広告

posted by fanblog
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ場・ゴルフコースへ
にほんブログ村
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
リンク集
カウンター
プロフィール

TM
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

posted by fanblog
2013年02月02日
寒中稽古ゴルフ8
12番 347Y パー4
このホールの主役は、たたずむYさんね。

ドライバーは右ラフへ。
3パットをまだ引きずっている?
アハハ、だけど空は綺麗だ。


しかし、これだけ広いと、なんだか申し訳ない気がしてくるぞ。
「ヘボゴルファーさん、大丈夫だよ、救ってあげるよ。」
やっぱり平地のゴルフ場はいいなあ。

残りを7Iで打つ。
セカンドをFW以外で打つのが久しぶり。
私の大好きな、パー4ホールのアイアンのフルショットだ。
FWのコントロールショットとは違って、
気持ちよく、
思いっきり、
ビッシッと、
ダウンブローに、
ピンを突き刺すように、
青空を切り裂いて・・・


もう分かったから。
乗らなかったんだね。
ご明察!


PWのアプローチが上手くいったと、余韻にひたろうとしていると、
「Fさん、Fさん、ちょっとこっち来て。」
「はあ〜」
Kさんの呼びかけに、瞬時に反応できない。
歳をとると反射神経が鈍ると感じるのは、こんなときだ。

「そうね、まずはそのアプローチを褒めとかなくてはね。ナイスオン。」
「でも、でも、こっちに来て。これ見て。」
そこにはたたずむYさんがいた。


「これはもう、絶対写真とって、玉村日記に載せなきゃね。」
Kさん、ずいぶんテンションが高い。
確かに、上級者のYさんがこの状況をどう打つのか、大変興味をそそられる。

赤丸の中のボール、ピン方向を狙うのは、相当難易度が高い。
ボールの手前が高くなっているから、高さのあるボールを打つのは難しい。
それに冬ラフとはいえ、少しもぐっていて、ライも悪そうだ。

少しの間考えていたYさんは、Aのところに刻んだ。
すばらしい。
これが上級者の状況判断と技術とメンタルだ。

@Yさんはバンカーショットがお上手だけど、ここからピンを狙ってバンカーに落としたときに、壁にくっついてさらにトラブルことを回避したのだろう。
AAのところを狙って、そのとおりにAのところに打てる技術がすごい。
Bグリーン近くで、ピンを狙えない不運に気持ちが負けていない。
さすが上級者のゴルフだ。

スコアーはダボだった。
だけど、ダボにも、いいダボとへなちょこダボがあることを知った。
私がちょくちょくたたくダボとは、種類が違うなあ。



13番 137Y パー3

8Iで打つ。
乗らず。

PWでアプローチ。
寄る。

グリーンをよむ。
パターで沈める。

ナイス!
寄せワンパー。

これがゴルフだ。
これがアプローチだ。
これが私の求めていたものだ。


上質なゴルフには、言葉は要らない。
パーの充足感にひたって、先に進もう。

・・・そうか、「玉村日記」がだらだらと長文が続くのは、いつもは上質からかけ離れているからなんだ。
・・・はい、そうです。

この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。