最新記事
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
(25)
その他(26)

2018年06月21日

ガラケー使用者に朗報、スマホ月額料金0円で、トータル通信料が安く済む方法

今や、すっかりスマホの時代になりましたね。
電車に乗れば、多くの人がスマホを見ています。

ガラケー使用者の中には、そろそろスマホにしようと、思い始めている方も多いのではないでしょうか。

自分は、長いことガラケーを使ってきました。

自分は、情報はパソコンで見れればいいと思い、ずっとガラケーにしていました。

また、ガラケーの魅力は、なんといっても月額料金が安いことです。

自分の場合は、1500円未満でした。

ところが、結構前の話になるのですが、ガラケーの進化系、ガラホが実質無料という手紙が携帯会社から届きました。

ガラケーをずっと長く使っていたこともあり、実質無料ならと、スマホの画面も見れるガラホに変えました。

スマホは、月額使用料が明らかに高くなるので、使用することは考えませんでした。
情報は、パソコンで見れれば、十分ですので。

ところが、自分は勘違いをしていて、ガラホ代は無料で済んだのですが、月額料金は、ガラケーよりも上がって、2000円くらいとなってしまいました。

500円近く違う。しかも、留守電をプラスするには、月額300円プラスになるみたいです。

高くなるので、留守電は追加しておらず。

契約時に、月額使用料が高くなることには、うすうす気づいていたのですが、割引などもあったりして、ごちゃごちゃして、契約してしまいました。後の祭りです。

毎月、500円ほど月額使用料がアップ。あらら。変えなければよかった。

スマホより、ガラホが安い、ということに気を取られ、ガラホにすると、プラン自体も違う、ということに意識が行きませんでした。


ここで、スマホを、無料で使う方法です。

夫に、上記のことを言ったら、自分が使わなくなったスマホにSIMカードを使えば、だいぶ安く使えたのに、と言われました。

そして、最近、ちょっと、スマホがあったほうがいい状態になりまして、夫が以前使っていたスマホにSIMカードを利用して、所持しています。

その、月額料金は、0円です。500MB未満まで無料です。500MB以降100MBごとに100円(税抜)。最高でも1,600円というプランです。

これは、ソネットの『0 SIM』です。興味のある方は、詳しい情報をチェックしてみてください。

自分は、スマホをちょっと使えればいい、という状況なので、月額0円で済むでしょう。

また、スマホを、家で見る場合は、Wi-Fi利用で、使用料はかかりません。


こんなのがありました!!

本当に、携帯変えなきゃよかった。ガラケーのままにしておけばよかった。そうすれば、通信料の月額は1,
500円未満のままだった。

そのうえ、スマホも使えてる。

スマホは、ガラケーよりも、文字入力が断然早くて、使いやすいです。

ガラケーは、希望の文字が出るまで、何度もボタンを押す必要がありました。ガラホも。

スマホは、そんなことしなくていい。文字入力の時間と労力がだいぶ違います。だいぶ楽です。快適!!


自分のように家族が使わなくなったスマホがあれば、本当に0円で済みます。

また、中古のスマホであれば、安く済みそうです。

新しいスマホを買ったとしても、スマホ代はかかりますが、外で、あまり使わない人は、ご紹介したプランを利用すれば、月額0円で使えます(このプランは、電話なしのプランになります)。


