広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

大河ドラマ/HEAD LINE

平清盛 第49回「双六が終わるとき」


完全に四面楚歌となった平家。
その一方で、鎌倉の頼朝は、着々と自らが信じる世を作り上げていた。
それを聞いた清盛は……!?


「もはや運が尽きた。天は平家を見放したのじゃ……」

清盛(松山ケンイチ)は、五男・重衡(しげひら・辻本祐樹)が南都を焼き打ちにしたとの知らせに、いつになく弱気な言葉を吐いた。

その言葉が呼び水となったかのように、翌年は年明けから各地で謀反が相次ぎ、平家は次第に四面楚歌(そか)となっていく。天下の人心は、平家からすっかり離れていた。さらに不幸なことに、病床にふしていた高倉上皇(千葉雄大)が、21歳の若さで世を去ってしまう。この死は、上皇の父・後白河法皇(松田翔太)の院政が、約1年半ぶりに復活することを意味していた――。

洛南(らくなん)・鳥羽離宮での幽閉を解かれ、久方ぶりに清盛と対面した後白河法皇は、かの「治承三年の政変」も自分のシナリオどおりだったことをにおわせ、清盛をがく然とさせる。

一方、鎌倉の頼朝(岡田将生)は、降伏してきた平家の家人を含めた従者たちをまとめ上げ、秩序立った新しい主従関係を構築。さらに、源氏の守り神である鶴岡八幡宮の参道沿いを中心に、町づくりも進める。

その話を、京の館に訪ねてきた西行(藤木直人)から聞いた清盛は、貴族の世が終わりを告げ、武士が覇を争う世が到来したことを実感。そして、ある約束をとりつけるために、後白河法皇のもとへと向かう。

… … … … … …

再び国の頂に立った後白河法皇(松田翔太)の驚くべき発言を清盛(松山ケンイチ)から聞かされ、平家一門は騒然。法皇は幽閉されながら、世を操っておられたのだとぞっとする。

清盛は、高倉上皇(千葉雄大)をなくしたばかりの娘・徳子(二階堂ふみ)のもとへ時子(深田恭子)を行かせ、法皇の後宮に入るよう説得させる。しかし、徳子はかたくなに拒否。それでもあきらめず、「また別の手を打つ」という清盛を、時子はやさしくとりなすのだった。

そのころ、高倉上皇の崩御を悼む歌会に招かれた西行(藤木直人)は、かつて待賢門院に仕えていた歌仲間の堀河局(りょう)と、久方ぶりに再会する。

(2012年12月14日 NHKネットステラ)


12月16日放送


NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集

新品価格
¥30,502から
(2012/12/17 13:48時点)


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

平清盛 第48回「幻の都」



打倒平家の動きが強まり、京への都がえりを叫ぶ公卿の声を無視できなくなった棟梁・宗盛。
悲壮な決意で清盛に諫言(かんげん)する宗盛のあまりの勢いに、さすがの清盛もけおされて……。


 「平家はもはや武門ではございませぬ」

忠清(藤本隆宏)の言葉に激高した清盛(松山ケンイチ)は、宋剣を振り上げた。しかし、振り下ろそうとしてふらつき、ぶざまに尻餅をつく。そんな清盛の衰えた姿に、一同はぼう然とする。

すでに、各地で源氏が蜂起。寺社勢力にも謀反の兆しが見えていた。藤原兼実(相島一之)は、彼らを鎮めるには、都を京に戻すほかないと強く主張する。その流れに便乗するように、ほかの公卿(くぎょう)たちも「重盛存命の折は、まだ秩序が保たれていた」と愚痴りだす始末。それを平家の棟梁(とうりょう)・宗盛(石黒英雄)はだまって耐えながら聞いていた。

後日宗盛は、清盛の別邸に待機し、父が帰宅するなり還都を申し出る。当然のごとく拒否する清盛だったが、いつになく宗盛も一歩も引かない。そして、ふがいない自らの半生を省みながら、自分の役目は、今父上をお諫(いさ)めすることだと涙ながらに訴える。さすがの清盛も返す言葉がなく、ついに京への還都を決めるのだった──。

