プロフィール


最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
検索
最新コメント
台風と水槽 by (10/15)
台風と水槽 by D.Monica (10/14)
自叙伝(小学生) by K.Tanaka (08/23)
自叙伝(小学生) by をかず (08/23)
私のセカンド車 by K.Tanaka (04/12)
私のセカンド車 by バイクの堀江 (04/12)
バッテリー上がりと思いきや! by K.Tanaka (02/15)
バッテリー上がりと思いきや! by 74◎ (02/09)
丸源ラーメン by 74◎ (01/06)
うすずみ温泉 by K.Tanaka (12/29)
うすずみ温泉 by 梨丸 (12/29)
昼飯代 98円 by K.Tanaka (12/29)
昼飯代 98円 by 梨丸 (12/28)
ギター弦の張り替え by 梨丸 (12/28)
肺に影が! by K.Tanaka (12/01)
肺に影が! by 梨丸 (12/01)
台風21号 今度はカーポートがヤバイ! by K.Tanaka (11/09)
何モノかに刺された! by K.Tanaka (11/09)
巌立峡と下呂温泉 by K.Tanaka (11/09)
巌立峡と下呂温泉 by 梨丸 (11/09)
友達リンク

2018年08月25日

自叙伝(就職活動)

yjimageAZ46S61U.jpg

求人誌で色々探して就職活動しました。


自動車教習所の教官。
運転技能のテストも合格!
これなら楽そうだし、生徒が若い娘なら楽しいかと思っていました (^^ゞ
でも友人達から、神経使うで やめときゃ〜
で、断念。


芸能プロダクション。
面接に遅刻してメチャ怒られたけど、ギター弾けるし ルックスも良いからと採用!(^^ゞ
でもスタッフ募集って書いてあったけど、私に何をさせるんかい!?
と、不安になり断念。


後に世間を大騒ぎさせたT商事。
面接前に友人達から、怪しいで やめときゃ〜
で、断念。
行かんで良かった (;^ω^)


コンタクトレンズの販売、大手の子会社。
実家の隣が眼科で、最近コンタクトレンズ取り扱いの看板が出ていて 少し気になっていました。
調べると、コンタクトレンズは眼科で処方される事が分かりました。
目の構造はカメラと類似している為 眼科で働くのも悪くないなと、名古屋まで面接を受けに行きました。
テレビで見る大企業の面接みたいで、ちょっと緊張 (^_^.)
自分の長所・短所、志望動機を言わされました。
試験があるのは分かっていましたので、目の構造などを勉強して行きました。
ところが、まさかの一般常識問題で、(普通はそうか (^^ゞ)全く出来ませんでした。
どんなけ常識が無いんや俺は!?と思いながらダルマの絵を書いて提出しました。
手も足も出ないの意味です (;^ω^) どうせ受かりっこ無いし!
数日して電話があり、配属が決まりました!いついつどこどこへ行ってください!
は?うそ?驚きのあまり、私はまだ入るとは決めてませんが!と言ってしまいました (^^ゞ
電話の相手は、それでも行ってください!
とりあえず店に行くと、あれよあれよと言う間に事が運び、いつのまにか入社していました (^_^)

しかし何で受かったのだろう?ダルマを書いた男やぞ!(;^ω^)
よほど面接の印象が良かったのでしょうか?
ダルマの絵が気に入ったのでしょうか? まさかね (^^ゞ
まぁ何でも良いけど、白衣も気に入ったので…


つづく


タグ:自叙伝
posted by K.Tanaka at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自叙伝

自叙伝(フリーター)

yjimage.jpg

華やかな芸能界を引退してからは暫く地味な生活が続きます (;^ω^)
得意のパチンコも毎日のように行くと駄目ですね。
僅かな貯金が吸い取られて行き、遂には一文無しになってしまいました (>_<)
こんな時に限って誘惑の魔の手が襲いかかります。
私をスキーに連れてって!
飲みに行きましょ!
お金無いから行けまへん!と断ると、貸してあげるから行きましょう!とな。
そか!ならタバコも頼むわ!

