ファン
検索
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリーアーカイブ


2019年09月20日

金融政策決定会合も一応触れときます

tim-evans-Uf-c4u1usFQ-unsplash.jpg

金融政策決定会合後の発表で金融緩和政策は現状維持に決まりました。

決定後に為替と日経平均も後場スタートから反応しました。
投資家判断なのかアルゴリズムの判断なのか意外と動きました。
大方の予想も個人的にも今回日銀は何もしない予測で織込み済みだろうと踏んでたので、市場の反応に少し驚きました。

今回の黒田さんの説明では、あえて動かなかった感がありました。
動いたところでこの先日本の経済動向が変化することはなさそうですが、消費増税後のために利下げ一回分残せた感じでしょうか。
この辺はアメリカの利下げ幅が市場の想定内で収まったところに助けられたようにも感じます。

ただ増税後に利下げなりの追加緩和に踏み切れば副作用で各銀行にも負担は掛かります。
その上で黒田さんは「個人の預金金利がマイナスになることはない」としつつ「口座維持手数料の導入は個々の銀行の経営判断」とのことです。
日銀としてはこれに関して特になにか対策を用意している感じもなく、金融業界も経営状況は苦しいようなので各行が導入に足並みを揃えられると個人の預金にも影響は出てきそうです。
おそらくまだ各行もその動きはしないでしょうが個人の銀行預金に負担が出れば預金を出して、資金は他に流れる可能性もあります。
その状況で日本株に投資する人は出てこないでしょうから、この資金がアメリカ株やインド株、仮想通貨などの市場に流れることに期待したいところはあります。

今後は各国、日本にしろEUにしろ結局のところアメリカの動向次第になりそうですね。
トランプさんはFRBを利下げに誘導できるような材料を作っていっているようですから、FRBの追加利下げなどはありそうかなとは考えています。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9216071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック