プロフィール
ローセディン アモキシシリン
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

2014年02月15日

目が覚めたらそこは雪国?

バレンタインデーは朝からかなりの雪でしたね〜

チョコレート大好き人間なのに、今年は収穫無し・・・

オッサンでもコレくらいのものは欲しかったですね〜orz

ゴディバ(GODIVA)ゴールド ミニ バロティン 2粒 24g [並行輸入品]

新品価格
¥729から
(2014/2/15時点)

(贅沢ですか、そうですか・・・)


我が地元、山科も雪化粧.。

まあ、コレくらいの雪なら無問題。

通勤電車に揺られて、夢の世界へ・・・


何時ものように寒さで目覚めると、外の景色が一変してました!?

車窓から。何だかさっきより暗くなってます・・・


ドンドン雪深くなっていきます。

車窓から。


目的の駅に到着。

チョット途方にくれました。

車が通っている処は雪浅いのですが

歩道は大変です(^^;;



駅前広場?ロータリー?

兎に角人が歩いた跡もこんな感じ。



因みに、踏切から見た駅はこんな感じです。

雪国ですか?


足を踏み入れていない新雪に入ると

靴がスッポリ入ります(^^;;

足先が冷たくて冷たくて・・・


コレくらいの靴を履かないと駄目ですね

[ナイキ] NIKE WINTER TREKKER MID スノートレッカー ミッド スノトレ/防水/防雪 616041 001 100 (9.5(27.5cm), 001(BLACK))

新品価格
¥6,499から
(2014/2/15時点)





帰りは雪も止んでくれて、ホッとしました。。。

(しかし足先が冷たい)

住宅街で見かけた雪だるま。

キティちゃんに見えなくもない?

やっぱ、違いますね(^^;;

超合金 ハローキティ

新品価格
¥4,201から
(2014/2/15時点)





posted by タレゾー at 02:04 | Comment(0) | 奈良

2013年05月14日

奈良 飛鳥時代へ その6

G/Wの真っ只中に、奈良県明日香村へ出向いて飛鳥時代に思いを馳せて来ました。

ようやく完結できます。。。


飛鳥寺から一番近い近鉄電車の駅、橿原神宮前を目指して歩き始めました。
車が走る道をテクテク歩き始めると、


立派な神社が現れました。

飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)。



何も知らない神社ですが、とりあえず立ち寄る事にしました。

中々登り応えのある石段が有ります

石段を登りきると、、、

我々の年代は「りきいし」と読んでしまいます
勿論、矢吹丈のライバルの名前です

ラグビーボール大の石。
女性は右手で、男性は左手で持ち上げると、福がつかめると言われているらしいです。


これが微妙な大きさ・重さで、上手く掴めず持ち上がりません。
が、不思議な事に本殿のお参りを済ませてから再度挑戦すると、今度は持ち上げられました・・・

本殿

不思議な力を持った神社です


飛鳥坐神社を後にして、駅に向かいます。
途中で休憩所があったので小休止。
ソコには石の案内板が有りました。


写真が小さくて読み難いでしょうが、現在地の北方に天香久山と有ります。

休憩所から眺める天香久山。

万葉集で詠まれていますね

再び駅に向かって歩き出します。
途中でこんな丘を見ると「何かの古墳に違いない」と思えてくるから不思議です。


迂闊に掘って何かしらが出土されると、調査しなければならないので、誰も手をつけないのかも知れません・・・

無事駅に到着。
後は京都に帰るだけです。




本当は橿原神宮にも行ってみたかったのですが、時間的・体力的に難しかったので断念しました。
途中にあった飛鳥板蓋宮跡や甘樫丘、キトラ古墳等回れなかったところが多々あるので、是非リベンジを果たしたいと思います。



飛鳥日帰りきっぷ を利用すると、僅かながらもお得です。




走行映像と空撮で近鉄全線と主要車両をプロファイル
飛鳥駅周辺をはじめ沿線は歴史遺産の宝庫。世界遺産でもある吉野は、さくらライナーを満開の桜が出迎える
近鉄電車ファンならずとも見ておきたいです。

近鉄プロファイル~近畿日本鉄道全線508.1km~第4章 南大阪線・吉野線&団体専用車両 [DVD]

新品価格
¥3,990から
(2013/5/14時点)




4世紀から8世紀初頭にかけて、謎の多い日本の古代国家成立の過程をわかりやすく解説。各地に巨大な古墳が造られた時代から、飛鳥時代、大和政権が国土統一を進めていった様子を東アジアの国々との交流もからめて描かれています。
まんがなので詠み易いです。

飛鳥の朝廷―古墳(大和)時代・飛鳥時代 (小学館版学習まんが―少年少女日本の歴史)

新品価格
¥872から
(2013/5/14時点)




謎の多い聖徳太子モノは何れも興味深いです。

完本 聖徳太子はいなかった (河出文庫)

新品価格
¥798から
(2013/5/14時点)



聖徳太子は蘇我入鹿である (ワニ文庫)

新品価格
¥580から
(2013/5/14時点)



聖徳太子の「謎」

新品価格
¥1,200から
(2013/5/14時点)


posted by タレゾー at 02:52 | 奈良

2013年05月13日

奈良 飛鳥時代へ その5

G/Wの真っ只中に、奈良県明日香村へ出向いて飛鳥時代に思いを馳せて来ました。

前回の続きです。


ワザワザ他府県まで出向かなくとも、地元京都には神社寺院が掃いて捨てるほど有ります。
なので、奈良では古墳目当てで訪れたのですが、ここは日本最古のお寺と言われているので、素通りするわけにはいきません。。。


飛鳥寺 Wikipediaより



飛鳥大仏と言う石碑はありますが、大仏は見当たりませんでした
その代わり?鐘は突き放題でした・・・(^^;; 突き放題ってのも変ですが

飛鳥寺の裏口(?)を出ると、一面田畑で今の時期レンゲが咲いています。
(流石にレンゲは解ります(^^;; 妙に懐かしかったア)

裏口(?)です

その中にぽつんと何やら建ってまして、、、何と蘇我入鹿の首塚だそうです。

飛鳥板蓋宮跡で討たれて、ここに埋められたのでしょうか?

飛鳥寺を一通り観て回ると、時間的にも疲労度的にもそろそろ帰路に付かないと、と言う事で、近鉄電車の最寄の駅に向かう事にしました。

もう少し続きます。



「北の国から」の蛍役を長年演じた国民的女優・中嶋朋子による音声ナビゲート!

仏像大好。飛鳥寺・中宮寺・新薬師寺・西大寺 編 [DVD]

新品価格
¥2,793から
(2013/5/13時点)




聖徳太子の等身像といわれる法隆寺の救世観音…。この御仏を、太子の冥福を祈って夢殿に安置させたとされる光明皇后は、なぜこの御仏を畏れていたのだろうか。古代史には、正史の語らない謎に包まれた世界が見え隠れしている。これは、その謎の世界への扉を開こうとするひとつの試みである。

聖徳太子の光と影 飛鳥寺の呪い

新品価格
¥1,050から
(2013/5/13時点)


posted by タレゾー at 02:40 | 奈良

2013年05月10日

奈良 飛鳥時代へ その4

G/Wの真っ只中に、奈良県明日香村へ出向いて飛鳥時代に思いを馳せて来ました。


前回の石舞台古墳からの続きです。


石舞台古墳を後にして、次は日本最古の寺院飛鳥寺を目指します。


途中、鳥居があるのに寺って?と、何気無く撮った写真ですが、帰宅後に地図で確認すると、どうもこのお寺が橘寺の時に遠くに見えた三重塔のお寺のようです。。。
岡寺と言うらしいですが、立ち寄ろうとしないで正解でした(^^;;

暫く(結構?)歩くと飛鳥板蓋宮跡と言う案内板を何度か目にしました。
一番近い所で100mって書いてあったと思うのですが、書いてある方を見ても何も見えません。
どうせ大したモノでは無いだろうと無視して通り過ぎましたが、帰宅後に調べてみると、何とそこは蘇我入鹿が暗殺された宮跡でした・・・orz
しかも同じ場所に飛鳥浄御原宮跡もあるとか・・・orz
勿体無い事をしてしまいました。

事前に良く調べておくべきでした・・・
知らないと言う事は「損」をしますね。


そんな勿体無い事をしているとは知らずに、次に目に付いた酒船石遺跡の方には行ってみる事にしました。。。


なにやら小屋のような建物の中を覗くと

何やら石垣のように石が並べてありました。
日本書紀に記されている石垣らしいとと書かれていました。。。

史跡酒船石
酒を造る道具、あるいは薬などを造るための道具とも言われているそうです。



小高い丘(小山)を登ったところに有るのですが、流石にこの辺りでは歩き疲れていました。。。
目的の飛鳥寺まではあと少しなので、もう一頑張りです・・・


まだ続きます。



酒つながりで。。。
日本酒の神秘を一挙に公開!
通常一般人は入れない場所を撮影、酒造りの神髄を余すことなく収録。
日本酒初心者〜玄人まで幅広い層が楽しめる内容になっています。

MJS其の五 「SAKE」~日本酒の飲み方~ [DVD]

新品価格
¥1,500から
(2013/5/10時点)




こちらも酒つながりで。。。
飛鳥時代までは古く無いですが・・・
(年齢確認が必要です)

日本酒 古代酒 500ml

新品価格
¥1,448から
(2013/5/10時点)




疲労回復にはやはりクエン酸ですね。
特に運動による疲労には持って来いです。
BCAAも配合されているので超回復による筋肉増強にも期待できます。
ジョギング、山歩き、ウォーキングはもとより、筋トレにも最適です。

クエン酸&BCAA 12.4g×10本 グレープフルーツ風味

新品価格
¥1,590から
(2013/5/10時点)



posted by タレゾー at 03:06 | 奈良

2013年05月09日

奈良 飛鳥時代へ その3

G/Wの真っ只中に、奈良県明日香村へ出向いて飛鳥時代に思いを馳せて来ました。

前回からの続きです。


聖徳太子が建立したとされる橘寺のそばに、聖徳太子御誕生所との石碑が建ってます。

なんだか狭い範囲で収まっているんですね・・・

近くに飛鳥川が流れています。
飛鳥時代にも流れていたのでしょうか?


まさかとは思いますが、聖徳太子はこの川の水で産湯を使ったのか?と感慨に耽ってしまいました


飛鳥川を渡って暫く歩くと、石舞台古墳です。

天候に恵まれたG/W中ということもあって、駐車場が満車で凄い人出でした。

今まで古墳といえば、草木が生えた小山しか見たことが無かったので、盛り土も無くて中にも入れる石舞台古墳はどうしても見ておきたかったンですよ。


重機どころか動力も無い時代の人がどうやって巨岩を組み上げたか謎でしたが、解説を見れば納得です。

ピラミッドの建設方法に似ていますね・・・
やはりシルクロードを通って伝わったのでしょうか?

思い入れが大きい分、写真も多くなります。(^^;;




さあ、いよいよ石室内部に入ります。


石室奥から入り口に向かって。

思っていたより広いのでビックリしました。。。


その場にいた案内(?)のおじいさんから色々話を聞いたところによると、
蘇我馬子(蘇我入鹿の祖父)が葬られていた。
大化の改新で蘇我入鹿が暗殺された際に、栄華をほこった蘇我氏に対する懲罰として封土が剥がされ暴かれた。
と言う事らしいです。。。


これもそのおじいさんから聞いたのですが、蘇我馬子の邸宅跡が今の駐車場らしいです。

ここに蘇我馬子の邸宅があったとか・・・

今ではスマホで検索すれば、その場でWiki等で詳しい情報は入手できるのですが、長年この場所で解説されているであろうお年寄りから直に聞くと、その情報に重みのようなモノが感じられます・・・

まだ続きます



こう言う題材を扱うのはやはりNHKでしょう。
文字も良いですが映像で見られるのは嬉しいですね。

聖徳太子 [DVD]

新品価格
¥3,996から
(2013/5/9時点)




NHKドラマスペシャル 大化改新 [DVD]

新品価格
¥3,913から
(2013/5/9時点)




NHK「その時歴史が動いた」 ミステリー大化改新~蘇我入鹿暗殺の実像~ [DVD]

新品価格
¥2,602から
(2013/5/9時点)







posted by タレゾー at 02:30 | 奈良

2013年05月07日

奈良 飛鳥時代へ その2

高松塚古墳を後にして明日香村散策を続けます。


この日は天気が良く、歩いていると汗ばんで来ます。

新緑が光り輝いてます

水辺ではカワセミを発見しました!
山科川ではカメラマンが群がる程人気の撮りですが、、、


この辺り、チョット歩くと史跡・遺跡に出会えます。
鬼の雪隠(せっちん)。



鬼の俎(まないた)。


この2つは元は1つの古墳(石室)だったらしいですが、、、
もう、誰の?とか何時頃の?と推測すらしていません
(^^;;



お次は亀石。
どこが亀?どっちかと言うとカエルに見えますが・・・



違う角度から見ると、、、
亀の甲羅に見えなくも無いです。




こんなこんもりとした小山は、チョット掘ると何か出てきそうなんですが・・・

もう、ワザと手をつけないのでは?と邪推してしまいます。
何かしら出てくると調査せざるを得ないですし、、、


聖徳太子が建立したとされる橘寺を目指します。
田んぼの真ん中にポツンと、のどかですね〜


良く目をこらして見ると、背後の山に小さく三重塔が見えます・・・

チョット気になったので・・・

橘寺


見るところが多いので、中には入らず・・・

門前には出店が出ていて手作り品が売っていました。


先程の三重塔。
大きく見えるようになって来ました。


何時も思うのですが、、、
車やチェーンソーの無かった時代に、良く山に建造物を造ったものです。
今なら、林道でも作って車で資材を運べば建物は容易く建てられますが、何も無い時代では全てが人力です。
リュックを担いで登るだけでもしんどいのに・・・


