プロフィール
ローセディン アモキシシリン
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年06月07日

まさかのムンバイ!、振り向けばガンジス!

タイトルはご存知イケメン漫画家成田メロンヌ先生の
「黄昏のボンベイ」の決め台詞。

って事で、今回は熱かったですねェ〜
普段はクールな五百旗頭さんがイキナリ街中で叫んだり
「ツノひめ」が好きと一言を言うために全速力で走ったり
こういう設定嫌いじゃないです(てか、好きです)

「流星の絆」で普段は飄々としている二宮和也が
「いいわけねーだろっつ!!」と怒鳴ったシーンは
今でも鮮明に覚えています・・・

閑話休題

人に心を開かず自分本位な中田君が
連載が決まった連絡を受けて、
喜びのあまり叫んだり・・・
(沼田さんに伝えてほしかった)


面白いですね〜「重版出来
役者も中々の人が揃っているのに
視聴率は2桁行かない・・・

どうもタレゾーが観るドラマは一般受けが
悪いみたいです(^^;;

とうとう来週は最終回。
予告編には夢半ばであきらめた沼田さんも
映っていました。
うーん、気になる・・・



原作はさぞ面白いンでしょうねェ〜
(読んだ事ないです)

[まとめ買い] 重版出来!(ビッグコミックス)

新品価格
¥3,780から
(2016/6/8時点)



posted by タレゾー at 23:07 | Comment(0) | ドラマ

2016年05月24日

低迷中の月9で唯一の救い

フジTVの月9ドラマ「ラブソング」が
低迷しているとの事。

ま、福山雅治ヨイショの昭和臭満載のドラマなので
今の視聴率は結果は致し方ないでしょう・・・
タレゾー的にも福山雅治ヨイショが鼻について
観ていても「面白い」とは感じられません。

なのに毎回観ているのには理由が有ります。
藤原らさくらの歌が聴けるンです。

沢井美空、大原櫻子等々
若手女性シンガー好きのおっさんが
マタマタ大好物を見つけてしまいました。

ラブソング主題歌「Soup」

この歌声、滲みる〜


挿入歌の「500マイル」懐かしいです。
何十年ぶりかに聴きましたよ。
日本語の歌詞ってのがチョット残念ですが・・・
(忌野清志郎が歌った歌詞らしいです)
「マイル」を日本語歌詞に載せるのは無理が有ります。
ここはPPMで聴き慣れた
「イフユーミスザトレイナイムオン〜」と
英語で歌ってほしかった・・・
(英語の歌詞で歌ってる曲も多いのに)

又、劇中のライブの選曲も秀逸でした。
雰囲気ピッタリ!
映像では悦に入ってギターを弾いている
福山雅治が鼻につきましたが・・・


6月8日に主題歌「Soup」が発売されます。
カップリングには劇中で歌ってる「500マイル」と
「好きよ 好きよ 好きよ」が入ってます。
(劇中ライブで歌った「サマータイムも入ってます」)
ギッシリ中身が詰まったシングルなので、
買って損は無いと思います。

紙ジャケ仕様の初回限定版はDVD付

Soup (初回限定盤)

新品価格
¥1,735から
(2016/5/24時点)





曲だけ聞きたいなら通常版です。

Soup

新品価格
¥1,296から
(2016/5/24 01:55時点)





売れれば良いンですけどね〜


「藤原さくら」youtubeで探して聞いてみてください
ホント良いですよ〜

posted by タレゾー at 01:07 | Comment(0) | ドラマ

2016年05月01日

99.9 − 刑事専門弁護士 − の楽しみ方

お気に入りの榮倉奈々が出演しているので
始まってから欠かさず観ています。

一話完結・謎解き・コミカルと、面白い要素が
連なってるので視聴率も上々。

タレゾー的にはそれらプラス
榮倉奈々が出ているので観ない訳が有りません。

更に榮倉奈々が新日本プロレス好きと言う設定なので
たまりません〜(^^;;

セリフにオカダカズチカ(レインメーカー)や
棚橋(スリングブレイド)の得意技が入ってたり
田口の「オーマイ&ガーファンクル」を言った後に
ケツをたたいたり
第二話では腕ひしぎ逆十字を決めて「イヤォ!」と
叫んだり(中邑真輔は新日を退団してますが)と
もう感涙モノです。

第三話では内藤のトレードマーク
「片目見開き」をやった直後に「カブロン」(クソヤロォ)
(本当なら「トランキーロ」が欲しかったが話の流れ上当てはまらない)

もうドラマの内容より榮倉奈々の新日ネタが楽しみで(^^::
プロレスファン、特に新日ファンなら見逃せません。

来週は何をやってくれるのかな〜?
posted by タレゾー at 23:56 | Comment(0) | ドラマ

2016年01月19日

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

巷では「ゲス乙女とベッキー」「SMAP」が話題ですが、
井上陽水を聞いていた世代としては
「だけども問題は今日の雨、傘がない〜」です

ええ、もうずーっと楽しみにしてましたよ。
「ビリギャル」では演技今一だな〜と
がっかりさせてくれましたが、そこはそれ
日々進歩ですよ。
(あの北川景子も「モップガール」は見てられませんでしたし・・・)

で、その期待のあまちゃんブレイク女優の単穴
有村架純
期待通りでした。
(ビリギャルから着実に進歩してました)

又、ところどころ出てくる関西弁が何とも言えず・・・


お話しの方は、アラフィフの枯れた胸をざわつかせる
設定で、もうまりません!
「おしん」ばりのかわいそうな環境の中でも健気な主人公。
しかし、結構あっさりしていてドロドロ感が無いのが現代風?

通常では考えられない様な展開がシンデレラ?

大都会東京で独りぼっちになって
で、いきなり2年後って・・・
その間が知りたいのに!

と、簡単にズッポリ嵌ってしまいました(^^;;

そして、追い打ちをかけたのが主題歌
手嶌葵です。

明日への手紙

新品価格
¥1,296から
(2016/1/19時点)




往年の森田童子を彷彿とさせる
切ない歌声はアラフィフに刺さります。
(あのウィスパーボイスは
タレゾーのイヤホン選びのリファレンスです)

いあや、マジでいいですyo
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

手嶌葵のお勧めはコレ!

Collection Blue

新品価格
¥2,300から
(2016/1/19時点)



posted by タレゾー at 01:46 | Comment(0) | ドラマ

2016年01月09日

「僕と私の、ひらパー姉さん」なかなかの佳作でした

初めは「どうせ、しょーもないドラマやろう」と
ネットサーフィン(死語ですか)しながら観てました。

京阪沿線が舞台なので
「これってアソコと違うかな?」
と見知った場所やら
京阪電車が映るので
次第に見入ってしまいました。

「下手な芝居」とか
「ベッタベタの設定」だとか
こそばゆい思いをしながら
見ていると、、、
完全に引き込まれてしまいました(^^;;

「”趣味は裏切り”
と言っても良い意味での裏切り」
というセリフ通り
ドラマが進むにつれて
単純じゃなくなるストーリー。

で、ラストシーンは
「お?これからどうなる?」
と考え落ち。
(チョット説明っぽいナレーションが余分)

有名な役者は出演してませんでしたが
まずまず中々見ごたえがありました。。。


ウーン、久しぶりにちょっと「ひらパー」に
行ってみたいかも・・・




posted by タレゾー at 02:10 | Comment(0) | ドラマ

2015年11月29日

世にも奇妙な物語 秋の2週連続SP〜映画監督編〜 「幸せを運ぶ眼鏡」

欲しい!
ウェアラブルライフサポーター「ウェルサ
これ、絶対近い将来発売されますよ。

実際には状況を一々INPUT(音声)する必要は有るでしょいうけど
その状況に応じた検索結果を返して
必要なモノがあればネットショッピングで電子媒体が購入でき
即座に表示(再生)してくれる。
そんな状況が頻繁にあるか疑問ですが
電子媒体のダウンロード購入なんで価格を抑えて
買い易くさえすれば気軽に購入すると思います。
(或いは定額制にするとか・・・)