五節の華やかな宴(うたげ)の中、さまざまな思いを胸にひとり涙する清盛。都としてはわずか半年、本拠としては10年あまりを過ごした福原を、清盛は後にする。

… … … … … …

富士川の戦いから無事帰還し、鎌倉に入った源頼朝(岡田将生)は、戦で手柄を立てた者に領地を与えるなどして、着々と東国武士を配下につけていた。

鎌倉で、初めて語り合う場を持った頼朝と義経(神木隆之介)兄弟。義経に、挙兵を決めた理由を問われた頼朝は、「亡き父上の武を証明するためだ」と答える。そして、ともに武士の世を目指しながらも、道を分かつことになった父・義朝と平清盛(松山ケンイチ)の物語を語り聞かせる。「今は武士の世とは名ばかりの平家の世じゃ」と嘆く頼朝は、「力で平家を倒し、その上にまことの武士の世をつくる」と宣言する。

一方、弁慶(青木崇高)が、清盛が若き日、故意に神輿(しんよ)に向けて矢を射た祇園闘乱事件の真相を語ると一同は驚がく。そして、清盛のすさまじい生きざまを知り、その志を理解した頼朝は、自らの進むべき道を改めて定めるのだった。

(2012年12月07日 NHKネットステラ)


12月9日放送


平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2012/12/9 20:43時点)


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

平清盛 第47回「宿命の敗北」



1180(治承4)年8月、源頼朝(岡田将生)が打倒平家を掲げて挙兵した。平治の乱後、みずから助命した者に謀反を起こされた清盛(松山ケンイチ)。しかし、その知らせを受けた彼の顔は、憤るよりもむしろ生気に満ちあふれていた。武士の心を取り戻した清盛は、すぐさま孫の維盛(井之脇海)を総大将、忠清(藤本隆宏)を軍師に任命し、頼朝の追討を命じる。

一方、各地で次々と源氏武士が決起。奥州平泉の義経(神木隆之介)も、義兄・頼朝のもとへ馳(は)せ参じたいと望む。義経は、後見人の秀衡(ひでひら・京本政樹)に兵を授けてほしいと願い出るが、その身を案ずる秀衡は猛反対。両者一歩も譲らず、一向に結論が出ない。そのとき、弁慶(青木崇高)がすっくと立ち上がり、あろうことか自身の頭上の的を義経に射させ、自分たちの運と度胸を試すと言いだす。

同年10月。駿河国の富士川をはさんで、頼朝率いる源氏軍と平家軍が対峙(たいじ)する。しかし平家軍の兵は、駆り集められたばかりで士気も上がらず、空腹でぐったりしていた。それを見かねた維盛は、陣に遊び女(め)を連れてこいと命じ、忠清をあぜんとさせる──。

貴族としての暮らしが長く、武を忘れた平家と、打倒平家で結束を固める源氏。戦う前から決まっているかのような勝負の行方。それに対して、清盛は!?

(2012年11月30日 NHKネットステラ)


12月2日放送


NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集

新品価格
¥30,502から
(2012/12/2 21:03時点)


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

平清盛 第46回「頼朝挙兵」


源氏の武士でありながら、これまで清盛の傘下に身を置いていた頼政が、以仁王の平家打倒に参じる!
結局頼政は討ち取られるが、この出来事が頼朝の源氏の魂を目覚めさせることに……。


不遇の皇子・以仁王(もちひとおう・柿澤勇人)が諸国の源氏に宛てた平家打倒の令旨(りょうじ)が、伊豆の源頼朝(岡田将生)にも届いた。頼朝は「源氏が再び立ち上がり、平家を攻めるときが迫っている──」と感じつつも、戸惑いを隠せない。そんな中、使者の行家(江良潤)は、この挙兵には頼政(宇梶剛士)も参じていると伝える。がぜん活気づいた時政(遠藤憲一)らに鼓舞され、頼朝はついに戦支度を始める。

