2018年06月07日

自動売買EA『 BTS_SCAL 』 3 (バージョンアップのお知らせ)

 
お世話になっております。
TAKE でございます。


自動売買EA『 BTS_SCAL 』 のバージョンアップ(v1.1)の
お知らせをさせていただきます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●バージョンアップ内容

 1. 多くのユーザー様からご要望があり、複利機能を実装しました。

  


 2. プログラムの無駄な記述を整理し、若干のメモリ節約を行いました。
   パフォーマンスには影響しません。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


※先ほど、ユーザー様全員に
 バージョンアップのご案内をメール送付させていただきましたので、
 メールのご確認をお願いいたします。

 もしも、お知らせメールが届いておられないという場合は、大変お手数ではございますが、
 以下のメールアドレス宛にご連絡いただけますでしょうか。

 ・お問い合わせメールアドレス: team_take@supportmail.sakura.ne.jp



よろしくお願いいたします。

TAKE



DLmarketで購入
【高精度の売買矢印インジケーター】
 Bollinger☆TradeSignal


DLmarketで購入
【ご購入特典】BTS_SCAL (自動売買EA)
 

2018年05月28日

自動売買EA『 BTS_SCAL 』 2 (Tick Data Suite バックテスト編)

 
お世話になっております。
TAKE でございます。


皆さん、Tick Data Suite というツールをご存知でしょうか?
(私は、知りませんでした・・・)

自動売買EA『 BTS_SCAL 』に興味があります。
Bollinger☆TradeSignalの購入を検討中のためTick Data Suiteを使ったバックテストを見せて欲しいです。

というご要望を先日お客様からいただきました。

Tick Data Suite というツールを使えば、以下のバックテストが可能とのことです。

 ⇒ リアルティックデータでバックテストができる。

 ⇒ 可変スプレッドでバックテストができる。(リアルスプレッド)

 ⇒ スリッページを再現したバックテストができる。

 ⇒ とても多くの精密なパラメーターでストップレベルなどの取引条件を定義したバックテストができる。

 ⇒ 今までと同様、MT4 のストラテジーテスター上でバックテストができる。


https://eareview.net/


これが本当なら、バックテストでフォワードテストと同等の結果を得ることができます!

早速、Tick Data Suite を購入して、検証してみました。


以下が、Tick Data Suite を使ったバックテスト時のスプレッドの動きです。
ちゃんと、バックテスト上で 可変スプレッド(リアルスプレッド)が確認できます!



ちなみに、以下が、Tick Data Suite を使わない通常のバックテスト時の動きです。
指定したスプレッド値のまま変化しません。(今までこれが普通でした)




そして、以下の様にスリッページがバックテストに反映されています!





結論は、凄い! Tick Data Suite!
確かに、このツールを使えば、フォワードテストと同等のバックテスト結果が得られます!

ちなみに、海外では、有料EAは、Tick Data Suite のバックテスト結果でないと、
誰も相手にしないらしいです。やはり、日本はかなり遅れていますね。


で、以下が、Tick Data Suite を使った 自動売買EA『 BTS_SCAL 』のバックテスト結果です。

(それぞれのグラフ画像をクリックいただくと詳細にご確認いただけます。)


EURUSD(ユーロドル)USDJPY(ドル円)GBPUSD(ポンドドル)

 ↑WEBブラウザーが Microsoft Edge の場合、日本語が文字化けするみたいです。(私の環境だけかな?)
  Google Chrome など他のWEBブラウザーでご覧ください。


 ⇒ Tick Data Suite は、現在、Dukascopy、TrueFX、Alpari、histdata.com、FXCM の
   5つのブローカーのリアルティックデータに対応しています。

 ⇒ TrueFX は、Tick Data Suite から、なぜか 直接ダウンロードできなかったので
   以下からリアルティックデータを手動でダウンロードし Tick Data Suite にインポートしました。

   https://www.truefx.com/?page=frontpage

 ⇒ 当然、ダウンロード可能な全ての期間でバックテストを行いました。
  ( リアルティックデータが数年間しか無いブローカーや、
    直近のデータが 1か月くらい前までしかまだ更新されていないブローカーもありますが)


いかがでしょうか?
フォワードテストと同等でこのパフォーマンス、凄くないですか?

前回の記事でも言いましたが、
やはり、これほどの 自動売買EA は、そうは無いと思います♪

当然、経済指標や、過去の歴史的な大暴騰、大暴落など、全てが織り込まれた結果です。
パフォーマンスを良く見せかけるための姑息なフィルタリング(除外)などしていません。


ご興味がおありの方は、是非、Bollinger☆TradeSignalをよろしくお願いいたします!


TAKE


【 ※お礼 】
  Tick Data Suite のバックテストをご要望くださったお客様、本当にありがとうございました。
  大変有益なツールを知ることができ、大変感謝しております。



DLmarketで購入
【高精度の売買矢印インジケーター】
 Bollinger☆TradeSignal


DLmarketで購入
【ご購入特典】BTS_SCAL (自動売買EA)
 

2018年05月22日

自動売買EA『 BTS_SCAL 』

 
お世話になっております。
TAKE でございます。


今回は、Bollinger☆TradeSignal を使った自動売買EA『 BTS_SCAL 』のご紹介です。

私自身は、好きな時に好きなようにトレードする短期スイングの完全な裁量派なので、
自動売買EAは、あまり興味がありませんが、

「 何を使っても、何をやっても、裁量でうまく勝てない 」

という方がいらっしゃるようで、ユーザー様からの熱いご要望から
「 究極の無裁量 」である自動売買EA を今回開発してみました。


以下が、自動売買EA『 BTS_SCAL 』のバックテストデータです。

(それぞれのグラフ画像をクリックいただくと詳細にご確認いただけます。)


EURUSD(ユーロドル)USDJPY(ドル円)GBPUSD(ポンドドル)

 ↑WEBブラウザーが Microsoft Edge の場合、日本語が文字化けするみたいです。(私の環境だけかな?)
  Google Chrome など他のWEBブラウザーでご覧ください。


さまざまなブローカーで長期に安定したパフォーマンスが出せるEA性能を証明するため、
ヒストリカルデータは、低品質、高品質を問わず、13年以上の長期間のブローカーのものを採用し、
ダウンロード可能な全ての期間でバックテストを行いました。

どのブローカーのバックテスト結果も、スプレッド 2pips でも、
トレード頻度が多く、低ドローダウンで、安定しています!

配信レートが違うブローカーでも、長期に渡り、
これだけ安定したパフォーマンスの自動売買EAは、そうは無いと思います。
私自身はこれほどのEAを見たことがありません。

皆さんは、どう思われたでしょうか?


通貨ペア は、取引量の多い流動性の高い通貨ペアでの利用がよいです。

  推奨は、世界で最も取引されている 1位、2位、3位 の通貨ペアの
  ユーロドル(EUR/USD)、ドル円(USD/JPY)、ポンドドル(GBP/USD) です。


時間足 は、1分足 です。

  トレードが長時間であることを好まない方が多くいらっしゃるようですので、
  スキャルピング系のEAを開発してみました。


⇒ 最大ポジション数 は、5ポジション です。

  ナンピン、マーチンゲールではありません。
  常に 5ポジションを保有するわけではありません。
  ロジック上必要な場合に最大 5ポジションまで保有するという意味です。
  両建てはしません。


最適化やカーブフィッティングを一切行っておりません。


EAの設定は、とても簡単です。

  難しいパラメーターは ありません。
  基本、パラメーターは デフォルトのままで問題ありません。


このEAは、Bollinger☆TradeSignal が稼働できる環境でのみ動作します。

  Bollinger☆TradeSignal のライセンスの有効期限切れや、
  Bollinger☆TradeSignal のシリアルキー発行の際にご登録いただいたパソコン以外では、
  自動売買EAは、動作いたしません。


というわけで、なんと! この自動売買EA『 BTS_SCAL 』を、
この度、Bollinger☆TradeSignal をご購入いただいた方全員に無償で
ご提供させていただきいたいと思います。

もちろん、既存のユーザー様にも無償でご提供させていただきます。

※既存のユーザー様とは、Bプランの 有効期限「 無期限 」のユーザー様 と、
 Aプランの 有効期限「 1年 」で有効期限が切れておられないユーザー様のことでございます。

