2017年10月17日

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の運用先を楽天証券へ変更しました

運用額が50万円になったらSBI証券へ変更しようと思っておりました。
しかし、楽天証券だと運用額に関わらず運営管理手数料が無料ということで今年の4月に変更しました。

野村証券では節税目的のため国内債券のみで運用しておりましたが、最初は良かったもののズルズルと”手数料負け”となっていたので、楽天証券では株式への配分を高めにしておきました。

現在は、昨今の株高によって利回りが10%を超えるまでに回復してきております。

無題kakutei-1.png


使い慣れた楽天証券なので確定拠出年金へのアクセスを頻繁に行っており、スイッチングも数回行っております。
楽天証券から他の金融機関へ変更する場合に4,320円かかるということを最近知りましたが、使いやすいので当分の間ここで運用したいと思います。

2016年01月26日

個人型確定拠出年金の登録が完了しました

10日ほど前に年金機構より登録の案内が届きました。
口座引き落としは今月末からとなってちょうどよかったです。

今年から毎年27,600円の節税となるので、ふるさと納税額にも注意が必要ですね。

しかし、日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジーって会社から「確定拠出年金重要書類」が送られてきてびっくりしました。
野村証券から事前にその旨連絡がないので、怪しい会社から何か送られてきたと思ってしまいましたよ。

そういえばメールも来てたと思うけど、読まずに破棄してしまった。
先に書類が届いていれば分かっていたけれど、知らない会社からのメールはちょっと怖いよね。

野村さんお願いしますよ!!

2015年12月12日

野村の個人型確定拠出年金に申し込んでみた

今年の9月にネットのニュースで見かけ、色々調べておりました。
税制メリットが大きく、加入する価値はあるとの見解で10月に野村へ資料請求しました。

無題11.jpg無題12.jpg

しかし、申込書の中に勤務先が企業年金に加入していないという証明のため社印を押してもらわないといけないらしく、しかも毎年1回企業年金を始めていないか確認があるらしいです。

そんなことから申し込みを躊躇していたのですが、今の勤務先では退職金がスズメの涙ほど。
やはり将来のため、加入することにしました。

基本は節税目的なので、リスク資産に投資するのはやめ、利回りは悪いけど信託報酬が一番安い国内国債オンリーにしておきました。
いつでも変更できるので状況を見て割合を変えようと思っています。

また、個人別管理資産が50万円以上になったらSBI証券に変更しようと思っています。
口座管理手数料が無料になりますからね。


個人型確定拠出年金のメリットやデメリットについてはまた後日。
ファン
検索
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***
RSS取得
QRコード
最新コメント
プロフィール
SevenColorsさんの画像
SevenColors
プロフィール