そのころ清盛(松山ケンイチ)は、福原の新都建設計画に没頭していたが、体調を崩した息子・知盛(小柳友)を見舞うため上洛(じょうらく)した折、知盛のふとしたひと言を発端として、以仁王のたくらみを知る。さらに、頼政までが以仁王側についたことも判明し、清盛は激怒する。

平家勢の猛攻を受け、頼政は自害。以仁王も討ち死にし、全国に拡大する前に以仁王の乱はあっけなく終わった。頼朝は神妙な面持ちでその知らせを聞きながら、己の初陣・平治の乱のことを生々しく思い出していた。そして、心の中で何かが騒ぐのを感じるのだった──。

乱が鎮まった後、清盛は遷都計画をさらに急ぐ。そして、誰もが反対するなか、内裏が出来上がらぬうちに遷都を強行する。

(2012年11月23日 NHKネットステラ)


11月25日放送


平清盛×吉松隆:音楽全仕事 NHK大河ドラマ《平清盛》オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥10,500から
(2012/11/25 23:28時点)


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

平清盛 第45回「以仁王の令旨」




この世の頂に立ち、もはや怖いものなしの清盛は、意のままに都の政を操る。
そんな清盛の横行ぶりに、各方面から不満がくすぶり始めて──。


後白河法皇(松田翔太)を幽閉し、ついにこの世の頂点に立った平清盛(松山ケンイチ)。反平家を一掃してからは、朝廷の人事も思いのままに。強引に高倉天皇(千葉雄大)に譲位させると、孫の東宮・言仁(ときひと・貞光奏風)が安徳天皇として即位する。

一方、今回の政変で長年の所領を奪われてしまったのは、後白河法皇の子・以仁王(もちひとおう・柿澤勇人)。ふさぎ込む彼の様子を見かねた猶母の八条院ワ子(あきこ・佐藤仁美)は、源頼政(宇梶剛士)を呼びだし、武力決起して平家討伐をせよとたきつける。

奥州平泉では、遠縁の義経(神木隆之介)を迎え入れていた藤原秀衡(ひでひら・京本政樹)が、近頃の清盛の動きを警戒。そして、もし今後平家が平泉に押し寄せることがあれば、平泉の武力と財力を好きに使って応戦するがよいと、義経に言い含める。

福原にいながらにして、都の政を意のままに動かす清盛。しかしその陰では、各地で反平家の火がくすぶり始めていた──。

東宮・言仁(貞光奏風)の即位に際し、朝廷で何かと物入りになると、伊豆には早速増税の命が下る。国のためのはずの租税が、平家のためにばかり使われている現実に、北条時政(遠藤憲一)は、このままでは暴動が起きるのではと危惧する。

言仁が正式に即位して安徳天皇となると、清盛(松山ケンイチ)は、公卿たちの反対を押し切り高倉上皇(千葉雄大)の嚴島参詣(さんけい)計画を進める。しかし、寺社勢力は猛反発。日頃は仲悪しき寺同士も手を組み、結束を強めていく。

(2012年11月16日 NHKネットステラ)


11月18日放送


平 清盛 四

新品価格
¥1,470から
(2012/11/18 13:28時点)


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

平清盛 第44回「そこからの眺め」




もはや敵同士となった後白河法皇と清盛。
重盛という平家の“良心”によって、これまで何とか争いは避けられてきたのだが……。

かくなる上は──この重盛が首を召され候え……!


平重盛(窪田正孝)はわが身をていして、父・平清盛(松山ケンイチ)の後白河法皇(松田翔太)幽閉計画を阻止するが、その後心労がたたったのか病に伏す。一方、清盛のたくらみに感づいた後白河院は、平家の力をそごうと画策。藤原基房(細川茂樹)と手を組み、清盛が嚴島(いつくしま)詣でに行くようにしむける。

清盛の留守中、その娘・盛子(八木のぞみ)が病死すると、後白河院は彼女が管理する藤原摂関家の所領を強引に没収。さらに病床の重盛を訪ね、これからも朕(ちん)と平家との友好関係を望むなら、これに勝ってみよと、無理やりに双六(すごろく)勝負をしかける。息も絶え絶えに、賽(さい)を振る重盛……。清盛は間もなく帰京するが、衰弱した重盛はすっかり生きる力を失っていた──。

清盛と後白河院の間に立つ最後のとりでであった重盛の死。“制御役”を失った清盛は、どんな行動を起こすのか!?