あかん!こんなんでは人間として駄目になる。
とりあえず日銭を稼ごう!
親友の親戚がやっている酒屋でバイトする事になりました。
力には自信がありましたが、結構キツかったです。
ビール3ケースを一度に運んだり、狭い倉庫に何段も積み上げられたビールケースの中から特定のビールケースを片手で引き上げたりと。
もちろん空ケースじゃ無いですよ!
時々その酒屋で夕飯をいただきました。
飲んでるビールはエビスビール。
さすが酒屋!
初めて飲んだ時はビックリしました。
何これ!めちゃ濃くて美味いがな!
特別な時、私はプレミアムよりエビスです。
普段は1番安いビール擬きリキュール…

もっと楽な仕事は無いかと探していたら、新聞の求人に日給1万円の文字が!
これだ! チリ紙交換の仕事です。
半信半疑で とりあえずチャレンジ!レッツ・ビギン!
そこで有料の軽トラを借りて、トイレットペーパーとガソリンを買ってから街中を廻ります。
毎度お馴染みのチリ紙交換車でございます!
BGMも未だ脳裏に焼き付いて頭から離れません。
子供達が面白がって追いかけて来るだけで、思ったほど集める事は出来ませんでした。
1万円どころか、トータルでマイナスです ((+_+))
何やってるんだか…
店などに大量に置いてあるダンボールは、決まった人がいるからと断られます。
得意先も無く 単に街中を廻るだけではマイナスになる事が分かり、1ヶ月ほどで辞めました。

求人誌を買って、ちゃんとしたところで正社員募集を探そうと思いました。


つづく

タグ:自叙伝
posted by K.Tanaka at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自叙伝

自叙伝(社会人1〜2年生)

yjimage8DIJSHYQ.jpg

さて、いよいよここから社会人編に突入です。
過激な内容にご注意下さいませ (^_^.)
嘘や〜!と思われる事も多々あるかと思いますが、全て事実です。

専門学校を卒業して就職したのは、舞台プロダクションの社長さんの紹介で入った名古屋の会社です。
主にイベントやステージの音響・照明・テレビ局の下請けでスポーツ番組の仕事です。
芸能人やテレビ局のアナウンサーと触れ合って来ました。
やらしい意味ではございません (^^ゞ

仕事の時間は不規則過ぎて、家に何日も帰れない事が多かったです。
裏方である音響や照明の仕事だと、片付けて会社に戻ると深夜ですからね。
そんな日は、会社や名古屋に住む先輩のアパートに泊めてもらいました。
照明の仕事は危険な事も多かったです。
誤って高電圧の電流を体に流してしまったり、照明器具の設置で登った舞台天上から落っこちそうになったりと。
運良く私は無事でしたが、過去に亡くなられた方もいたようです ( ゚Д゚)
音響の仕事は巨大スピーカーを運ぶのも大変だし、大音量でのチェックもキツイ。
でも間近でミュージシャンやタレントと共に仕事が出来る喜びは大きかったですね。
イベントの仕事で思い出深いのは、鈴鹿サーキットの24時間耐久レース。
メインスタジアムの屋上に照明器具を設置して、夜にタイミング良くスイッチを入れる仕事でした。
一般人が入れない通路を通って行きました。
それからファッションショー。
本番中の舞台裏は戦場のようで、男性スタッフ(私)がいても おかまいなし。
背が私ぐらい高いので、魅力は あまり感じませんが目のやり場に困りました。

テレビ局の仕事も途中から多くなって来ました。
私はスポーツ番組で使われるスロー出し(良い場面をスローモーションで再生)を任され、野球・ゴルフ・競馬の番組に ひっぱりだこでした。
自分で言うのもなんですが、機械操作が上手かったのとセンスの良さで (^^ゞ
当時、中森明菜がスローモーションを歌っていました。
全然関係無いけど、自分の為の歌のように聞こえました (;^ω^)
テレビ局内での操作もたまにありましたが、ほとんどは中継車の中で操作をします。
なのでナゴヤ球場には よく行きました。
中継本番前は暇なので、アナウンサーと食事に行ったり 試合前の練習を観客席でボーっと眺めたりしていました。
顔パスで球場に入れるくらいになっていました。
アナウンサーと中日の元監督(名前は忘れました)と3人で食事をした事もあります。
仲良くなったテレビ局のスタッフと、ぼったくりバーでえらい事になった事もあります。
内容は過激すぎて書けません (;^ω^)

そんな仕事なので面白いのですが、なんせ不規則!
旅行に出かける直前に仕事の依頼が来て、計画が台無しになった事もありました (>_<)
岐阜から通うのに限界を感じ、若い時しか無理な仕事だと判断。
将来性が無いとの思いから2年で退職しました。


つづく


タグ:自叙伝
posted by K.Tanaka at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自叙伝

2018年08月24日

自叙伝(専門学生)

yjimage2.jpg

大学進学をやめて2年間 名古屋栄にある写真の専門学校に通いました。
新聞配達をして買った一眼レフカメラが大活躍です。
家での現像プリント経験も大いに役立ちました。
スタジオでのモデルや商品撮影、街中でのスナップ撮影、セスナに乗って航空撮影など色々面白かったです。
残念ながらヌード撮影はありませんでした (^^ゞ
特に航空撮影は思い出深いです。
小さなセスナ機の後ろの席に乗って、グーグルアースの様な空から街を見下ろした写真を撮ります。
めちゃくちゃ怖いと言うか気持ち悪かったです ((+_+))
中にはゲロゲロしてる生徒が何人もいました…
ヘリコプターなら良いのでしょうが高くつきますわな。
街の写真スタジオで、プロのカメラマンとしてバイトもしていました。

1年は写真専門で、2年からは映画科を専攻しました。
ショップの紹介やイメージ映像、映画などを単独または共同で製作します。
私の作品はメンズショップのレポートと8ミリフィルムカメラを使っての無声映画。
レポートは自らレポーターとなり、今流行りの服を紹介していくものです。
5人ほどスタッフを引き連れて行きました。
私がよく行くショップだったので快く引き受けてくれました。
それどころかスタッフ全員にウナギをご馳走してくれました。
太っ腹で元気ハツラツの社長さんでした。
今でも元気にしているかな?
映画はYouTubeにアップしていますので、宜しければご覧ください。
あまりにも臭い演技と映画に笑えます ( ^ω^ )
単独作品です。

https://youtu.be/JRJzR6xRe0s
あとはイケメン俳優として(;^ω^)奇妙な映画の主役。
わけ分からん映画の照明スタッフ。
エテルナΛターボ(昔の三菱車)イメージ映像のカメラスタッフとして参加しています。
田舎の高校と違って、都会での2年間は新鮮で充実したものでした (^^♪


つづく


タグ:自叙伝
posted by K.Tanaka at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自叙伝

自叙伝(高校生)

yjimageYR1V3CDG.jpg

高校は県で1番校則が厳しいと言われている学校に入ってしまいました ( ゚Д゚)
後から分かったのですが…
何が厳しいかって、体育教師による服装髪の毛検査。
通学路の電信棒に隠れていて、帽子を被っていないとメチャ怒られド突かれる。
週に1回体育館で、体育教師による服装髪の毛検査。
私は体育教師と仲が良かったので、パーマをかけていましたが、天然です!でパス出来ました (^^♪
ちょっとかけ過ぎた時はトイレに隠れていましたが (^^ゞ
可哀想に、その場でハサミで切られている生徒もいました。
バイクの夢は消え去りました…

高校では帰宅部で、バスケ部から何度も誘われましたが断りました。
もう2度とあんなキツイ事はしたくないと思っていましたからね。
ただ体育祭でバスケットボール大会があり、現役のバスケ部のチームにあっさり勝ちましたから大した事してないかもしれません。
私のクラスのチームは、現役は1人もいませんでしたが経験者で揃えていました。
決勝では体育教師チームと対戦でした。
白熱した試合で わずかの差で勝ち、見事優勝しました (^^)/
クラスの女子から、熱い眼差しを受けました (^^ゞ
高校で数少ない 良い思い出の1つです。

勉学の方も大変厳しくて、毎日 授業はテストから始まります。
パチンコで忙しい私は、勉強などする暇がありません (;^ω^)
大きな定期テスト前はカンニングペーパーやカンニング鉛筆作りで、細かい作業が得意になりました (^^ゞ
作れない時があって、その時は大嫌いな歴史のテスト。
やむを得ず 前の席の生徒に頼んで、テスト中見せてもらいました。
数日後、担当教師に呼ばれて言われました。
前の席の生徒と、同じ問題で同じ間違いの回答がされているぞ! カンニングしただろ!?
正直な私は、嘘は付けません。
その通りでございます m(_ _)m
同じ変な間違いが2人続いていたら、そりゃあ〜バレるわな〜 どんなけ変な回答したんや!(;^ω^)
私だけではなくて、見せた生徒も同罪で停学処分に!( ゚Д゚)
教師に、彼は私に頼まれて嫌々見せたのです!彼に罪はありません!停学にしないでください!
と嘆願しましたが、聞き入れてもらえませんでした (>_<)

停学中 突然 担任の女教師が家に来ました。
パチンコに行ってなくて良かった〜と思っていたら、私の部屋を見せてくれと言います。
ヤバイ!
断り切れずシブシブ私の部屋へ…
何かタバコ臭いわね〜
ヤバッ!バレたら停学延長?もしかして退学?
しばらく沈黙…
まぁ男の子の部屋は こんなものかな。
って、良いとこあるじゃん!
バレバレだけど見逃してくれました (;^ω^)

