広告

posted by fanblog

魔法少女まどか★マギカ 第3話 「もう何も恐くない」感想

今日は第3話目にして急展開を迎えている、魔法少女まどか★マギカ第3話の感想です。

原作のないオリジナルアニメは、展開が読めないので、毎回毎回、新鮮で面白いですよね〜。

さて、まどか達は、魔法少女になれたのか?まどかの命を賭けても叶えたい願いとは!?
この話で明かされるのでしょうか・・・

魔法少女まどか★マギカ 第3話 「もう何も恐くない」感想・・・

続きからどうぞ!

◎魔法少女まどか★マギカおススメアイテム◎
前回、さやかの回想にて病院のベットにいる少年のシーンが流れましたが、
第3話は、そのさやかの大切な人「上条君」の登場場面から。

バイオリニストを目指していたでしょうか。クラシックCDを聞きながら涙を流しています。
視点が移って包帯が巻かれた左腕に・・・。

この傷でバイオリンが弾けなくなってしまったのかな?


さて、まどかとさやかを引き連れて行われている、マミによる魔法少女体験ツアー。
まだ続いているみたいです。魔女から分裂した使い魔を華麗に片づけるマミ。

そんなマミは2人に何か願いは決まったか?
と問いかけます。

さやかは他人の為に願いを叶えたいといいますが・・・。

「願いを何の為に叶えるのか、彼に夢を叶えて欲しいのか?
助けたい人の為に?それともその人の恩人になる為に?」

マミは厳しい言葉を投げかけます。

命の危機にいた自分には魔法少女になるしかなかった、選択の余地もなく選ぶ時間もなかったから。
願いを選べるまどかとさやかには、後悔をしてほしくないから、と。


そんな、マミの言葉に願いを考えるまどか。

ここでキュゥべえのドアップ・・・。こ、怖い。
最初はカワイイ小動物と思っていましたが、口元も動かず表情も動かないとなると怖いかも。

そのキュゥべえですが、まどか達に願いの助言をするのはルール違反の模様。
キュゥべえにも、色々謎がありそうですね〜。

そして、まどかに備わる魔法少女の資質。

この後のマミとほむらの会話にもありますが、どうやらまどかが魔法少女になると
とても強くなるようです。マミよりも強く、ほむらが恐れる程に。


そんなやり取りがあった翌日。上条くんが入院している病院に
「グリーフシード」を発見する、さやかとまどか。
さやかはキュゥべえとグリーフシードを見はり、
まどかは1人、マミを呼びに走ります。

マミと2人で魔女の結界に突入するまどか。
その道中、まどかは自分なりに考えた『願いを』マミに語ります。

自分には人に自慢できる才能も何もない、
だからこれから先ずっと他人に迷惑をかけて生きていくのだと思っていた。
けれど、マミのに会って、誰かを助ける為に戦う姿をみて、同じことが自分にも出来る
んだって。

そのことが何よりもうれしい、と。『魔法少女になること』が夢になる、と・・・。


ここで、マミの本音も聞けます。

怖くてもつらくてもだれにも相談できず、一人ぼっちで泣いてばかり。
ただの虚栄心だけで戦っているだけ。

・・・凄いせつない。
黒いと思っていたマミの涙にクラッときました。

そんなマミに、まどかはもう一人ぼっちじゃない。私でよかったらそばにいる。
魔法少女になったら共に戦おうと誓います。

そんな時、
キュゥべえからの通信が。

ここから怒涛の展開が始まります。

まどかからの「もう、一人ぼっちじゃない」
の言葉に励まされたマミは、魔女との戦闘において、
圧倒的な力を見せます。

が、

魔女が本当の正体を表した瞬間・・・

マミは魔女に思いっきり殺られます。

うっそ。こうくるか!

マミは魔女にやられ命を落とします・・・。

まさかの3話での退場。

この後ほむらが駆け付け、魔女を瞬殺しますが、魔法少女には変身しなかったです。
ちょっと残念。

そして、このセリフ
「・・・しっかりと目に焼き付けておきなさい。魔法少女になるってことはそういうことよ・・・」

胸に突き刺さります。

今回はここで終了です。
マミは死んだままなのでしょうかね。なんとなくまどかの願いで生き返るパターンな感じがしますが。
どうなるかは分かりません。

それと、さやか&上条くんの関係も気になるところですね〜。
やはり、さやかは、上条くんの為に願うのか!?

うう、続きがかなり気になります。

次回「奇跡も、魔法も、あるんだよ」も期待大です!!

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。