※先ほど、Bollinger☆TradeSignal の既存のユーザー様全員に
 自動売買EA『 BTS_SCAL 』のご案内メールを送付させていただきましたので、
 メールのご確認をお願いいたします。

 もしも、お知らせメールが届いておられないという場合は、大変お手数ではございますが、
 以下のメールアドレス宛にご連絡いただけますでしょうか。

 ・お問い合わせメールアドレス: team_take@supportmail.sakura.ne.jp


本来は、これほどのEAですので、無償でご提供というのはありえませんが、
先にご説明させていただいたように、ユーザー様からの熱いご要望から開発したEAですし、
現在、Bollinger☆TradeSignal の売上累計が 950個 を超え(2018/05/22時点)、
とても多くのユーザー様にご支持いただいておりますので、
今回は、Bollinger☆TradeSignal をご購入いただいた方全員に無償でご提供させていただきます。
ただし、近々、無償でのご提供を止め、自動売買EAのみ別商品とし有料化 を検討しております。
ご興味がおありの方は、無償であるこの機会に
是非、自動売買EA『 BTS_SCAL 』をご入手されてください。


Bollinger☆TradeSignal は、裁量で利用しても! 無裁量でも!

優位性の高さを数値的な確率根拠と損益グラフでしっかりと示している商品です。

この様な商品は、他には無いと思います。

ご興味がおありの方は、是非、Bollinger☆TradeSignalをよろしくお願いいたします!

TAKE



DLmarketで購入
【高精度の売買矢印インジケーター】
 Bollinger☆TradeSignal


DLmarketで購入
【ご購入特典】BTS_SCAL (自動売買EA)
 

2018年01月05日

完全な マルチタイムフレーム(MTF)の インジケーター 16

 
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。


ところで、皆さん、お正月のお休みはどう過ごされましたか?

● お正月のテレビがおもしろくてずっとテレビ漬けだった

● ずっと寝てた・・・寝正月だった

● 休み中、友達と集まってお酒を飲んで遊びまくっていた


それは、いけませんね〜

トレードで勝てている人はまだいいですけど・・・
負けている人が普通の人と同じ行動をしているようでは一生勝てるようになれませんよ。
休場日こそ、過去チャートの検証や研究をするくらいでないと。

もしも、楽して儲けようという甘い考えでトレードをやっているのなら、
資金を減らすだけなのでトレードはやらない方が良い!
トレードしない普通の人生が決して悪いわけではないので無理することないです。(本当に)


では、今回のブログ記事の本題です。

『 THV Trix 』と『 THV Coral 』の2つの『 Perfect MTF 』のインジケーターを追加制作しました。
(恐らく『 THV 』をご存知の方は多いと思います♪)
 ↓




ただ・・・、今回の開発過程で少しショッキングな事実が判明してしまいました・・・

実は、オリジナルの『 THV Trix 』のラインのカラーは、たまに「 リペイント 」します・・・

リペイントの証拠動画です。
 ↓
動画の 39秒 を見てください。現在足の一つ前の足の Fast Trix がグリーンに確定した後に
動画の 44秒 で確定したはずの Fast Trix のグリーンがレッドにリペイントされます。



これは、オリジナルの『 THV 』開発者の完全な制作ミスだと私は思います。

なぜなら、「 リペイント 」することを開発者が敢えて許容したとは思えませんし、
「 リペイント 」しないように開発可能だからです。

これは、かなりショッキングな事実です・・・

前回のブログで発覚した一般に出回っている『 Heiken_Ashi_Smoothed.ex4 』の欠陥の様に(こちら)、
インジケーターを開発する度に、ミスや欠陥がこうも見つかるということは、
世に出回っているインジケーターは、もしかすると、かなりの確率で制作ミスや欠陥があるのでは?
と思ってしまいます・・・
こんなに有名なインジケーターでこんな制作ミスが見つかるくらいなので・・・

この様なインジケーターで相場分析している人がたくさんいると思うとほんとゾッとします・・・

前回のブログで、冗談のつもりで「 これからは全てを疑います!(笑)」と書きましたが、
冗談ではなく真剣に「 これからは全てを疑います! 」


というわけで、今回の追加インジケーターは、「 完全なノンリペイント 」に修正し、
且つ、『 Perfect MTF 』の全機能に対応させましたので、
是非、有意義にご活用されてください。