ガラケーを使っている方で、ガラホやスマホが気になってきた方に、ぜひお伝えしたい内容を、今回は、お伝えさせていただきました。

ガラケーを手放してしまったら、月額通信料を、もう、あの安い料金に戻すことはできないでしょう。
そう感じました。

そう思っていたら、ネット上で、ガラケーをショップに持ち込めば、あの安いプランにできるという情報を発見しました。

もし、それができたとしても、自分の場合、今解約したら、解約手数料がとられてしまいます。


ガラケーを変える前に、このような方法もありますよ、ということで、お伝えさせていただきました。


【スポンサーリンク】



posted by tameninaruhon at 15:50| その他

2018年06月13日

歩道が狭いところにガードレールがあると、すれ違えない

歩道には、ガードレールが設置してあるところもあれば、ないところもあります。

歩道が十分に広ければ、ガードレールが設置してあっても、歩行者に何ら支障はありません。

ところが、歩道が狭いのに、ガードレールが設置してあるところがあります。

その場合、ガードレールの中で、向こう側から来た人とすれ違いにくかったり、すれ違えない場合が出てきます。

特に、狭い歩道のガードレールの中を自転車が通ってしまった場合です。

このような場合、歩行者が待たなければいけないことがあります。

先日、自分は以下の経験をしました。
狭い歩道のガードレールの中を子供が2人(前後で)自転車で走っていました。
明らかにすれ違えないので、通り終わるまで待っていました。

ようやく通り過ぎたので、歩道を進みました。

すると、また、子供(男の子)がガードレールの中を自転車で向かいから走ってきました。

ちょうどガードレールの切れ目にいた私でしたが、先ほど待っていたこともあり、気が急いでいたためか、「これはすれ違えるよ」と思って、ガードレールの内側の歩道に入りました。

すると、男の子に、自転車のベルを鳴らされてしまいました。

そして、ガードレールの切れ目に再び戻りました。

なんだか、もどかしい気持ちになりました。
最初から、待っていればよかった。

けれど、待ち過ぎていたこともあり、そのようになってしまいました。

確かに、自転車だと、すれ違いにくいし、すれ違えなかったかもと、後で思いました。

このような経験をしました。

皆さんの中にも同様の経験をされた方がいらっしゃるのではないかと思います。

もし、ガードレールがなければ、待つことなく、進めるのです。

また、そもそも、このような場合、自転車はガードレールの外を走るのが基本ではないでしょうか。
子供やお年寄りは例外になるのかもしれませんが。

このような経験をすると、ガードレールは、歩道の広さによっては、ないほうがいいと感じてしまいます。

また、自転車は車道側という知識を広めることも必要と感じます。

自分は、歩道の建物側を歩いていたら、向かいから来た自転車に、舌打ちされたように感じたことがありました。

自転車は、車道側という知識が広がる世の中にする必要があると感じます。

同様の経験をされた歩行者の方は、結構いらっしゃると思います。


【スポンサーリンク】



posted by tameninaruhon at 21:43| その他

2018年05月29日

想像力の欠如、言霊のチカラ

多くのよくないニュースは、想像力の欠如によるものだと、最近感じます。

例えば、連日、ニュースになっている大学のアメフトの話。

相手の気持ちを、思いやり(想像し)、それに見合ったコミュニケーション、対応ができていれば、このようなことにはなっていなかったでしょう。

また、コーチが、よくない言葉を使っているのも、このようなことを引き寄せてしまったようにも感じます。
例えば、「潰せ」です。

そこのアメフト部では、よく使われているみたいですが、アメフトをしていない者としては、非常に過激な言葉であると感じました。


想像力は、夫婦間もそうですが、あらゆる人との間で必要なものだと感じます。

想像力の大切さについては、つい最近まで、自分は全く意識していませんでした。
前回のブログで記事を書いて、その大切さに気付きました。

想像力が欠如すると、人をきずつけたり、人をカチンとさせたりすることが起こりやすくなってしまうのではないでしょうか。

ある程度の年齢になって、「自分は悪い人間ではないし、人々から好感を得ているときもあった。自分の思うようにやって、何ら問題ない。」と、このように感じている方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

ところが、このような感覚でいると、実際には、悪い人ではないのに、人を知らぬ間に、きずつけている、ということが起こりうります。

なぜでしょうか。それは、冒頭からお伝えしている、「想像力の欠如」によるものだと感じます。

若い頃はやっていたのに、いつの間にか、人の気持ちを想像しなくなっている。それが当たり前になっている。その結果、相手をきずつけてしまう、カチンとさせてしまう。

自分も、ついこの前までは、この感覚があったと感じます。
相手の気持ちを想像して、言葉を発し、行動することの大切さにアメフトのニュースから、更に感じました。


【スポンサーリンク】



posted by tameninaruhon at 16:21| その他
***********
書評・レビューランキング
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
***Thank you***
アンケートモニター登録
検索