最新記事
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
(20)
その他(14)

2017年04月19日

「美しい日本人になる」ということ

先日、フィギュアスケートの浅田真央(26)さんが、
引退の会見をしていました。

それを見て、「美しいな」と感じました。
その美しさには、外見だけでなく、
内面が大きく含まれています。

内面の美しさが、外見にもなっている、
という感じでもあります。

浅田さんを見ていても思いますが、
やはり、日本人は黒髪がいいですね。
黒髪が、美しいし、似合います。

本来の髪で魅力的な人こそが、本当に美しい、
といえるのではないでしょうか。内面も含めて。
美しい内面の人は、何を選ぶかということです。

彼女前後の年齢や、それ以上の女性でも、
本来授かった髪を別の色にしている人がいますが、
その精神、その理由は、どのようなものでしょうか。

想像してみれば、大抵の方は、
浮かぶのではないでしょうか。


「美しい日本人になる」ということ。

見た目も、心も、美しい日本人であるということ。

皆さんも、そのようなことを意識されてみては、
いかがでしょうか。

現在、2017年。
昨年、リオオリンピックが終わってから、
日本人本来の魅力、日本人本来の美しさ、
日本人本来の髪を大切にすること、誇りとすること、
そういったことに意識がいったりしています。

2020年。オリンピックの舞台は我が国、日本です。

心も、見た目も、美しい日本人になる。

そんなことを意識してみてはいかがでしょうか。


【スポンサーリンク】



posted by tameninaruhon at 21:23| その他

2017年02月25日

高校で「道徳の時間」を設ける魅力とは・・・

前回、イエモンの『JAM』に関する記事を書いて、
「いい大人」といった内容から、ふと思ったのですが、
高校になると、道徳的な授業って、
急になくなりますよね。
私がいた高校はそうでした。

高校になると、
勉強一辺倒という感じになったりします。
うちのところはそうでした。
そんなイメージが残っています。

この高校時代。
このときに、道徳的な内容に学校で触れる
ということが必要と感じます。

このときに、
「勉強だけ」という感じになってしまったら、
どうかな、という気がします。

勉強が何よりも大事。
その結果が、何よりも大事、
という感じになってしまったらどうでしょうか。


高校後の二十歳を越えた人が、
ニュース沙汰になっていたりします。

レベルの高い大学に入った人が
そうなっているケースもあります。


高校で、勉強以外の、
心の成長のための何かに接する
ということが必要ではないでしょうか。


1ヶ月に1回でも、
そういった授業(もちろん成績は関係ない)、
話の時間があったほうがいいと思います。

学校でそういう時間を設けるくらいでないと、
高校時代にそういった話に触れる機会を持てない
人もいるかもしれません。


高校時代って、何気に大事な時期かもしれません。

「もう成長している」という感じで、学校によっては、
心の成長に関する話を一切しない場合が
あるかもしれません。

しかし、この高校時代って、
成人になる前の段階ですし、
社会に出る前の段階でもあるでしょう。

また、親元を離れる前の段階でもあるでしょう。


この高校時代に、学校で、
大人になるにおいて、社会に出るにおいての
大事な話をされておくといいと思いました。

例えば、喫煙・飲酒の影響、選挙、性、結婚、子育て、
お金などについての話。

また、偉人や専門家などのお言葉、
本などを用いたりして、
心の成長につながるような話をしたり。

このような授業、話の時間(成績に関係ない)が、
高校で月に1回くらいあると、
高校生の心の成長だけでなく、
ちょっと一息つける心の潤いタイムにも
なるのではないでしょうか。

そして、こういった時間が、
高校卒業後においての大学生活や、
社会人生活において役立ち、
人の気持ちを大事にする大人、
人といい関係を築ける大人へと
つながっていくのではないでしょうか。


【スポンサーリンク】



posted by tameninaruhon at 16:07| その他

2017年02月24日

イエモンの『JAM』と涙

今回は、本ではないのですが、J-POPの歌の歌詞から
お伝えしていきます。


昨年、2016年、THE YELLOW MONKEY(イエモン)は、
NHKの紅白歌合戦に出場して、
『JAM』を歌いました。

この曲は有名なので、知っている方が多いと思います。

私は、紅白は、録画をして見ました。

私自身は、イエモンのファンというわけではないのですが、
紅白で歌われた『JAM』を聴いていたら、
思いがけずに涙がこぼれてしまいました。

切なさがあると感じました。


そして、この曲の中で、
特に、心に残った部分、心に残った歌詞は、
以下の部分です。

「あの偉い発明家も 凶悪な犯罪者も
みんな昔子供だってね」


当たり前のことなのですが、
グッとくる歌詞だと思います。

どんな人も、みんな、昔は、子供だったのです。

どんな大人であれ、純粋な子供だったのでしょう。

まして、赤ちゃんとなれば、尚更でしょう。

赤ちゃんは、とても無垢な存在です。


その過程において、何があったか、
ということになるのでしょう。

その過程はどういったものであったか。

その過程において、どういった人と接したのか。

また、親などの大人の影響もあるのではないかと
思います。


子供にいい影響を与える大人。

そんな大人が、
彼ら(前述歌詞の後者的な人)の周りにいたら、
また、違っていたのではないでしょうか。


【スポンサーリンク】



posted by tameninaruhon at 13:50| その他
***********
書評・レビューランキング
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
***Thank you***
アンケートモニター登録
検索