ちなみに同罪となった彼とは今でも親交があって、同じバンド仲間でもあります。
キーボードを担当していて、かなりの変わり者です (^_^)
あの時はゴメンネ! (^_^)

こんな感じで、高校では ほとんど勉強しませんでした。
追試で 辛うじて進級・卒業出来たって感じですかね。
でも何故か数学だけは得意で、全国でもトップクラスでした。
高校に入って初めての数学の試験で、100点取って先生をはじめクラス中の度肝を抜かしてやりました (^_^.)
何かの全国模試で3番だった記憶があります。
ある問題が独特の答えの導き方で、答えは合っているのに☓にされていました。
抗議したら、こんなに良い点なのだから良いがねと言われました。
心の中で、〇なら1番やったかもしれんがな!と思いました。
教師から、君は数学だけなら東大に入れる!とも言われました。
嘘のようで本当の話です。
でも それ以外は全然駄目なので、志望大学もどんどん下げざる負えませんでした。
3年では私立の文科系クラスに入れられてしまったので、余計にやる気を失くしました。
結局 私立の低レベルの大学しか行けそうも無かったので、短期で金の掛からない専門学校に行く事にしました。

課内クラブではギタークラブに入っており、カンニングさせてもらい停学にさせてしまった変わり者の彼と適当に遊んでいました (^_^)
彼は同級の生徒とバンドを組んで、リードギターをしていたようです。
ある日、好きな音楽の志向が違うので、自分の代わりにやってくれと言われました。
頼まれたら断れない私は承諾しました (^^♪

バンドは一応ロックバンドで、ヘビー・パンク・ソフトとメチャクチャでした (^_^)
1度だけ福祉センターの会場を使ってコンサートをしました。
上手いバンドの前座でしたけど…
今その時に録音したものを聴くとメチャ恥ずかしくなります。
特にボーカルが酷い ((+_+))
まぁこれも良い思い出ですが…
高校卒業と同時にバンド活動も自然消滅しましたが、35年経って再結成する事となります。


つづく

タグ:自叙伝
posted by K.Tanaka at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自叙伝

2018年08月23日

自叙伝(中学生)

yjimageLOK988LQ.jpg

中学に入り、カメラに興味を持つようになりました。
家には安物のカメラがありましたが もっと良い物が欲しくなり、朝早くから新聞配達をして一眼レフカメラを購入しました。
母親には おねだり出来ませんでしたからね。
カメラの好きな親戚の叔父さんがいて、家でフィルム現像から写真プリントまで出来るようにと、必要な物を全部揃えてくれました。
この時の影響で、後に写真の専門学校に入学する事になります。

部活はバスケットボール。
誘われて見学に行ったら 部員達のシュートがカッコ良くて即入部。
でも入ってみたらメチャ練習が厳しくて、毎日 授業前に朝錬までありました。
得意の新聞配達も出来なくなりました (^_^.)
真夏でも口の中が塩まるけのようになるまで練習させられるし、酒に酔って機嫌の悪い時があり 意味も無く思いっきり平手打ち ( ゚Д゚)
今なら考えられないような鬼コーチでしたね (^_^.)
3年間よく続けれたもんだと今更ながら思います。
ただ市内では敵無し、県大会でも良いところまで行きました。
何度も高校生相手に練習試合してたくらいですからね〜

修学旅行で女湯覗き事件があり、犯行グループの大半がバスケ部員でした。
真面目な私は当然ながら そのグループには入っておりません (^_^.) マジです。
でも何故か全体責任となって、1人の部員を除いて全員が坊主頭にさせられました。
放課後の練習中、いきなり強制的に近所の床屋に連れていかれたのです ( ゚Д゚)
さらさらヘアーで長髪だった私が、いきなりボウズでメチャ恥ずかしかったです (>_<)
他のクラスの女子達が そんな私を一目見ようと、休み時間になると見に来ていました。
人気者は辛い (;^ω^)  って、まさか犯人だと思ってないだろうな? ( ゚Д゚)
今頃心配になって来ました。 遅っ!
許せないのはボウズを免れた部員が、覗きの張本人である事。
ハゲがあるとの理由でした。
ん〜なもん関係ね〜!親が医者でも関係ね〜! それから 鬼コーチもボウズにせんか〜い!
と言う事で、犯行グループに入っていない部員はムカついて退部しました。
鬼コーチの説得で、すぐに復帰する事になりましたけどね (^^ゞ
今まで頑張って来て、こんな事で辞めるのもバカバカしいですしね。

ギターにも興味を持つようになり、親戚の別の叔父さんがクラシックギターを買ってくれました。
でもクラシックはどうも馴染めず、すぐフォークギターに転向 m(_ _)m
その頃 サイモンとガーファンクルや井上陽水は神でした (^_^)
でも神も変わるのです。
ビートルズ→ランナウェイズ→キッス→ジミヘンドリックス等々
遂に不良が持つエレキギターに手を染める事になります (^_^.)