※ 上記の「 完全なノンリペイント 」とは、以下のインジケーターの再表示を行ったとしても、
  一切、表示内容を変えることがないことを意味しています。

  @MT4を再起動したとき

  A他の通貨ペアに変更させ、元の通貨ペアに戻したとき

  B他の時間足に変更させ、元の時間足に戻したとき

  Cチャートに反映されたインジケーターを削除し、
   再度、インジケーターをチャートに反映したとき(インジケーターの貼り直し)

  一度確定した表示内容は、どんなことがあっても、一切、表示を変えることはありません。
  つまり、皆さんが求める本当の意味で「 完全なノンリペイント 」ということです。

  当然、『 Perfect MTF 』の全てのインジケーターは、この「 完全なノンリペイント 」です。
  そうでないと過去チャートの正確な分析や検証ができませんから当然といえば当然ですが。


※ 今回の追加インジケーターの『 THV Trix 』と『 THV Coral 』の THVバージョンは『 V4 』です。

  もしも、『 V3 』に変更したいという場合は、

 『 THV Trix 』の場合、パラメーターの「 Trix_Fast_VolumeFactor 」と「 Trix_Slow_VolumeFactor 」を
  両方とも「 0.7 」に変更してください。『 V3 』が描画できます。

 『 THV Coral 』の場合、パラメーターの「 Coral_Period 」を「 55 」に変更し、
 「 Coral_VolumeFactor 」を「 0.3 」に変更してください。『 V3 』が描画できます。


※ 今回発覚したオリジナルの『 THV Trix 』の制作ミスの原因と修正方法の詳細は、
  ご説明するとかなり長くなってしまいますので、時間の関係上、割愛させていただきます。



最後に、今回の件で私は強く思いました。
世に出回っているインジケーターの「 Perfect MTF 対応化 」を
もっと開発速度を上げて急がなければいけない! と。

そうでないと、制作ミスや欠陥に気づくことができないですし、
何よりも、欠陥のあるインジケーターで相場分析していては何の意味もありませんので。

もしも、私の考えすぎ、拘りすぎ、だと皆さん思われたなら、
今回の記事はどうぞスルーされてください。

TAKE


※先ほど、インストールファイルを『 Perfect MTF 』のユーザー全員に
 メール送付させていただきましたので、メールのご確認をお願いいたします。

 もしも、お知らせメールが届いておられないという場合は、大変お手数ではございますが、
 以下のメールアドレス宛にご連絡いただけますでしょうか。

 ・お問い合わせメールアドレス: team_take@supportmail.sakura.ne.jp

 

2017年12月04日

完全な マルチタイムフレーム(MTF)の インジケーター 15

 
お世話になっております。
TAKEでございます。


今回は、『 Perfect MTF 』の MTF時の ロウソク足 と 平均足 の表現変更のお知らせです。

以下が以前の MTF時の ロウソク足 の表現です。




そして、以下が 表現変更した MTF時の ロウソク足 です。






いかがでしょうか?
以前の表現よりも格段に直感的な表現になりましたよね?

ただし、もしも、以前の表現の方が良かったという方は、
インジケーターのパラメーターに「 ロウソク足タイプ 」又は「 平均足タイプ 」というパラメーターが
ありますので、そのパラメーターを「 細い 」に切り替えていただければ、
以前の表現に戻すことができますのでご安心ください。


ところで、皆さん、『 平均足スムーズド 』というインジケーターをご存知でしょうか?