伊豆の源頼朝(岡田将生)と妻・政子(杏)の間には、娘が誕生していた。その翌年、幸せそうな彼らの姿を尻目に東国武士らは、清盛(松山ケンイチ)の怒りにふれれば、身が危険になるのではと時政(遠藤憲一)に問う。「承知の上だ」と時政。そして、「平家の世は長くは続かぬ気がしてならぬ」と予言めいたことを口にする。

そのころ、後白河法皇(松田翔太)が基房(細川茂樹)と結託し、平家の力をそごうとしていることに憤る平家一門は、棟梁(とうりょう)・重盛(窪田正孝)の病状を憂慮。代行して一門を統べる者を立てようと話し合うが、なかなか結論が出ない。

(2012年11月9日 NHKネットステラ)


11月11日放送


平清盛×吉松隆:音楽全仕事 NHK大河ドラマ《平清盛》オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥10,500から
(2012/11/11 09:41時点)


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

平清盛 第43回「忠と孝のはざまで」



かねてより、法皇と清盛との板挟みに苦しんでいた重盛。
心の底で積もりに積もった“葛藤”につき動かされ、修羅の道を突き進む清盛に真っ向から進言するが……。


平家打倒の陰謀は未遂に終わり、首謀者の一人である西光(加藤虎ノ介)は、平清盛(松山ケンイチ)の命で斬首された。平家では、残る首謀者・成親(吉沢悠)をはじめ、陰謀に加わった者たちへの沙汰が下されようとしていた。清盛は、成親が平治の乱でも平家に敵対したことを受け斬首に処そうとするが、重盛(窪田正孝)の必死の嘆願に根負けし、成親を流罪にとどめる。しかしわずかひと月後、成親は配流先で餓死する。

肩を落とす重盛に、成親を餓死させたとほのめかす清盛。こらえきれず重盛は、まさか後白河法皇(松田翔太)にまで手出しするおつもりかと、詰め寄る。

「父上の思い描く国の姿が見えませぬ……」。重盛の訴えに気おされながらも、清盛は「黙ってわしの国づくりを支えよ」と息子を冷徹に突き放す──。

重盛の実力を認めているからこそ、忍耐を強いる清盛だが、法皇への忠義心と父への孝行心の間で板挟み状態が続く重盛は、次第に疲弊していく……。

鹿ヶ谷(ししがたに)陰謀事件の余波で都が騒がしいころ、伊豆では、恋仲になった頼朝(岡田将生)と政子(杏)が時政(遠藤憲一)に結婚の許しを請おうとしていた。当然のごとく時政は激怒し、反対するが、頼朝の真摯(しんし)な姿勢と藤九郎(塚本高史)からの助言で間もなく陥落する。

一方、京で暮らす常盤(武井咲)のもとに、息子の遮那王(しゃなおう・神木隆之介)が訪れる。遮那王は武者となり平家を打倒すると宣言し、弁慶(青木崇高)とともに平泉へと向かう。源氏の魂は着々とよみがえろうとしていた──。

(2012年11月2日 NHKネットステラ)


11月4日放送


NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集

新品価格
¥30,502から
(2012/11/3 18:59時点)


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

平清盛 第42回「鹿ヶ谷の陰謀」



後白河法皇を筆頭に集まった反平家の者たちは、清盛を人質にして平家を討とうと画策する。
結局、この企ては未遂に終わるが、ここから清盛の人生の歯車が次第に狂い始める──。