不良と言えばバイク (^_^.)
高校に入り16歳になったら すぐにバイクの免許を取得して ブイブイ言わしたる!と思っていました。
バイク雑誌やカタログを見て、購入するバイクは決めていました。
金も無いのに (^^ゞ
まぁ親友がバイク屋なので何とかなるでしょう (^^♪ ならんか。
気が早い私は学科試験勉強まで していました。


つづく

タグ:自叙伝
posted by K.Tanaka at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自叙伝

自叙伝(小学生)

yjimageDX396ZBW.jpg

時々このブログを見てくれている知り合いから質問される事があります。
昔ベンツに乗っていたり、広い庭があったり、前は何の仕事をしてたの?実家はお金持ち?とかって聞かれます。
ここいらで私の自叙伝でも書こうかなと思います。
平凡な人生とは ほど遠い、奇想天外なものだと思います。
ちょっとオーバーですが (^^ゞ
かなり長くなるので、暇な時にでも宜しければ読んでくださいませ。


私が7歳の時に父親を病気で無くし、実家は決して裕福な家庭ではありませんでした。
母の女手一つで姉と共に育てられましたが、家の周りは親戚だらけで色々助けてもらいましたので不自由を感じる事は さほどありませんでした。
ただ鍵っ子でしたので、怖い思いや寂しい時も時々ありました。
まだ小学校1、2年生でしたからね。
家に鍵を開けて入ると2階で物音がしたり影が見えたり。
錯覚なのでしょうが、隣の叔父さんに見に来てもらった事もありました。
父親参観日や お父さんの絵を描く授業の時は辛かったですね〜
先生にお父さんはいないんですけど…と言うと、思い出して描きなさいと言われました。
今でも思い出します ( ;∀;)

うちにはおやつを食べる習慣が無くて、お菓子は滅多に食べれませんでした。
学校から帰り 母が勤めから帰って来るまで結構お腹が空きます。
以前このブログのモーニングでもお伝えしましたが、週に2回 家の近くにホットドッグの移動販売車が来ていました。
なけなしのお小遣いで買った そのホットドッグの美味い事!
パンにはマヨネーズであえたキャベツと赤ウインナーしか入っていませんが、絶妙な焼き加減と赤ウインナーの甘みで最高のおやつでした。
その味が今でも忘れられません。
私の赤ウインナー好きは、そこから生まれています。

ある日 親友からバイオリンをやろうと誘われ、断り切れず なんとなく始めました。
友達の家は裕福で新品の上物でしたが、私は中古でしたね。
さほど面白くも無かったので練習にも力が入らず、親友とは差が広がる一方。
町内のソフトボールの方が面白く、1年ほどで やめてしまいました。
中古のバイオリンでも高かったろうに、母親には悪い事をしました。


3、4年生の時、得意な学科は図工でした。
粘土から作る焼き物で、賞を何度か貰いました。
特に焼き物に力を入れる担任で、私1人だけ廊下で作らされた事があります。
教室の中では他の授業をしているのですよ!
なんちゅう教師や!
かなり変わっていて、水泳の時は赤いふんどし姿でした ( ゚Д゚)
赤ふん先生と陰で呼ばれていました。
すぐ怒る怖い先生だったな〜


6年生の時、児童会の副会長に立候補しました。
今から思うと何でそんな面倒な事をしたのか…
目立ちたがり屋でも無いのに。
ただクラスで立候補するのが流行っていて、つられて私も参加してしまいました (^^ゞ
でも どうせやるなら頑張ろうと、タスキを掛けて朝から選挙活動をしました。
選挙演説も評判が良くて、何人も立候補する中 見事に当選しました (^^)/
青年議会議員の経験もあるし、今度は市会議員にでも立候補しようかな。
なんてね (^^ゞ


つづく

タグ:自叙伝
posted by K.Tanaka at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 自叙伝