広告

posted by fanblog
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ場・ゴルフコースへ
にほんブログ村
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
リンク集
カウンター
プロフィール

TM
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

posted by fanblog
2012年01月12日
冬の玉村ラウンド2−3
14番 151Yパー3
7Iで打ったボールは、左に出て、左のバンカー。
苦手のバンカーは、ラッキーにも1回で出たが、反対側のグリーンエッジに。
またもやボギーで、いつになったら反撃が始まるのやら。


15番 593Yパー5
ドライバーは左の林を直撃で、大きく戻されて、林の中。しかも石がゴロゴロしている。(写真を撮っとけばよかった。)
3W、UT、UTとつないで、やっとここまで来ました。残り90Y。
アゲンストの風もあるから、52度でピタリの筈。
ダフらないように慎重に、ダウンブローに振ったら、ボールは思いのほか高く出て、前方の木の枝に邪魔され届かず。


ダウンブローに打つと、高い玉が出る。
アイアンのミスが出ないように、上からたたくような打ち方を心がけている。
私のアイアンセットでは、その打ち方が適しているようだ。
ただ、低い球を打ちたい時にはどうすればいいのか、まだつかめていない。
特に、52度のウェッジは玉の高低を打ち分けなければならない場面によく出会う。
以前使っていた51度のブリジストンのウエッジでは、押さえて打つことができたのだが。
52度はヘッドが小ぶりになり、操作性に優れているように見受けられるが、使ってみるとそうでもない気がする。
シャフトの問題なのだろうか。あるいは、ヘッドが大きいほうが安心感が増し、いろいろな打ち方も苦にならないのだろうか。
難しい。

この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。