82207346

2019年12月19日

六甲有馬ロープウェー

3代目ゴンドラは日本初導入のスイス製

Rokko.PNG

 有馬温泉(神戸市北区)と六甲山頂を結ぶ「六甲有馬ロープウェー」を運営する同市外郭団体「神戸すまいまちづくり公社」は、来年3月にデビューする新ゴンドラのデザインを発表した。同7月に迎える開業50周年の記念事業で、若手職員の意見を取り入れ、日本初導入となるスイス製のスタイリッシュな機体を採用した。外観のイメージに合わせ、有馬温泉駅の内装も同時にリニューアルする。

 機体の色は、紅葉を想起させる赤と、山の高さや谷の深さによるスリル感をイメージした銀。有馬側の床は一段低い構造で、そこに展望シート4席を配置しており、深さ約140メートルの湯槽谷をのぞくスリルが存分に味わえるという。最大乗車人数はいずれも42人。(神戸新聞NEXT)

posted by takalocal at 06:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題
Xserver
RSS取得
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
ホームページ作成サービス「グーペ」 【アイリスオーヤマ公式】アイリスプラザ
タグクラウド
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
宅配買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***
A8.net 期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場