Pen (ペン) 2015年 5/15号 [すぐそこにある、未来のカタチ]

新品価格
¥650から
(2015/11/29時点)




「Aapple Watch」の流れからAppleか
ネットショッピングの流れでAmazonが
その最有力候補かと思われますが
実際にGoogle Glassを出しているGoogleが
両社の間隙を縫って逸早く出してきそうな予感。
(既に開発してたりして・・・)

アディダス(adidas) miCoach fit smart IOL90 M33705 ブラック S

新品価格
¥19,500から
(2015/11/29時点)




日本でもYahoo辺りならどこかの企業とのコラボで
出来そうな気がしますが・・・

今、歩きスマホが問題になっているので
メガネ(スカウター)にすれば一石二鳥ですね。
(それなりの規制が入りそうですが)

意外と未来はすぐソコまで来ている
のかも知れません。。。

【第三世代】Google Glass V3.0 2GB RAM グーグルグラス XE-C 開発者向け (White ホワイト)

新品価格
¥234,999から
(2015/11/29時点)




posted by タレゾー at 04:29 | Comment(0) | ドラマ

2015年11月08日

コリャ反則ですワ「図書館戦争 −BOOK OF MEMORIESー」

前回、「図書館戦争」観てしまった・・・
実写版Library Warsを観てしまって
思わず「嵌りそう」になったと書きましたが
ドラマ版Boook OF Memoriesを観て
完全に抵抗を諦めました。。。

有川浩女史に完敗です。
(もう既にコテンパンにやられてますが)

ドップリ昭和人間のタレゾーは
この手の「プラトニック・ラブ」と言うか
内に秘めた恋心を描写されては
対抗し得る手段がありません。

子供の毬江が、慕っている小牧兄ちゃんが
自分より恋人の方を優先するのを見て
寂しい思いをする。
そんな自分が高校生になった姿を
小牧兄ちゃんに見てもらおうと
颯爽と出かけるが、
そこには大人の小牧が恋人と歩く姿が。
自分は何時までたっても子供で相手にされない。
その切ない気持ち、台詞の無い映像だけで
イヤという程伝わってきます・・・

毬江役の土屋太鳳が
聴覚障害を持つ役なので
台詞無しのイメージビデオか!?
と言う位、彼女の綺麗な映像が流れ
サブリミナル効果よろしく
切なさが胸をキュンキュン鳴らします。
(昭和人間の秘孔突かれまくり)

その小牧は恋人に時限爆弾を仕掛けられ
別れを告げられる。
恋人は賢明な人だったんですね・・・
普通冷静にそこまで先を見通す事は出来ません。
でも理詰めで考えると自ずと答えは導かれます。

もうネタばれしてしまいますが、
「あの子はすぐ大人になる
 どんどん綺麗になって
 子供だからとか
 障害があるからとか
 そういう言い訳が通用しなくなる日が
 必ず来る。」
こんな台詞言えますか!?
完全に参りました。

コレは是非綺麗な映像で観て欲しい・・・

図書館戦争 BOOK OF MEMORIES [Blu-ray]

新品価格
¥3,836から
(2015/11/8時点)




笠原の両親との件も、
今後のストーリーの鍵を握るであろう
柴崎の出会いや
それを気にする手塚の件も
完全にサイドメニューです(^^;;

そう言えば、数年前に聴覚障害の子が
メールでやり取りする恋愛小説が
話題になった事が有りましたが、
このドラマに出て来る小説(タイトルは違う)
だったンですね・・・

