賀状講座」の様子が、
写真とともに紹介されています。

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2017年12月02日

【メディア】『カラフル』12月号に取材協力しました!

こんにちは。
12月に入りましたね。
いかがおすごしでしょうか。
IMG_9761.JPG

このたび、
ポスタルくらぶ会員(元ゆうちょ会員)向けの月刊誌
『カラフル』12月号に取材協力しました。

カラフル1.JPG

カラフル2.JPG


しばらく顔を合わせていない方への、
手紙の実例もあり!
ぜひ参考になさってください。

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆

2017年11月24日

【開催報告】「こんな時間、とてもゼイタク」〜贈る手紙を書く会in千葉

tegaminokai5.JPG
昨日は、千葉市にあるカフェ「じゃくう鳥」にて、
「贈る手紙を書く会」を開催しました。

今回は、シンプルに、
”手紙を書く”というイベント。

コーヒーを煎れる音とコーヒーの香り、
古い詩集や画集、アート、ピアノの曲・・
に包まれた空間で、
参加者それぞれが想う人に、
手紙をしたためていました。
tegaminokai.jpg
レターセットやマスキングテープは、
全国から贈る手紙の会に届いた
リサイクル品も使わせてもらっています。

あらためて、
お送りくださった方々のお気持ちに
感謝しています。
tegaminokai3.jpg

「リラックスして ざっくばらんな会話をしつつ、なんとなく自分のタイミングで手紙に入りこめる・・・こんな時間、とてもゼイタクで堪能しました。ステキなお友達にも出会えたし♡♡ 家で手紙を書くために、目に見えるいろいろな家事が気になるのをこらえつつ時間を作るので、こういう時間を頂けるととても有難いです♡」(mitさん 40代)

「時間があっという間に過ぎて、楽しい時間でした。おしゃべりのなかで、生徒さん同士からも、知らなかった話題なども聞けて良いと思いました。”じゃくう鳥”の空間もとても良かったです。」(和田佳子さん)

「珈琲を飲みながらの手紙時間は大好きで、楽しかったです。いろんな方と交流できる場は幸せな気持ちになります。また会いましょう☆」(伊藤章子さん 30代)
tegaminokai4.jpg
今後も、贈る手紙の会として、
こうした機会を設けていきたいと思っています。
お楽しみに!

☆愛に満ちたことばと笑顔あふれる世界に☆