ファン
検索
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリーアーカイブ


2019年09月19日

米政策金利を0・25%引き下げ〜少し期待外れ

business-man-checks-mobile.jpg

FOMC(連邦公開市場委員会)で政策金利を0・25%引き下げが決まりました。
あまり大きく動かなかったですね、想定の範囲内に収まった感じです。

実際のところ利下げの必要はあるのかというところですが、諸外国に振り回されないようにするためには動いとくべきですね。
主導権を取りたいのであればもっと大きく下げるべきですが、これに関しては即座にトランプさんもツイッターで非難してましたね。

この先も追加利下げの動きは十分考えられますが、それより日経平均が思った通りの上昇でした。
逆に中身すかすか相場の海外要因だけに振り回される日本経済の実態の無さが余計あらわになったような気もしますが。

そういった点で先日からも書いている直近の懸念材料としては、消費増税はもちろんですが日米貿易の内容ですね。
予測ではだいぶ日本側に不利な条件が出されそうな気がしているので、下げる要素としては大きそうですから警戒しておいた方がいいと思います。
この辺も踏まえて日経の買いに関しては、そこまでの利益取れるうちは細かく売買して手仕舞いしておこうと考えてます。

あとは逆イールドなんかも警戒しておいてください。
また今度機会があれば、国債金利については記事にしようと思っています。
とりあえず長期国債が下がれば今後の企業の業績は下がるぐらいで見といてください。
この辺の各国の長短金利の情報はなんとなくでも入れておいた方がいいかと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9214003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック