広告

posted by fanblog
プロフィール

Irvine
混沌とした世の中を、タロットという占いの視点で評価するとき、何か新しい解決策が見えるのではないかと思い、本ブログを立ち上げました。 宜しくお願いします。
リンク集
<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事

広告

posted by fanblog
2010年02月12日
タロットから考える、サッカー岡田監督のワールドカップ
前回に続き、スポーツをテーマとします。今回は、サッカー日本代表の岡田監督です。

昨今開催される日本代表の試合では、観客動員数も少なく、サポートあーからはブーイングがあがる始末。監督自身、悩んでいるような姿をテレビで拝見し、今回のテーマと致しました。

【テーマ】タロットから考える、サッカー岡田監督のワールドカップ
【仕様手段】古代ケルト十字法

【結果】
@現在の環境:正義(逆位置)
A@の裏づけ:法王(逆位置)
B@の対策、障害(キーカード):審判
C顕在意識:魔術師
D潜在意識:隠者(逆位置)
E過去:愚者
F未来:恋人(逆位置)
G質問者(岡田監督監督に相当)の立場:運命の輪
HGの裏づけ:星
I周囲の状況:太陽
J質問者(岡田監督に相当)の可能性:戦車(逆位置)
K結末:女帝(逆位置)

【総評】
1.就任当初の溢れ出ていたアイデアは、実行不可能であることが多いことに気づき、現時点で戦術の選択肢が非常に少ないことが、悩みの根本である。
2.1の発生原因は、岡田監督の誤った先入観(選手起用、戦術等)にある。この先入観を捨て、抜本的な先入観の排除を行う必要がある。この改革は一時的には成功する。
3.本番では、大味な采配を余儀なくされ、スランプ状態に陥る。

【評価詳細】

今回の結果、以下のように読み解けます。

現在、監督としての選手の起用に迷い、やることなすこと全てバランスがとれず、結果が出ない状況(気運)(@)にある。これは、過去の誤った知識、経験から、自身のこだわる保守的な考え方にある(現在、当然として使う選手、あるいは采配に誤りがある)(A)。その価値観を、捨てるべきタイミングにある。(B)顕在的に、改革者であるという意識で監督業に臨み、自信に揺らぎはない(C)ように振舞えていると思っているが、潜在的には自信が失い、自分の発言に誤りがあるように思い始めている(D)。当初(就任後)は全くのチャレンジャーの気持ちで監督業に臨み、自分のあふれ出すアイデアを選手に伝え、ある程度の成功を収めた(E)が、今後さらに選手起用や采配で手詰まりが多くなり、采配の選択肢が限られてくるため(F)、厳しい戦いが予想される。

今時点で、選手起用等で何か大きな決断をする立場にあり(G)、しかも背景には頼りになる選手(海外組の日本帰国等)が側近となり(H)、(一時的に)物事は良い方向に傾き始め、周囲は、最大の評価をする。(I)しかし、最終的に、ワールドカップ本番では雑で強引な采配を余儀なくされ(J)、結果としてはスランプな状態で本番を迎えてしまう(K)。

【補足】
「誤った保守感の排除に成功する」が、「結局強引な采配を余儀なくされ、スランプに陥る」の解釈、繋がりが非常に厄介です。

例えば、キーパーソンの復帰と離脱が考えられます。采配に不可欠な選手が復活するが、結局怪我等で離脱し、戦術が機能しなくなるといった事が考えられます。

あるいは、結局、保守的な戦術が捨てきれずに、強引に引っ張ったため、撃沈する事も考えられます。





【このカテゴリーの最新記事】
Posted by Irvine at 00:19 | 占い | この記事のURL
この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。