夜のしじまにまぎれ、後白河法皇(松田翔太)のもと、京・鹿ヶ谷(ししがたに)の山荘に集まったのは、平家打倒を企てる不満分子たちだった。なかでも、平清盛(松山ケンイチ)と比叡山の明雲(腹筋善之介)の企てで2人の息子を流罪にされた西光(加藤虎ノ介)は、平家への憎しみが頂点に達していた。

法皇側は、清盛を京におびき寄せるための計画を実行する。まずは、根も葉もない言いがかりをつけて明雲を流罪に──。激高した山法師たちが、力ずくで明雲を奪還することは想定済みだった。これで大義名分ができたとばかり、法皇は平家に、山法師たちを攻めよと命を下すが、比叡山と協力関係にあるため、重盛(窪田正孝)は二の足を踏む。判断を委ねられた清盛はほどなく福原から上洛(じょうらく)するが、今回の法皇のやり口には裏があるのではと、いぶかっていた。

そんな折、意外なところから、平家打倒の企ての全貌が、清盛の耳に入る。すぐさま成親(吉沢悠)と西光は捕らえられ、成親は幽閉。もはやこれまでと観念したのか、西光は何かに駆り立てられるように、清盛に罵詈(ばり)雑言を浴びせ始める。その刃(やいば)のような言葉の一片が胸につきささった清盛は激高して……。

一方伊豆では、父・時政(遠藤憲一)の願いどおり、平家配下・山木家への政子(杏)の輿入(こしい)れの準備が進んでいた。いよいよ婚約者のもとへと向かう日、ふと何かを思い立った政子は、雨にぬれることもいとわず、来た道を引き返して頼朝(岡田将生)のもとへ向かう……。

(2012年10月26日 NHKネットステラ)


10月28日放送


平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2012/10/28 13:36時点)


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

平清盛 第41回「賽(さい)の目の行方」




最愛のきさき・滋子を失った後白河法皇は、てのひらを返したように平家を冷遇。
後白河院と敵対するもやむなしと覚悟した清盛が打つ新たな一手とは……!?


建春門院滋子(成海璃子)の急死──。それは、平清盛(松山ケンイチ)と後白河法皇(松田翔太)との関係に大波乱が起こることを予感させた。これまでどおり蜜月関係を続けるためには、高倉天皇(千葉雄大)の中宮となった清盛の娘・徳子(二階堂ふみ)が皇子を産むしかない……。焦る清盛のもとに、不穏な知らせが舞い込む。後白河院が、仏門に入っていた2人の皇子を都に呼び戻し、高倉帝の養子にしたというのだ。

その後も、あからさまに平家を冷遇する後白河院に、清盛は、敵対するもやむなしと覚悟。長く友好関係にある比叡山の僧・明雲(腹筋善之介)を呼び出し、いざというときには力を貸すよう念を押す。翌年3月、明雲の命を受けた山法師による強訴が起きる。訴えの内容は、法皇の側近・西光(加藤虎ノ介)の2人の息子を流罪にせよというもの。法皇は平家に強訴鎮圧を命ずるが、清盛は静観したまま。その思惑とは……?

(2012年10月19日 NHKネットステラ)


10月21日放送


NHK大河ドラマ《平清盛》オリジナル・サウンドトラック 其の二

新品価格
¥2,600から
(2012/10/20 19:13時点)


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

平清盛 第40回「はかなき歌」




互いにけん制しあいながらも、何とか“蜜月”関係を続けてきた清盛と後白河法皇。
2人の仲を取り持ってきたのは、建春門院滋子だ。
もし彼女の身に何かが起これば、その関係は……!?