一般的に、 平均足スムーズド は『 Heiken_Ashi_Smoothed.ex4 』というインジケーター名で
フリーのインジケーターとして出回っています。

以前から複数のユーザー様からご要望をいただいていましたので、
今回、『 Perfect MTF 』のラインナップに『 平均足スムーズド 』を加えるべく開発を行いました。

ただ、これが私たちにとって地獄の開発の始まりになるとは・・・ ブルブル


では、まず、平均足 と 平均足スムーズド の計算方法の説明です。


●平均足 の計算方法

 平均足始値 =(1本前の平均足始値 + 1本前の平均足終値)÷ 2 
 平均足終値 =(始値 + 終値 + 高値 + 安値)÷ 4
 平均足高値 = 始値、高値、終値 の3つの値の最大値
 平均足安値 = 始値、安値、終値 の3つの値の最小値



●平均足スムーズド の計算方法

 1. まず、始値、終値、高値、安値 の各値を平均化します。

   始値 を平均化 ⇒ 平均始値
   終値 を平均化 ⇒ 平均終値
   高値 を平均化 ⇒ 平均高値
   安値 を平均化 ⇒ 平均安値

   ※ここでの平均化は 平滑移動平均(SMMA)での計算が一般的です。


 2. 次に、上記の各値から平均足を計算します。

   平均足始値 =(1本前の平均足始値 + 1本前の平均足終値)÷ 2
   平均足終値 =(平均始値 + 平均終値 + 平均高値 + 平均安値)÷ 4
   平均足高値 = 平均始値、平均高値、平均終値 の3つの値の最大値
   平均足安値 = 平均始値、平均安値、平均終値 の3つの値の最小値


 3. 次に、上記の各値を更に平均化します。

   平均足始値 を平均化 ⇒ 平均足スムーズド始値
   平均足終値 を平均化 ⇒ 平均足スムーズド終値
   平均足高値 を平均化 ⇒ 平均足スムーズド高値
   平均足安値 を平均化 ⇒ 平均足スムーズド安値

   ※ここでの平均化は 線形加重移動平均(LWMA)での計算が一般的です。



つまり、平均足スムーズド は、上記計算方法の 1 と 3 で平均化した 平均足 であるということです。
逆に言えば、平均化しなければ、ただの 平均足 だということです。

ですが、一般的に出回っている『 Heiken_Ashi_Smoothed.ex4 』は、
上記計算方法の 1 と 3 で平均化しないように、パラメーターの MaPeriod と MaPeriod2 を「 1 」に変更した場合、
ただの 平均足 にならないんです・・・ なぜ???

このことから、一般的に出回っている『 Heiken_Ashi_Smoothed.ex4 』は、
平均足 の計算時点で既に正しく描画(計算)されていない!
間違った 平均足スムーズド である! 

とう事実が判明しました。

この事に気が付くのに相当時間を費やしてしまいました・・・

だって、一般的に出回っている『 Heiken_Ashi_Smoothed.ex4 』の方が間違っているとは
夢にも思いませんでしたので、いくら作り直しても『 Heiken_Ashi_Smoothed.ex4 』と一致しないので・・・

何回、計算式とプログラムを確認し、インジケーターを作り直したことか・・・

ほんと『 Heiken_Ashi_Smoothed.ex4 』の作者に文句を言いたいですよ・・・
間違ったものを世に広めないでくれって(笑)
作った当時の古いバージョンの MT4 では正しく動作してたのかもしれませんが・・・

ほんと思い込みというのはいいことがありませんよね!
これからは全てを疑います!(笑)

という訳で、本当に正しい描画(計算)の『 平均足スムーズド 』を
今回、『 Perfect MTF 』のラインナップに追加しましたので、
是非、有意義にご活用されてください。




※先ほど、インストールファイルを『 Perfect MTF 』のユーザー全員に
 メール送付させていただきましたので、メールのご確認をお願いいたします。

 もしも、お知らせメールが届いておられないという場合は、大変お手数ではございますが、
 以下のメールアドレス宛にご連絡いただけますでしょうか。

 ・お問い合わせメールアドレス: team_take@supportmail.sakura.ne.jp



よろしくお願いいたします。

TAKE
 
自己紹介
チームTAKEさんの画像
チームTAKE

こんにちは。
TAKE (タケ)と申します。

周りの仲間と楽しくクラブ活動のようにFXを楽しみたいと思い

「チームTAKE」を結成しました。

TAKE、IKE、TOSI、YAMA の
4名です。

FXに関する有意義な情報を次々と配信したいと思います。


Eメールアドレス:
team_take@supportmail.sakura.ne.jp
商品販売(DLmarket )
記事カテゴリー
最新記事
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30