広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

【週明け月余だからこそ、休むということについて考えてみよう】

どうも。カネヤンです。

まずは、コチラをクリック!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村



今日からまた仕事!という方も
多いと思います。

だから、あえて休むということについて
考えてみるのも一興かなと。


日本人の特性なのか分かりませんが、
「休む=怠ける」
と考えている人が非常に多いです。

年代とか性別とか関係なく、休むことは怠けることと同じ
というイメージを持っているんですね。



ところが、
一歩日本の外に出てみると、休むことは仕事の一部であり
また活きるために必要な要素だと考えられていることが
分かります。

場合によっては3カ月もの長期休暇を取る一般サラリーマンも
いるのです。
※その間の仕事は上司や他の同僚が肩代わり。


しかし、休むことも仕事の一つなので
怠けるという感覚は全くないのです。

それでいて、日本人より生産性が高いわけですから
休むこと=仕事
と考えることに説得力があるわけです。



休むということはパフォーマンスアップと表裏一体です。



休むからこそパフォーマンスが最高潮に達し、
生産性は向上し、しかも仕事の質も上がって
QOLも良くなります。

これは数々の大学で研究結果として蓄積されており、
また多くの企業でも実践報告があるので、
多くの人は頭ではわかっているのです。


だけれども、昔からの誤ったイメージを刷り込まれた
私たちは、それを素直に受け止められず、
「休んではいけない、休むことは怠けることだ」
と思ってしまうわけです。


月曜日から、休むということについて触れるのは
そういった意味がありました。
週の頭だからこそ、休む=仕事の一部という
感覚を持つことによって、

今週の過ごし方が変わり、
今週のパフォーマンスが変わり、
今週得られる結果も変わってくるのです。

詳しいことはこちらの書籍に譲ります。

「休む技術」


休むということが、いかに生産性向上につながっているのか、
いろいろな実証実験からよく分かるはずです。

一度覗いてみては?
    >>次へ
プロフィール

カネヤン
最新記事
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。