兎丸(うさぎまる・加藤浩次)の死という大きな代償を払って完成した、日宋貿易の新拠点・大輪田泊(おおわだのとまり)。ここで、清盛(松山ケンイチ)が長年夢みていた宋との貿易が、ついに始められた。宋銭を用いた取り引きを目の当たりにして、かつての信西の弟子・西光(加藤虎ノ介)も珍しく協力的になり、その普及に努める。一門のさらなる発展をめざす清盛は、後白河法皇(松田翔太)ときさきの建春門院滋子(成海璃子)を安芸(あき)の嚴島(いつくしま)神社参詣(さんけい)に招き、2人に変わらぬ忠誠を誓う。

清盛の目には、はっきりと理想の国の形が見えている……。それをまだ思い描けていない後白河院は、清盛に先を越されたのではないかと焦る。西光もまた、信西の志を継ぎながら、着々と権勢を強めている清盛を警戒。日ごろそりが合わない義弟の成親(吉沢悠)とも、「平家憎し」で結託するのだった。

そんな平家の敵対勢力をとりなすのは、清盛の義妹でもある滋子。聡明(そうめい)な彼女は後白河院をやさしく勇気づけ、西光と成親の自尊心をあおってたくみに平家への協力をあおぐ。滋子こそ、“平穏”の要であった。

しかし1176(安元2)年の秋、50を迎えた後白河院は大きな悲しみの中にいた……。もしかして、滋子の身に何か起こったのか!?

(2012年10月12日 NHKネットステラ)


10月14日放送


NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 DVD-BOX 第壱集

新品価格
¥32,352から
(2012/10/13 13:49時点)


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
    >>次へ
口上

大河五十
1963年放送の「花の生涯」から始まったNHK大河ドラマは、2011年の「江〜姫たちの戦国〜」で50作目を数えました。 このブログは、その大河ドラマの作品を取り上げ、それに関する話題、映像や小説等の関連グッズ、登場人物、その他諸々を徒然に綴っていこうと思います。 どうぞよろしくお願いします。
<< 2012年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
http://fanblogs.jp/taiga50/index1_0.rdf
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ



ブログランキングNo.1

かんたん相互リンク

NHK大河ドラマ大全―50作品徹底ガイド完全保存版 (教養・文化シリーズ)

新品価格
¥1,890から
(2012/3/15 23:51時点)

NHK大河ドラマ50作パーフェクトガイド―〈花の生涯〉から〈江~姫たちの戦国~〉まで (ステラMOOK)

新品価格
¥980から
(2012/3/15 23:52時点)

私が愛した大河ドラマ (歴史新書)

新品価格
¥819から
(2012/3/30 16:33時点)

大河ドラマの50年―放送文化の中の歴史ドラマ

新品価格
¥2,310から
(2012/3/30 16:35時点)

大河ドラマ入門 (光文社新書)

新品価格
¥777から
(2012/3/30 16:37時点)

やさしいピアノ・ソロ 時代劇&大河ドラマ 名曲選 (やさしいピアノ・ソロ)

新品価格
¥1,680から
(2012/3/30 16:45時点)

平 清盛 三

新品価格
¥1,470から
(2012/8/20 10:30時点)

平 清盛 二

新品価格
¥1,470から
(2012/4/26 20:13時点)

平 清盛 一

新品価格
¥1,470から
(2012/3/30 16:30時点)

平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2012/5/31 16:30時点)

平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2012/3/16 09:28時点)

NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK)

新品価格
¥1,050から
(2012/3/16 09:30時点)

NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号)

新品価格
¥980から
(2012/3/16 09:32時点)

ピアノピース949 平清盛テーマ曲 by 吉松隆

新品価格
¥525から
(2012/3/30 16:42時点)

ピアノミニアルバム 「NHK大河ドラマ 平清盛」

新品価格
¥735から
(2012/3/30 16:43時点)

ピアノソロ 中級 NHK大河ドラマ 平清盛 オフィシャル版

新品価格
¥840から
(2012/3/30 16:46時点)

江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2012/3/30 16:48時点)

江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2012/3/30 16:48時点)

龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2012/3/30 16:49時点)

龍馬伝 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2012/3/30 16:49時点)

龍馬伝 完結編 (NHK 大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2012/3/30 16:49時点)

江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2012/3/30 16:51時点)

福山雅治 坂本龍馬写真集

新品価格
¥4,095から
(2012/3/30 16:53時点)