コレ、間も無く映画が公開されるとか

レインツリーの国 (角川文庫)

新品価格
¥511から
(2015/11/8時点)




もう「有りえヘン設定」とか
ぶっ飛んでしまいました。
小牧の台詞「もう子供に見えなくて困っているよ」
こんな解かりきった台詞、これは反則です。
胸キュン度合いでは
最終回が欲求不満に終わった「恋仲」以上!
主演(?)の土屋太鳳も、最近お気に入りの
広瀬すずに肉薄してきました。
(続けて「るろうに剣心」も観てしまいましたが
 流石に武井咲の存在感には勝てません・・・)
ー意見には個人差がありますー

イヤー、有川浩女史には完全に脱帽です。
(でも「三匹のおっさんシリーズ」には手を出さない)

現在公開中の「the Last Mission」
勢いで観てしまいそう・・・





posted by タレゾー at 03:32 | Comment(0) | ドラマ

2015年09月15日

うーん・・・な、最終回

ずーっと「ガマン」して観てました。
が、期待していた半分しか満たされません。
今までの流れから、
「恋仲はこんなもんじゃない」
「もっとキュンキュンさせてくれるはず」
と、まあ期待が大き過ぎたのでしょうね〜

それでも、久しぶりに京阪3000系車両
(地鉄では10030系)が見られたので
「良し」としておきますか・・・

ハッピーエンドは悪くないのですが
後半の30分は見てられない程の
「くさい」ストーリー。
何とか一捻り欲しかった・・・

LIVEの部分も期待していたのに
「指原」が出てきただけで
なんだか尻切れトンボ。。。


途中までは良かったのに
何とも惜しい最終回でした。

やっぱり月9とは相性が悪いのかな?




posted by タレゾー at 02:50 | Comment(0) | ドラマ

2015年09月01日

首までドップリ「恋仲」

なんなんですか?
病院内で縁日とか…

と、言うツッコミは置いといて
中学生カップル良かったですねエ〜
もうそれだけでキュンキュン(^^;;
タレゾーにもあんな時代が
有った様な気がします。。。
(もう記憶が薄れる程昔です)

種市先輩と「見事」なまでの
すれ違いを果たしたした
本田翼の先には翔太が…
もう、なんて解りやすい!?
ベッタベタの展開なのに
簡単に嵌りました(^^;;

しかも2人を偶然(ワザとらしい)
見かける種市先輩…
嗚呼、こんなにも簡単なドラマなのに
首までドップリ浸かってしまいます。

種市先輩、切ないですね〜

このドラマは、斜めから見ずに
思い切ってドップリと浸かって
観るドラマです。
素直に観ることが出来る人だけ
嵌れます。。。(^^;;
posted by タレゾー at 01:33 | Comment(0) | ドラマ

2015年08月25日

王道闊歩「恋仲」

PCが壊れたのと爆業が重なって
更新が滞ってます…(^^;;

そんな状態でも「恋仲」は
録画してでもシッカリ観てます。
(もう毎回胸をキュンキュン
言わしてます(^^;; )

今回は又も種市先輩が
切ない思いをさせられましたが
実は翔太も悪い奴ではなく
偶然のアクシデントで
上手く行きそうな2人に
再び暗雲が…

いや〜ベッタベタの展開に
肩までズッポリと浸かりました。

これはもう水戸黄門ですね(^^;;
10代がターゲットなんでしょうけど
アラフィフが夢中です(^
20代30代では気恥かしくて
観てられないかも知れませんが
実は40代50代にはドストライクの
王道ラブストーリーです!
(中々40代50代では観る機会が
ないでしょうけど…)

おおよその展開は読めてるのですが
次回が楽しみでなりません(^^;;

このドラマを観るときは
歳を忘れて、気分は種市先輩です(^^;;



posted by タレゾー at 01:58 | Comment(0) | ドラマ
検索
ブログ内検索
リンク集