まだ先は長いです。



万葉のふるさと・日本の原風景。歴史の舞台に下り立って描いた珠玉の画と文。

明日香村

新品価格
¥2,300から
(2013/5/7時点)




甘梼岡に立つと飛鳥の展望は美しい…。蘇我氏、飛鳥寺、飛鳥板蓋宮、石舞台、亀石、大海人皇子、律令制、文化財保存など多彩なテーマを、緻密な文献考証と発掘成果をもとに描き出す名著。飛鳥を訪ねる人々の座右の書。

飛鳥: その古代史と風土 (読みなおす日本史)

新品価格
¥2,625から
(2013/5/7時点)




玄米と天然の湧き水、吉野杉の大樽、こだわって造られた純玄米黒酢。まろやかなおいしさ。

純玄米黒酢 飛鳥の里 900ml

新品価格
¥903から
(2013/5/7時点)




あすかつながりで(^^;;
熱いご要望にお応えして、その美麗な、貞本義行によるイラストを商品化!高品質な銀パールメッキ仕様のボディに、繊細なラインで描かれたプラグスーツのアスカをレーザー彫刻により高精細に再現。
“ASUKA”の文字の部分はエッチング彫りこみで、手触り感も抜群。数多のグッズの中でも大人が使える落ち着いたZippoです。ひもちろん側面には、シリアルナンバーを刻印。あなただけの一本になります。

EVANGELION 貞本義行Zippo TYPE-ASUKA

新品価格
¥9,090から
(2013/5/7時点)


posted by タレゾー at 02:13 | 奈良

2013年05月06日

奈良 飛鳥時代へ

G/W真っ只中、天気も良いのでお隣の奈良県へ遠征して来ました。

奈良と言えば、そう近鉄(近畿日本鉄道)でしょう!

乗換駅で撮り鉄しました


京都駅を出てから一時間チョット。ようやく目的地の駅に到着です。
なんと単線でした


目的地はここ。
歴史好きのおっさんのワンダーランド!


奈良公園へは何度も、平城京跡にも行ってますが、飛鳥はこの歳になって初めてです。
なのでテンション上がりまくり!


先ずはここ!

そう、高松塚古墳です。


全貌です。

入り口も閉ざされて完全復元されてます

チョット離れた小高いところから。

二段築成の円墳という事がハッキリと見てとれますね

写真が小さくて読めませんが・・・解説板です。

これの女子群像の下の写真が興味深かったですね〜
発見当時の高松塚古墳の写真ですが、少し盛上がっているだけの雑木林がです。
何処でも見かける里山の光景です。
これが古墳とは誰も気付かないでしょう・・・


壁画については文化庁のサイトをご覧下さい。


公園のようにきれいに整備されていたのは予想外でしたが、永年見てみたいと思っていた古墳の全体像が見られて大満足です。


おっさんの興奮はまだまだ続きます。。。




高松塚古墳、キトラ古墳が国民的関心の的となっている飛鳥。多くの遺跡や美術品の写真と、各分野を代表する執筆陣の解説により、日本の政治と文化の中心地であった飛鳥の謎に迫る。

飛鳥 古代への旅 (別冊太陽)

新品価格
¥2,625から
(2013/5/7時点)




地図から見える大和の国の真実!奈良はシルクロードの終着点だった!世界から渡った文化の華は、この地に何をもたらしたか。60分で分かる!謎に満ちた「都」の秘密。

歴史地図本 古代日本を訪ねる奈良・飛鳥

新品価格
¥1,680から
(2013/5/7時点)




櫛田は吹奏楽作曲界の民族主義の巨頭。その彼が高橋半の弟子だと,当CDの解説で初めて知った。高橋はレスピーギやR=コルサコフに日本の音階とリズムを混合した作風の時代劇映画の大作曲家。なるほど,そんな高橋の作風を櫛田はより華やかに継承している。

飛鳥 ~ 櫛田てつ(月失)之扶 作品集

新品価格
¥2,711から
(2013/5/7時点)




飛鳥つながりで(^^;;
風間流古武術の伝承者で“浪速の喧嘩仲裁屋”こと「風間飛鳥」(かざまあすか)が山下しゅんや氏の手によって元気ハツラツに美少女化!

鉄拳タッグトーナメント2 TEKKEN美少女 風間飛鳥 (1/7スケール PVC塗装済み完成品)

新品価格
¥4,500から
(2013/5/7時点)


posted by タレゾー at 02:55 | 奈良
検索
ブログ内検索
リンク集